MONTH

0年0月

  • 2020年5月15日

大規模農業でこわいこと2つ

どーも、冨安です。 4月から北海道平取町で大規模農業に取り組んでいます。 すべて新しいことをぶつけ本番でやっているところで、やってみて実感するリアルなところはお伝えしていきたいなと思っています。 僕たちが日常のなかで「安くて、美味しい!」と感じる食べ物はどうやって作られて、どう届くのでしょうか? 当 […]

  • 2020年5月13日
  • 2020年5月13日

1万キロのジャガイモ植え付けは、どう進められるか?

どーも、冨安です。 北海道の平取町でジャガイモ栽培に励んでいる今日このごろです。 思えば4月からジャガイモのために労働をしておりみんな腰を痛めながら働いています。 ときどきなぜ僕はジャガイモにここまで尽くしているのだろうか? とふと思います。 ジャガイモが育ちやすいように土を耕し、よく育つよう肥料を […]

  • 2020年5月11日
  • 2020年5月11日

大規模農業で重要な、物理の理解。

どーも、冨安です。 4月から岡山の上山で一緒に活動してた面々と北海道平取町で大規模農業に励んでいます。 4月から来て、草刈りから始まり耕起を進めていきジャガイモの植え付けをしているところです。 すべてが初めてのことでしたので怒涛の4月でした。棚田で田んぼはしていますが、大規模農業の畑作は経験がない集 […]

  • 2020年5月5日
  • 2020年5月5日

キングダム。オススメのマンガ②

どーも、冨安です。 ここ半年くらい読んでハマったマンガ、キングダムを紹介します。 全国区で人気のマンガでヤングジャンプで連載されています。 紀元前の中国が舞台です。 初めて中国を統一した秦の始皇帝は有名ですが、その秦の始皇帝が中国統一するまでのストーリー。春秋戦国時代といわれる時代です。 主人公は秦 […]

  • 2020年5月4日
  • 2020年5月4日

ナニワ金融道。おすすめマンガ①

どーも、冨安です。 個人的におすすめのマンガ「ナニワ金融道」を紹介します。 主人公は街金の新入社員。 このマンガの舞台は大阪。 金貸しの金融屋に新入社員として入った灰原君が主人公です。 この灰原くんがプロの金融屋として、どんな道を歩んでいくのか!?そこがナニワ金融道のストーリーの中心です。 著者の青 […]

  • 2020年5月3日
  • 2020年5月3日

江戸時代の森林施策が、世界的にみてもいかに優れていたか。文明崩壊より①

どーも、冨安です。 「文明崩壊」という本を読んだので、本書のなかで印象的だったことを紹介します。 著者は先日、本ブログでも紹介した「銃・病原菌・鉄」と同じ、ジャレド・ダイアモンド先生です。 この人が書く本は「銃・病原菌・鉄」、「文明崩壊」。それぞれ上下を読んでますが、この人の本は大好きですね。 趣味 […]

  • 2020年5月2日
  • 2020年5月2日

現代お好み焼きの輪郭をつくった車輪時代の到来。お好み焼きの戦前史②

どーも、冨安です。 昨日に続いて「お好み焼きの戦前史」から印象に残った箇所の紹介です。 お好み焼きの前身となる文字焼きは、江戸時代の子どもたちのお小遣い市場が生まれたことから始まりました。 水溶き小麦粉をうすく手のひらサイズで焼いたイメージ。30円前後くらいの駄菓子で、今でも薄っぺらい小麦粉焼き駄菓 […]

  • 2020年5月1日
  • 2020年5月1日

お好み焼きは、江戸時代の子供たちの〇〇文化から生まれた。お好み焼きの戦前史①

どーも、冨安です。 「お好み焼きの戦前史」という本を読んでいて、お好み焼きが生まれるまでの馴れ初めが面白かったので紹介します。 タイトルのとおり、お好み焼きの歴史に関する本です。 KindleUnlimitedで無料で読めたんですが、ボリュームがあってまだ半分くらいしか読んでません。 その歴史の遡り […]