北海道の冬。車運転編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。

皆さん、突然ですが北海道といえばどんなイメージでしょうか?

広大な土地にのどかな風景みたいな?

夏は涼しくでいいけどちょっと冬は厳しいんじゃないの?

観光としてはいいけど暮らすってなったら?とかまあいろいろあるかと思います

僕も昨年こちらにくるまでは全然北海道来たことなくて初めて北海道の冬を経験しました。

元々関東出身ですが関東だとなかなかできない経験したんで、綴っておきますw

今回は車での運転についてですw

皆さんも北海道で観光に来たりして車の運転する時はを気を付けて・・

吹雪!

まず吹雪です。

家にいればまあ大丈夫なんですが車で外出しちゃった時・外出せざるをえない時はまあ大変ですよねー

車で運転してる時に吹雪に遭遇するとホントおっかないです。

ホワイトアウトという目の前が雪や雲などによって視界が白一色となり、方向・高度・地形の起伏が識別不能となる現象(by ウィキペディア)と遭遇します。

これは何度か経験しましたが、まー恐ろしいです。

道がどこだかもわからないし、目の前の車が見えるかどうか。ライトつけてない対向車来た時のいきなり目の前にバッと車が現れる感じ

心臓ドキドキ・・

路面の凍結!

雨降って地固まるという諺があるように

雪が降れば路面は凍結します。

歩いてても滑るのでそれも危ないですが、人が滑るように車も滑ります。

マイナス20度くらいいってカッキンカッキンの時よりも

0度~マイナス5度くらいの水と氷の間くらいの時の方がよく滑ります。

車で運転してると、急ブレーキや急ハンドルをしてしまえば即スリップです。

スリップして車のハンドル操作効かなくなった時の恐怖はなかなかです。

エゾシカ!

冬限定でないですが、僕の住んでいる平取町にはシカがたくさんいます。

農山村なのでシカに限らずキツネやらタヌキやらウサギやら色々出てきますw

しかしシカはでかいし繁殖してやたらいるから大変です。

国道を走ってる、そこらへんうようよいて、脇で群れで草食ったりしてます。

シカがいる真横を車で走らないといけないのはドキドキです。特にシカがこっちをじっとみてる時w

間違って飛び出してきたらアウトですw

いるのわかってればまだいいですが、死角からいきなり飛び出されたら終わりですね。

特に深夜から朝方にかけてはよくいますし、よく引かれて死んでます。

何でこんなことを書くか!

なぜ僕がこんなことを書くかといえば、

吹雪、路面凍結、シカ、これら三要素で事故ったからですw

笑い話で済んで良かったですが下手したら死んでる危ないとこでした。

アイスホッケーやり始めたから、とある日にスケート行こうと思って苫小牧へ行こうとしてる途中

いきなり吹雪出してホワイトアウトなりました。

そん時に視界悪く赤信号で止まってた車に気づくの遅くなり、急ブレーキ踏んだらスリップして

追突事故おこしてしましました。

僕がスケートするより先に車が滑ってしましました。

スピード出てなかったので大事故ならなかったのが救いでした。

そしてそんな日の帰り道

天気は再び吹雪w

平取町を走っていたところシカが飛び出してきました!

ハンドルを思いっきり横に切ったところかわしたんですが、激しくスリップしました。

そして横に落ちて車が雪に刺さって逆立ちするという、めったにできない経験をしました。

俺が生きてて、車も軽傷で住んだのは運が良かったです。

事故は周りにも迷惑をかけることを痛感いたしました。

対向車が来てたら命は危なかった所ですので、運良かったです。

つまり!

何が言いたいかと言えば、北海道の冬道はマジおっかないですってことです。

スリップはするし、シカは飛び出してきます。

事故は起こした後も大変なので起こすもんでないと実感しました。損保ジャパンにお世話になってます。

何かを偉そうに語る人間でないですが語らせてください。事故は1瞬です。気を付けても起こるもんですから恐いですね車の運転!

死んだら終わりなんで大事故起こす前に小さい事故を経験できてよかったです(´Д⊂

大事なこと!

今回の事故を通して、イメージトレーニング略してイメトレが大事なのではないかと思っています。

例えば、事故ってから僕は

路面の状態、対向車の有無、走ってる道路の横の状況

これらを踏まえた上で、もしシカが飛び出してきたらどうするか

などなど日々イメージして運転してますw

もし飛び出してきた時に、対向車が来てればそちらにハンドルは切れません。

かといって横が崖だったりしたらそちらにもかわせません。

この場合は車は廃車かもしれないですが、シカと衝突するのがベストと思います。

路面が凍結してなければかわすという選択が出来ますが

スリッピーであれば、その選択は難しいかもしれませんし、

横に雪が積もっていればそこに突っ込むのが正解かもしれませんね。

こんな感じでふざけてるようですが、日々イメトレをしながら運転してますw

シカよく出るゾーンでは道路の両脇を凝視しながら視野広く運転することを心がけてます。

中田英寿ですね

まあこんなイメトレをしても、いきなり飛び出されたら

ビックリして体がどう勝手に反応するかわかんないですがw

観光客とかレンタカーで運転しててシカ出てきたら想定外すぎてビックリするだろーなーw

シカが飛び出すイメージない人がシカ出てきたら一瞬パニックですよね。

と考えてるとやはりイメトレが大切でないかと・・

北海道で車を運転する時は皆さんもお気を付けて!

以上真面目に不真面目な記事でありましたw

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク







この記事を書いている人について


最後まで読んで頂きありがとうございました!
岡山県美作市上山から更新してますので気が向いたら、またよろしくお願いします(^^)
 とみやすについての詳細はこちら



follow us in feedly

コメント

  1. 遠藤 より:

    北海道での自動車保険(車両保険)適用事故が鹿との接触によるものが一番多くなっています。増えすぎた個体が原因です。自動車事故ばかりでなく農林業にも深刻な影響が出ており、抜本的な解決策を講じることが急務となっています。今回の投稿、これから北海道で暮らす人にとって良いアドバイスになりますね。

    1. aolarena より:

      確かに運転中木をみててもシカにやられてる木たくさんありますね・・
      狼を放つ訳にもいかないし難しいですね・・

      ありがとうございますw

コメントを残す

*