山ごもりfullデイズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
P1010333

どーもです!

上記写真の車は1日に2度の事故をしながらもしぶとく生きてる俺の車w

最近北海道もだいぶあったかくなって春って感じなってきました!

そんな中、平取町の地域おこし協力隊では札幌向けに薪材木を搬出いたします。

ソーシャルネットワークから始まった縁から始まりました!

北海道のいくつかの団体が共同して行う地球温暖化に対し札幌の薪ユーザーを増やすための実験的事業です。

北海道環境財団→http://www.heco-spc.or.jp/

環境NGOezorock→http://www.ezorock.org/

北海道グリーンファンド→http://www.h-greenfund.jp/

このような団体が主に関わる事業で、その中で薪の材木を平取町の協力隊から搬出する予定です。

全部で15立米を搬出予定。1立米あたりでお金も発生します

立米は=㎥で縦横高さそれぞれ1メートル。ここらへん具体的にどんくらいの量なのかまだいまいちピンと来ない

俺は林業に関してこっちに来てチェーンソー使う機会あったりしますが素人です。そんな林業素人の自分らが搬出するのは

林地残材

です。切り捨て間伐という、俗にいう地球温暖化対策・CO2削減のため健全な森林づくりを目指して積極的に行われるよーになった間伐材?

頭に入ってることが激しく曖昧で申し訳ないです。

当初の間伐補助金は利用間伐を目的として作られたよーですが、利用間伐される地域はごく1部限られるらしい。

ちなみに欧米では「切り捨て間伐」をworst management practiceといって最低の管理方法と言ってるよう。

・下層職制の再生が阻害される
・可燃物の林内蓄積が山火事の危険を高める
・傾斜地に横たわる伐倒木が豪雨時の山地災害を激しくする

またCO2削減が目的とされるけど、腐敗した材木はCO2の21倍の温室効果を持つメタンを放出するとか。これがホントなら切り捨て間伐って本末転倒なわけだけど何がホントなんだか完全に勉強不足でわからん。

切り捨てていい間伐材と切り捨てていけないような間伐材があることは感じたかなー

利用されない小径材を利用できるようにして、付加価値つけて、その利益を山に還元できるよーになることは今後の林業・山のある農村地域って2つの視点から大事なんじゃないかと思う

まあ言うのは簡単なんだけど・・

問題なのは、間伐する目的がいつどーなるかわからない国の補助金受けることになってることなんかな?

まあとりあえず今回そんな切り捨て間伐を人力で集積して札幌に運搬するまでします。

針葉樹のカラマツがメイン。北海道は人工林のカラマツ・トドマツが多い。

これは今回搬出する予定だが広葉樹に比べて薪として持久力ない・掃除めんどいなど扱いづらいのが難点・・

 

現場は平取町の貫気別地区というあたり。

地元の方に比較的作業しやすい現場を探していただいたので、傾斜などはそこまできつくないです

 

 

実際に中に入ってみると、間伐材・枝・前シーズンの腐敗してる間伐材などなどで足場悪いところも結構ある

確かにあんまり間伐材放置しておくと、次の作業に支障出ること考えられるのかなー?

 

 

 

こんな感じで材木が切り捨てられてます。

普通に立派な太さのやつも転がってたりする。重いわ!

 

 

 

とりあえず重機とか持ってるわけないから人力でやってます!

チェーンソーは協力して頂きお借りしてます。

こんな感じで中間地点にあつめーの

 

 

トラックに積む予定のとこに集積する。素人が考えてやってるのでどうなることやら・・

この傾斜でも上に上げてトラック積むのは相当大変なの間違いなし。作戦ねらんとな

 

 

とりあえず2日作業してみて、2箇所集積できるとこ作ってます

これが一箇所目

 

 

 

これが2箇所目

この2箇所で合わせて現状3立米くらいなんかな?

これだけの材木が放置されてるのはどう捉えるべきなんだろ?

 

これから集積してる場所と運ぶ距離長くなるからタフな作業になること間違いないっす。

今回は搬出先が決まってるし、やってみないと何も始まらないので林地残材集まてってことやってます。

ただ効率や立米あたりの料金考えてもこれだと生業としては成り立たないのが現状です。

こー林業で収入を得るって俺からするとハードル高いイメージあるけど、林地残材を搬出するって作業は極めて根性あればできるハードル低い作業。

こういう林地残材はたくさんあると思うから、これが月3万でも収入になる道ができたら、地域の仕事の1つになる

ってのは理想ですねw誰でもこんなことは考えると思うけど、机上の論理だからなあ・・

今回のような作業比較的しやすい現場はかなり限られるとか問題も多いと思うから難しいと思います

これが形に出来るか出来ないかが問題ですよねー

その形として面白そーだなーと思ってて、副業的林業の1つの広がりとして全国的に今広がってるのが

木の駅プロジェクト→http://kinoeki.org/

小規模自閥林家の人が山に放置されている残材を搬出するのを支援すると同時に、支払いを地域通貨で行い地域経済の活性化を図る取り組み

資金面のやりくりなど問題もあるけど、実際に地域と山の距離を近づけてる取り組みなんかなと感じる。

今回の薪は効率よく考えてやって、その後の自分の生業に繋がってくよーにどう発展させてくか考えなきゃねー

現状どうやって生業にまで発展させるか妙案なしw

とりあえず15立米頑張りまーす!毎日筋力トレーニング!!!!ヽ(`Д´)ノ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク







この記事を書いている人について


最後まで読んで頂きありがとうございました!
岡山県美作市上山から更新してますので気が向いたら、またよろしくお願いします(^^)
 とみやすについての詳細はこちら



follow us in feedly







コメントを残す

*