rp_51hrgz8-x0L.jpg

どーも、冨安です。

最近最も好きなマンガはゴールデンカムイです。

ゴールデンカムイ 19 (ヤングジャンプコミックス)

新刊が出たので読みました。

マンガの作者がどんなことを意識しながら作ってるんだろう?マンガってどういう意図や構成で作ってるんだろう?

みたいなことを考えながら読んでます。

1巻-19巻まである中で、すごいものがたりの展開が変わる激動な巻があれば、特に動きのない伏線だけで終わるような巻もあります。

全体で何巻まで用意していて、それぞれの巻の位置づけは何なんだろう?と考えながら読むとまたマンガを見る視点が変わって面白いです。

19巻は激しかった。

今回の19巻の舞台は樺太。今後のストーリーの展開を左右する重要な局面が続きました。

味方だった人が敵になり、戦いになり登場人物が死んだりもする。

起承転結でいうところので転に当てはまる印象でした。

割とずっと緊張感のあるシーンが続いて、緩さはなかったですね。

相変わらずどんどん読めるリズムの良さは、ゴールデンカムイの人気の1つだと思います。

読者が考える予想をワンテンポはやく1つ1つのシーンが進んでいく感じ。

主人公の体験を追体験すること。

マンガってなんなんだろう?

て考えるのですが、主人公がいてたくさんのサブキャラクターがいて、ゴールに向かってストーリーが進みます。

ストーリーはもしトラブルが何もなく、順風満帆にいったら何も面白くなくて

困難にぶつかる→成長する→目標達成する。

主人公がやってることを自分がやってるかのような気分になり、ストーリーに入り込む。

主人公の成長を追体験することで、読者も成長できるのがいいマンガなのかなとか考えています。

主人公でなくてもワンピースだったら麦わらの海賊団の中に色んなキャラクターがいて、自分に近いキャラクターに感情移入することができます。

進化しない民族は消えるのか?

ゴールデンカムイのストーリーの1つは、ロシアと日本に挟まれるアイヌ民族がどうやって生き残るか?

登場人物の1人がアイヌ民族が生き残るために北海道と樺太を含めた連合国家を構想するシーンがあり、印象に残っています。

でもその登場人物は捉えられてしまい、志半ばで死んでしまいます。

結果として今では、北海道は日本の一部になっています。

マンガなので北海道と日本の間にどんな歴史があったか、どこまで正しいのかわからないのですがゴールデンカムイを見てると

勝った人間や民族だけが生き残る。

という残酷な現実を感じる次第です。