これから地域おこし協力隊を考えてる方へ!採用HPから推察するイケてる地域、イケてない地域

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
写真

どーもです。

前回に引き続き、地域おこし協力隊関係の記事です。

僕は地域おこし協力隊は3月で終わりますので、これから協力隊される方や自治体にお役に立てるフィードバックをしていければと思います。

全て25歳の主観で正解でも何でもないので、色々考えるきっかけにしてくださいませ!

前回は⇒地域おこし協力隊で最も大事なのは、受け入れ地域が何をしたいか

ということで受け入れ側についてでしたが

今回はこれから地域おこし協力隊を考えてる方向けに、どうやって地域選びをすればいいのか考えてみたいと思います。

地域選びって難しくないですか?

地域おこし協力隊を始める時に、

どこの地域にすればいいのか、どうやって地域を選べばいいのか?

これってすごい難しいですよね。

最初から協力隊やろうってよりは、たまたまその地域で職を探していて協力隊を見つけたってパターン

既に縁があって、そこに移住するための手段として協力隊を紹介されるパターン。

上記のように地域選びに苦労しない可能性もありますが、

どう地域を選べばいいのか、これは多くの人が悩むポイントだと思います。

僕の場合は、どう地域選んでいいか全くわからなかったので

適当にいくつかの地域に書類を送ったりした結果、最初に決まったのが今住んでいる北海道の平取町でした。

あったのは

「そうだ!農村へ行こう!

     行けばわかるさ北海道」

ということくらいで、要はほぼ何も考えていません笑

神奈川出身で別に北海道が大好きで、とかでもなく四国とか九州の地域も書類は送りました。

応募したのが協力隊事業始まって2年目で判断材料も少なかったのかもしれないですね。

ある地域に行く動機は、説明会やフェアで会った担当者とフィーリングがあったとか、たまたまそこに知り合いがいた、とかきっとそんなものだと思います。

まずインターネットで情報収集されますよね?

いずれにしても、地域おこし協力隊をやろうとして地域選びをしている時、大きな判断材料になるのが

インターネット上に出てる採用HP

だと思います。そして大体の方が

地域を変えていく新しい力 地域おこし協力隊

写真

このサイトから地域を探すと思います。

九州に行きたくて!とか北海道が大好きで!

のように、立地的な問題や好きな地域がありその地域を中心に探したり、

何ができるか?という軸を中心に探される方など様々ですよね。

振り返れば、僕の場合は平取町にきた深い理由がないので

地元の方に何で平取町にきたの?って言われたらほんと困るんですよね(笑)

偶然です。

って言ってます。

そんな地域選び、多くの人にとって人生の分岐点になり

人生を左右する決断である可能性も十分あります。

前回記事⇒地域おこし協力隊で最も大事なのは、受け入れ地域が何をしたいか

で書きましたが、協力隊側と受け入れ側のミスマッチが多くの地域で生じています。

すれ違いは何かしら、生じると思いますが出来るだけ少ないに越したことはないはずです。

採用に至るまでの過程で、採用される側も受け入れ側をよくみるべきです。

行く地域によって本当に貴重な3年間を棒に振る可能性があると思いますから。

採用HPから考えてみよう!

joinのサイトを見ると北海道から沖縄まで、いろんな地域が掲載されています。

欲しい人材を獲得するために、どう他の地域と差別化するかって大事な点で、

最近ではリクナビ経由で募集かける地域もあります。だいたいがjoinのサイト経由なので例えばリクナビ経由で募集するだけで差別化できますよね。

join見てる人とは違う層にアプローチできて競合も避けれるし。

金はかかりますけど。

今回は最も一般的なjoinの各地域の採用HPから

地域選びの判断材料になる

  1. 採用HPのタイトル・キャッチコピー
  2. 活動内容
  3. 事前の説明会開催やフェアへの出店

この3つのポイントを考えてみます。

採用HPのタイトル・キャッチコピー

joinのページを見ると、

写真 (1)

こんな感じで各地域のHPのタイトル一覧で出てきます。

このキャッチコピー、タイトル

大きく2つ分けることができて、それは

  • ~~町「地域おこし協力隊」2名募集。みたいな特にタイトルに工夫がない地域。
  • 何かしらタイトルを工夫している地域。

だと思います。

地域おこし協力隊は知名度も低く、そもそも応募する人が圧倒的に少ないですから

欲しい人材に来てもらうには、それなりに戦略が必要だと思います。

民間と行政でここらへんの認識全く違う気がしていて企業だったら、人材雇用って金かけてめちゃくちゃ力入れる所ですよね?

