テキストだけのQ&Aの面白さ。「家の中にストーカーがいます」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こころと脳の相談室名作選集 家の中にストーカーがいます “こころの風邪”などありません、それは“脳の病気”です (impress QuickBooks)

どーもです!

先日、「家の中にストーカーがいます」というタイトルの本を読みました。

例のごとくkindleセールで即買w

メールで寄せられたさまざまな精神的相談に精神科医の林公一氏が答える「Dr 林のこころと脳の相談室」の中から50件ほどを抜き出して紹介した電子書籍です。

紹介文です。

鋭く端的な回答で大人気の「Dr林のこころと脳の相談室」の2500件を超えるQ&Aから、読み応え抜群の55件を厳選。病名などキーワード別の索引付き。さらに林先生書き下ろしコメント7000字以上、厳選したとはいえ、15万字以上のボリュームです。 林先生のもとへは、深刻だったり、心がえぐられたり、不思議だったり、ゾッとしたり、たまには笑えたり……真剣でリアルな声が、こころと脳の相談として集まってきます。

ということで、文章以外での情報はない文章のみでの相談コーナー。

Q&Aですね。

1章:いろいろなこころと脳の病気と症状 家の中にストーカーがいます 休職して遊びまわっている部下は擬態うつでしょうか まわりの様子がおかしくなり、奇妙なことが続けて起こる など

●2章:本人からの相談 12歳のころから頭の中で声がします。月に帰りたいです。 女性の肉が食べたい 皆と同じようにiPodの手術を受けたい など

●3章:家族や知人からの相談 殺人を依頼されました。引き受けると答えました。 一人の女性のために職場が崩壊しそうです アスペルガーかと思っていたのですが、前頭葉に損傷が見つかりました など

上記のような、心と脳に関する症状への質問と回答を読むことができます。

うつ病や統合失調症など心の病気が主なテーマです。

本書のQ&Aの凄いのが文章の情報だけで

質問者の悩みに対して、論理的に回答していることかなと思います。

僕が精神的な疾患に、専門的な知識があるわけではないので、正しいことを言っているのか分かららないのですが・・。

文章だけで、質問者の状況を想像して、的確に回答するってすごい難しいと思うんですよね。

例えば、症状を説明して自分がうつ病ですか?・もしくは擬態うつ病ですか?そしてどのように対処していくべきでしょうか?

という質問があったとします。

回答の推察が「おおー!!」

って思うんですよねホント。

名探偵コナンのようにw

「あなたは~~です。

なぜなら~~と書いているからです。

そして今の状態はこの段階にあるから、こうして対処していけばいい」

こんな感じで文章がすごくわかりやすい。

本のタイトルにもなっている「家の中にストーカーがいます」の質問の1部を紹介しますね。

Q: 38歳の弟のことです。
もう7~8年、定職に付かず家にいます。
以前から、姉である私に対して、幼稚な嫌がらせをしたりしていましたが、最近はそれがエスカレートしております。
私の部屋と弟の部屋は、本来続き間ですが、襖を閉め家具を置くことで分けております。
建具では、壁のような防音効果は無く、お互いの立てる物音が、全て筒抜けになります。
平日の弟は、私が起きる時間より1時間~30分早く、大音量で目覚ましをセットして起きます。
私が起きて階下へ降りると、後から降りてきます。
私が二階へ上がると、直ぐに二階に上がって来て、私の部屋の前で気味の悪い声を上げて笑い、自分の部屋のドアを勢いよく閉めます。

朝の支度で、何度も二階と一階を行き来する時も、その度に同じくついてきます。
洗面所を使うと、直ぐ後に洗面所を使います。
手が汚れたりして洗いに行くと、直後にまた弟が手を洗いに行きます。
仕事から帰り、夕食を摂っていると、キッチンに近い洗面所で、ゲエゲエと気持ちの悪い音を立てながら、歯磨きをしにきます。

・・・・・・・

病気そのものについて知らないので、先生の回答が正しいのかってことまで分からないのですが。

こういう症状があるのか・・!!

と精神的疾患について知る機会になります。

後、個人的には文章からなぜここまで推察できるのだ・・・??

内容は抜きにしてQ&Aのやりとりがすごく面白い!

自分だったらどう回答するだろうか?

と考えながら読み進めるのが面白いですね。

名探偵コナンのあの名言が聞こえてきます!

 

「真実は、いつも1つ!」

 

劇場版 名探偵コナン 絶海の探偵 スタンダード・エディション [DVD]

 

というわけで「名探偵Dr林」!

その推理にきっと

おおー!と思いますよ!笑

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク







この記事を書いている人について


最後まで読んで頂きありがとうございました!
北海道夕張市から更新してますので気が向いたら、またよろしくお願いします(^^)
 とみやすについての詳細はこちら



follow us in feedly







コメントを残す

*