-20℃の世界がもたらす3つの弊害

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IMG_1242

どーもです。

日本全体的に寒波がやってきたみたいで

北海道もここ数日とても寒く-20°くらいまで気温が下がってました。

マジ寒いです。

僕はもともと関東に住んでたので氷点下になること自体ほぼない環境でした。

-20°の世界って想像できなかったんですよね。

やっぱり暮らすとなると大変です。

最近-20°前後の日があったんですが、そこで起きた3つの大変だったことをお伝えします。

1:車のバッテリーが上がりました。

-20°になるとエンジンがかかりにくくなります。

寒さでエンジンオイルが硬くなってエンジンをかけるのに多くの電力がいるみたいです。

気温が低くなるとバッテリーも性能が鈍くなるらしく・・

僕の今年買った中古車はバッテリーが弱ったものが挿入されていたんだと思います。

3、4日くらい前からエンジンかかりません笑

バッテリーを交換しないと使用不可っぽいです。

徒歩ライフです。コンビニが近くて助かりました。

寒いとこういうことが起こるんですね・・勉強になります。

IMG_1242

2:水道が凍りました

これは結構経験していたんですが、またやってしまいました・・。

水道凍結・・。

風呂の水道は外みたいな所にあって油断してたら凍結していました。

マジ風呂寒いっすw

IMG_1239

そしてその翌日に、さすがに家の中は大丈夫だろうと思って夜暖房切ったら

家の中の水道も凍結していました。

家の中は大丈夫だろうと思ってたんですが・・・

油断していました。

油断しかしていないですね。

車が使えないのも不便ですが、水道というライフラインが使えなくなるのはなかなかに生活が厳しくなります。

水道、というライフラインの存在感を改めて気づきます。

水道が使えなくなるとどういうことが起きるか?

といえば

IMG_1241

ペットボトルの水を買ってきて

京極の名水でご飯を炊く

そして

これが名水で炊くご飯・・・!!

ちょっと美味しい気がする・・・!!

このように普段の生活では発見できない気づきを得ることができました。

いろいろなミネラルウォーターで実験してみようかな!

どこのお水が一番おいしいんですかね?

 

て、アホなこと言ってる場合じゃない・・・!!

 

またその延長線上で、

もし炭酸水でお米を炊いたら

お米はシュワシュワするのか?

という普段は思いつかない疑問に気づくことができました。

やったことある方いらっしゃいますか?

おいしいんですかね?

 

て、アホなこと言ってる場合じゃない・・・!!

 

中々どこが凍結しているのか、部屋を温めても回復する雰囲気もなく・・

やはり色々と不便な中での生活が続きそうです。

しかしこれは逆に新たな発見のchance!

というわけで

京極の名水を使って、ひげ剃りをしてみたら

何だかいつもより肌がすべすべになっちゃった・・・!!!

 

みたいな発見に期待したいと思います。

京極の名水の宣伝隊長でも目指しますか!

1493161_571643036239291_593772323_n

 

て、アホなこと言ってる場合じゃない・・・!!

 

3:布団から出れません

僕が夜は暖房切ってるのもあるのですが

朝の寒さが尋常じゃないんですよね。

ただならぬ冷気が押し寄せてきます。

布団に包まって震えますねw

やはり氷点下、というのは生物が生活を維持するのが難しいものなのではないかと思います。

クマを見習うべきではないでしょうか?

人間も冬眠するべきです。

何かそういう研究ありそうですよね。

どうやったら仮冬眠モードをつくれるのか、みたいな。

というわけで、Amazonで調べてみると

いいですね。こうした本で研究してみたいと思います。

添い寝してごらんって・・そんな馬鹿な。

してごらんって。

なるほど。勉強になります。

病は気から、

という言葉があるように

冬眠も気から、

なのかもしれないですね。

購入を検討します。

4:最後に

このように-20°の世界は関東では想像できない世界でしたが・・

車のエンジンかからなくなったり、

水道が使えなくなったり、

布団から出ることができなくなったりします。

幸い僕はコンビニが近いところにあるので、生活何とかなるのですが・・

これがコンビニから遠いような所だったら暮らしが終わります。

車が使えず、水道凍結するって北海道の農村で結構な致命傷・・・

アホなこと言ってる場合じゃないんです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク







この記事を書いている人について


最後まで読んで頂きありがとうございました!
岡山県美作市上山から更新してますので気が向いたら、またよろしくお願いします(^^)
 とみやすについての詳細はこちら



follow us in feedly







コメントを残す

*