そして自らの地域が協力隊の募集してるのを認知してもらうために

採用HPにどういうタイトルつけるかって大事なポイントなはず。

ありきたりなタイトルだとクリックしませんよね?

まずクリックして、存在知ってもらわないと話になりません。

ブログをやってると痛感する点で似たようなもんだと思います。

どうやったら欲しい人材来てくれるかなあ?

って考えたら、タイトルに工夫も生まれる気がします。

でもこれは一概に言うことはできなくて

すごい受け入れ体制、考えてるんだろうなーって思った地域でもタイトル工夫していないところもあったりします。

そういう地域はもったいない気がします。

まずクリックして知られないと、いい受け入れ体制も活かされませんから。

タイトル、キャッチコピー、意識して見てみてください。

活動内容

次に、採用HPにのってる活動内容についてです。

これは、その活動内容が

具体的か、漠然としてるか?

を意識して見てみてください。

もうやたらと、漠然とした言葉が並んでいる地域。

これはやめた方がいいと思います。

例えば

住民の生活支援、コミュニティの活動支援、農林水産業活性化のための支援活動、地域おこしの支援活動、地域活性化に向けた活動

こういう言葉聞いてどう思います?

・・・はい?

て感じになんないですか?

何だコミュニティの活動支援って!?

農林水産業活性化のための支援活動って、そんなあれもこれもやる段取りしてるんですか!?

みたいな。

何も考えてないから他の地域の採用HPみて、似たような漠然とした言葉並べてるだけの地域もあると思うんですよね。

コピペですか?

って聞きたくなります。

案外本当にコピペだったりするかもしれませんよ。

何か漠然として引っかかるキーワードがあったら、聞いてみてください。

帰ってきた答えで、適当か、そうでないかわかると思います。

一方で活動内容が具体的で

どこどこで何なにをして欲しいっていう地域もあります。

文章から活動のイメージできるような地域はいいんじゃないでしょうか?

また受け入れ側が想像もつかない何かをして欲しければ、活動に自由度をつけて

突破力のある人間採用して、見合わない人は面接で落とせばギャップは減ります。

受け入れのパターンは、100やる地域あれば100通りで正解はないのが、地域おこし協力隊の魅力であり難しさと思うので

して欲しい活動の意図がはっきりしてるかどうかが、大事かもしれないですね。

事前の説明会開催やフェアへの出展

当然ですが採用HP、インターネットからだけで全てを判断できません。

写真 (13)

全国の地域おこし協力隊フェアや移住フェアみたいなイベント、たまにやってるので出展してる地域の担当者といろいろ話してみてください。

こうしたイベントに出ているか、というのも1つの判断のポイントだと思います。

お金も手間もかかるわけですから、やる気のない地域はこういうイベントにも出展していないのではないでしょうか?

また地域によっては、事前にその地域を知ってもらうため2泊3日とかで

現地を案内するツアー的なの企画しています。

やってるとこあった気がしたんですよね。どこか覚えてませんけど笑

やはり事前に受け入れ地域の担当者と会って話してみたり、その地域に行ってみることはミスマッチを減らすためにも大事だと思います。

気になることは聞いて、何か違ったらやめればいいですし、

この辺りの受け入れ側の対応も判断材料の1つになりますよね。

ちなみに僕は、今言ったことは何もしていないです(笑)

だからこれから協力隊される方は、気になる地域は現地に見に行く!

というのは事前にしておくことをオススメします!

というわけで

地域おこし協力隊の採用HPから推察するイケてる地域、イケてない地域

いかがでしょーか?

これから地域おこし協力隊をされる方は地域選びをする時に判断材料の1つにしてみてください。

もちろん全部僕の主観なので、当てにしちゃいけませんよ!

1回使ってみたいセリフがあります。

自分のアタマで考えよう

そんじゃーね笑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク







この記事を書いている人について


最後まで読んで頂きありがとうございました!
北海道夕張市から更新してますので気が向いたら、またよろしくお願いします(^^)
 とみやすについての詳細はこちら



follow us in feedly







コメント

  1. YT より:

    初めまして、こんにちは。
    自分は北海道のある街の地域おこし協力隊に募集して、
    これから面接なのですが、とみやす様が採用された勝因を
    教えて頂けませんか?

    1. aolarena より:

      初めまして。
      コメントありがとうございます。

      僕の場合、倍率が低くて運がよかったのであまりあてにならないと思いますが、
      この地域に住んでいく覚悟あるの?
      みたいな部分を面接官は見ている気がしました。

      ですので、その地域について足を運んだり、調べたりして
      この地域を気に入って是非ここでやっていきたいんです!
      ていうことをアピールできたらいいのかもしれないですね。

      かげながら応援しております!

コメントを残す

*