温泉に関するどうでもいい考察

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どーもです!

スーパー銭湯みたいな施設とか結構あると思うんですけどみなさんいったりします?

僕個人的に温泉よく行ったりするんですけどやっぱ温泉によって設備もそうなんですけど地域性もあったりすんのかなと思ったりします!w

温泉の設備のクオリティーがどーとかってこともあるんだけど、地域の人たちにどれだけ愛されてる場所かみたいなのもいろんな温泉行きながら見んですよねー

俺が今住んでるの平取町ですけど、行ったことあるのが

平取町の平取温泉→http://biratori-onsen.com/onsen/

隣町の山ひだか高原荘→http://kougenso.jp/

門別町とねっこの湯→http://www.town.hidaka.hokkaido.jp/tonekko/main.html

新冠町レ・コードの湯→http://hotelhills.jp/index.html

苫小牧なごみの湯→http://www.nagominoyu.co.jp/

まあこんなところで、後近場で俺行ったことないけど鵡川町の四季の館→http://www.shikinoyakata.com/

とかあります。

金額は苫小牧のなごみの湯が大人850円なんですけど、それ以外の温泉は500円となっております。

こういう温泉施設って観光で来る人からの収益からだと限界あると思うからいかに地域の人たちにどんだけ使ってもらってるかってのがすごい大事なはず

この中で苫小牧のなごみの湯は町の規模でかいってのと料金高いだけあって設備もいいのでまた500円の温泉とは別なんかなと思う

俺個人的に1番すごいなと思う温泉はダントツで

とねっこの湯

ここの温泉の凄いところは温泉施設内で交わされる挨拶の数の多さです!笑

平取町、新冠町、山ひだか、門別町などそんな大きくない町の温泉だと少なからずどの温泉もその場所は地域のコミュニティー的な感じなると思うんですよね

とねっこの湯は、幅広い世代が使っています。俺もちょいちょい行くんだけど、今までいったどこの温泉よりも交わされる挨拶の数が多いw

いいことですよね!

平日休日問わず結構人入ってるし、サウナが万席御免状態になることもある

そしてサウナで人が立ち代り入れ替わるたびにおっさんたちのうーっすとかおつかれーっす

といった渋い挨拶が飛び交うのであるw

いろんな温泉とかスパ銭行ったけど、こんな挨拶多い温泉始めてなんですよね

とねっこの湯に来るのがデイリーの日課になってる人がだいぶ多いみたいっす。

首都圏のスーパー銭湯とかだったら考えられない光景じゃないですかこれ?

平取温泉も地域のいこいの場みたいになってるのも感じてるんですがやっぱ、とねっこの湯の地域からの愛され方に比べたら使ってる人も少ないと思います。

ある世代からは愛されてるけど、何かないと500円払ってまでいかないみたいな人多い気がするんですよね平取温泉

でも値段は同じ500円。盛況な温泉とまだまだこれからな温泉何が違うんでしょー?

て考えると、家の風呂でいっかーってなるか、500円払ってでも温泉いくかーってなる設備の充実度みたいなとこは大事っすよね!

温泉ヘビーユーザーとしては同じ500円なら平取温泉よかとねっこ行くもんなあ。平取町民的には駄目なんだけど笑

やっぱサウナとサウナからあがった後ぽげーっとできるベンチは大事。平取温泉もサウナあったら行きます!w

後平取温泉閉店時間はやすぎて間に合わないんだよなあ。

まあとねっこの湯が地域から愛されててやたら交わされる挨拶多い場のは施設だけじゃなくて他にも何か理由あるんだろうけど

温泉が地域の人たちにたくさん使われる場所になれば、一人暮らしでしゃべり相手いない俺みたいなやつとかじーちゃんでもばーちゃんでもおたがいの確認の場にもなりますもんねー。テキトーに世間話する相手がいるかいないかって結構大事だと思うんですよね

そういう場所とか時間ってありそうで以外と少ない。俺とか協力隊だから外でいろんな人とあうけど

温泉がコミュニティ的役割担えるなら担えるにこしたことないから、そこは目指すべきとこと思うんすよね

俺平取町で住んでて感じるのは、いろんな人、いろんな世代とのコミュニケーションしたいって思ってる人はすごく多い

けどなかなか、外でる理由がないと動きずらいんですよねーたぶん。で結局ずっと家いてみたいになっちゃうとか・・。

まーなんで、とねっこの湯でも

温泉に入るのもそーなんだけど、どーでもいい世間話するためわざわざ温泉行くみたいな人もいんじゃないかなーと思ったり笑

温泉ってその地域性みたいなの結構出んのかなー温泉おもしろ笑

皆さんのよくいく温泉とかスパ銭はどーでしょうか!?交わされてる挨拶の数!笑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク







この記事を書いている人について


最後まで読んで頂きありがとうございました!
北海道夕張市から更新してますので気が向いたら、またよろしくお願いします(^^)
 とみやすについての詳細はこちら



follow us in feedly







コメントを残す

*