VRイベントをやるときの立地と導線、集客の考え方。プペルVR岡山レポ④

どーも、冨安です。

えんとつ町のプペルVRを岡山で開催してみたレポートその④です。

プペルVRに限らず他のVRにも共通するだろうVRイベントをするとき、集客面でどこでどんなふうにやるのがいい?

ということを3日、4ヶ所でやってみた経験からお伝えします。

【お礼】プペルVR岡山、述べ169名の方に見て頂き無事終わりました。 – FAAVOFAAVO岡山

67874170 2840526319350940 1561196190911954944 n

体験時間は15分だけということ。プペルVR体験のためだけに来てくれる人はどれくらい?

例えばプペルVRというVRイベントをするときに、いつどこでやろう?

ということを考えますが、誰にみてもらいたいかで変わってくると思います。

僕の場合は主に地方にプペルVRみたいなエンタメを持っていったらどうなるのか?

みたいな実験をしたかったので、主に見て頂きたいのは地元の方でした。

67920072 609994682740563 5802535090735022080 n

プペルVRは15分のコンテンツ。中には15分のために遠方から足を運んでくださる方もいらっしゃいました。

西野亮廣氏のファンで、絵本えんとつ町のプペルを知っています!という方がはるばる足を運んでくれたように思います。

ただ今回約170名の方に見ていただいた中で、知ってて来てくれた方の割合は3割くらいであとの7割は当日集客でした。

絵本えんとつ町のプペル、VRのことは興味ない人が大半という前提で考えとくのがいいと思います。

大前提として、田舎開催で15分のプペルVRだけのために足を運んでもらう。

ということはめちゃくちゃ難しいと思ったので、交流施設や祭りとかぶせてやるなど集客機能がある、他に楽しめるものがある場所でやることを考えました。

7b247a4c7d9329fece562a8edec43a7e

そんな人が来ない場所でプペルVRだけで集客するのは、相当難易度高いと思います。

コンテンツそのものが15分だけなので、何とコラボしてやるか?みたいな掛け合わせを考えるのは大事じゃないでしょうか。

都会開催の場合は考える必要ないかもですが、地方の場合は大事かと。

地方の場合はチラシと口コミ

今回知ってて来てくれた割合が高かったのが矢掛町でした。

67962301 610007972739234 2742910937227853824 n

チラシを配れるタイミングがあったのが1つでかくて、地方ではネット広報以上にチラシや口こみなどのアナログな集客が大事だと思いました。

また今回開催をしたやかげ町家交流館さんはすごいネット広報の協力してくれたりしたので、開催する地域にて広報協力してもらえると助かりますね。

ここのFacebookページみて来ました、という方も少なからずいらっしゃいました。

要は開催地域といい関係性をつくりながらやっていけるか?

が大事と思うのですが、僕がどこまでできてるか自問自答しないといけないです。。

人が見える場所でやるのは、一番いい現地集客の手段。

事前のネット広報で来てくれる方は限定的で、当日の集客勝負なところが全ての日でありました。

当日集客をやるためにどんな場所でやるか?がすごく大事です。

当日集客を目的とするなら、開催場所としてよかったのは矢掛と美作です。

4127e001505e721e2cc2cf7423858e81

68333945 609978146075550 7758362042263666688 n

良くも悪くもオープンだったので、そこに楽しいそうな雰囲気があれば興味を持って体験までつながります。

ゴーグルのなかの世界は外からみたら全くわからないので、何が体験できるのかわかりやすく伝えれるパンフレットやチラシがあるといいと思いました。会場の作り込みが全然なかったので。。

原作の絵本は置いてましたが、長いのでコンパクトにストーリーを伝えれると良さそうです。

ホント外から見たら何が起こってるのか分からないので、会場によってはただシュールで怪しいだけの近寄りがたい景色が出来上がってしまう可能性もあります。

プペルVRが8人まで同時にストーリーが進むので、子どもたちが楽しそうにしてくれたり、のりのいい大人の方がいたりすると盛り上がります。

またVRの特徴で360度見渡せるから、下手をするとずっとまっすぐ同じ方向を見てる方もいたりします。どこでどんな見どころがあるかナビできる人の存在は、コンテンツを楽しんでもらうために重要だと思います。

