3流の本の楽しみ方、教えます。Amazonでの選書から1ページ目を開くまで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1536423_567624463307815_1756567861_n

3流です

あけましておめでとうございます。

今年はこちらのブログと共に僕自身ガラパゴス化していきたいと思いますのでよろしくお願いします。

さて僕は読書が好きで休日は引きこもって読書をしている割合も結構高いです。

ショッピングをする時に最も心が踊るのは本屋です。テンション上がります!

読書はもちろん読書自体も楽しいのですが、読書をするまでにも楽しみがあると思います。

たくさんある本の中からどの本を購入するか?

何冊くらい買うか?大人買いしちゃうかちゃわないか?

買った本をどの本から読んでいくか?

などなど読書好きの皆様それぞれ楽しみ方があると思います。

読書をしない方には理解しがたいかもしれませんが洋服でいえば

予算内でどんな服を買うか、どういう時にこれ着ようか、とか

こういうジャンルは着たことないけどちょっと新しいチャレンジしちゃおうかな、

と、実際に着る所を想像しながら買い物をして家で試着してみるまで、

このように実際に使うまでの過程にも楽しみがありますね。

洋服好きの人が洋服を買うとき、ゲーム好きがゲームを買うとき、

これと同じように本好きには本を買う時の楽しみがありますので本日はそんな本を読み始めるまでの楽しみ方!についてお伝えしたいと思います!

では、いつものいきますよー

3・

2・・

1・・・

1536423_567624463307815_1756567861_n

 

まず僕はキンドルを持ってません。買った方がいいんだろうなと思います。

さらに田舎暮らし、ということで本を買うときは8割くらいAmazonを使います。

なので今回はAmazonでの本のショッピングの楽しみ方、という部分がメインです。

1:買った本をほしい物リストから消す楽しみ

2:来た本を眺める楽しみ

3:どの本から読むか考える楽しみ

とあると思いますので順に説明していきます。

1:買った本をほしい物リストから消す楽しみ

まず気になったテーマがあったらAmazonで検索します。

何か気になるテーマが出てきたら、どんな本があるか検索してみます。

また誰かがブログで紹介している本の時もありますね。

例えば、僕はふと缶詰、について知りたいなと思う時があってAmazonで「缶詰」と検索ワードをいれて検索をします。

すると缶詰に関する書籍がバーっと出てきます。

その中で気になったタイトルがあればさらにポチっとクリックします。

IMG_1235

缶詰に愛をこめて・・・気になりますねw

すごく読みたいわけでなければ何でもかんでも即買するわけでなく、気が向いた時に買います。

なのでとりあえず欲しいものリストに加えておきます。

IMG_1232

すると、「この商品を買った人はこんな商品も買っています」

 

というのが出てきて、ここからさらに気になる本があればバシバシほしい物リストに加えていきます。

IMG_1236

即買する本でなく、気が向いた時に買う本は欲しいものリストです。

今、このほしい物リストに約350冊くらいの本があります。

そして気が向いた時、新しい本を読みたくなった時に、このリストから特に欲しい本を10冊くらいまとめて購入します。

IMG_1234

このほしい物リストは増える割合の方が圧倒的に多く、滅多に減らないのですが

買った本をこのほしい物リストから消す時が1つの楽しみです。

ずっと気になってたあの本、俺のものになるんだな・・・

という満足感です。自己満足です。

増える一方のほしい物リストですが、このリストがゼロになる日を僕は夢見ています。

Amazon商法にしてやられているんだろうなと思います。

2:来た本を眺める楽しみ

そして、次に本が配送されてきたら、配送されてきた本を眺めます。

unnamed (3)

ああ・・・ついにこの本を手に入れたんだな・・・

という満足感です。自己満足です。

3:どの本から読むか考える楽しみ

unnamed (2)

そして、買った本を並べます。

そして斜め上45度からこの本たちを見下します。

どの本から読もうと、選択権、主導権は俺にあるんだ・・!!!

という

圧倒的優越

に浸ります。

そして、

その気持ちはまさにムチを振り回す

ドSの女王様

と同じなのではないかと想像します。

少し話がずれましたが、買った本の中でもどの本から読んでいくか?

選ぶ自由がある楽しさを満喫します。

洋服たくさん買ったらどの服からきよっかなーて思うのと同じと思います。

111111111111111111111

こうしたプロセスを経てようやく読書が始まります。

読書はそれ自体も楽しいですが本を読むまでもとても楽しめるのではないか?

というわけで!

三流の本の楽しみ方、本選びから本を開くまで

いかがでしたでしょうか?

1531909_567622779974650_1562004320_n

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク







この記事を書いている人について


最後まで読んで頂きありがとうございました!
北海道夕張市から更新してますので気が向いたら、またよろしくお願いします(^^)
 とみやすについての詳細はこちら



follow us in feedly







コメントを残す

*