7b247a4c7d9329fece562a8edec43a7e

一方でこれは真庭あぐりガーデンさんでやったとき。

2階の外からは全く見えないようなとこでやったので、こちらから1階にいるお客さんにチラシを配ったりしないと人が来ないような感じでした。

チラシを配りながらVRの説明をするのむずくて、できたら会場の雰囲気を見てもらうのが分かりやすく当日集客としては1番だと思いました。

真庭は事前に知って来てくれた方は全体の1割くらいのほとんど当日集客で、しかも2階のひと目のつかない場所だったのでリスクの高いやり方でした。地元の方にそこまでアプローチできなかったのが反省で、プペルを知らなくても当日集客で楽しんでもらえることが分かったのはよかったです。

VRイベントをやるときは、やる場所や地域性、VRまでの導線などにより集客方法などがそれぞれ違うことが分かりました。もっと実験していかないとわからないことが多いですが、本記事がこれからVRイベントをやる方の参考になれば嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

イベントの余韻はどうやったら生まれる?プペルVR岡山レポ③

どーも、冨安です。

知って来てくれた人が1番多かった、やかげ町家交流館。プペルVR岡山レポ①

楽しそうな雰囲気で人が来た雲海温泉体育館。プペルVR岡山レポ②

岡山で8月10日−12日にやったプペルVRのレポートその3です。

67874170 2840526319350940 1561196190911954944 n

今回はVRを使ったイベントをやってみて、余韻があるイベントっていいなと思いまして、どうやったら余韻を作れるんだろう?

ということを考えています。これはあらゆるイベントや企画に共通して、いいイベントには余韻があるのではないか?

と思いはじめました。

「余韻が残る」という言葉がありますが、イベントが終わったあとの高揚感や寂しい感じなど、いくつかの感情が入り混じったような感覚。

終わったあとの言葉では言い表すことができない感情。

いいイベントで残る余韻ってめっちゃ良くないですか?

余韻はどうやったら生まれるのか?

今回のイベントでそこまで多くの方に、いい余韻が残る体験をしてもらえたかは分かりません。ただ何人かそれを感じる方はいらっしゃいました。満足度が低い方もいらっしゃったとも思います。

例えばすごく終わったあとに感想を教えてくれた方や岡山県北で開催を喜んでくれた方など、いい余韻を持って帰ってもらえた方も少なからずいました。

「良かった−」と感じるイベントにどんな要素があったかな?自分で置き換えてみます。

①イベント前のドキドキ感 

②実際に体験しているときの興奮

③体験後の高揚感と落ち着くまでの時間

例えばイベントに行くときの心理的な要素を分けるとこんな感じに分かれ、短期間で感情の起伏や移動がイベントや旅行の面白さだと思います。

海外旅行に行くときとか、海外に行くまでのドキドキ感がいいじゃないですか。

現地についたら興奮してる自分、冷静になろうとしてる自分がいて、ディズニーランドのアトラクション乗るときとかも体験しているときの冷静と興奮を行き来する感じいいですよね。

海外旅行が終わって、帰りの飛行機に乗ってるときとか「あーこの旅もう終わるのかー。」と現実に戻る過程で寂しい感じになります。

なぜ感情の移動が起こるかって例えば

知らない地域に行くこと、飛行機に乗ること、イベントの体験そものの、新しい人との出会い、そこならではの文化にふれること。

数え切れない要素のことが絡み合って、いい余韻が生まれるかは決まると思います。

今回はプペルVRの体験自体がメインではありますが、その前後の要素も大事な気がしていて。

イベントの体験って誰とするかが大事で、1人で参加するイベント、友達と参加するイベントだと後者の方が楽しいことが多いと思います。

違いは感想や感情を共有できるか、できないか。

余韻がある体験をしたあとって、その感情を共有したくなると思います。感情の吐き出し先がないって切ないですよね。

僕は1人で行動することが多くて、誰にも共有できなくてブログで吐き出します。僕のブログが長続きしてる理由は友達が少ないからかもしれません笑

68333945 609978146075550 7758362042263666688 n

同じものを体験するのでも、どこで誰と体験するか?

感情を共有できる時間を作ることができるといいのかもしれないと思いました。1人で来られた方は主催がフォローできればいいところです。

やりたいことや好きなことで個人がイベントをすることが増える時代、どうやったら余韻って作れるんだろう?

なんてことを意識してみながらイベントやったり参加してみたい次第です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

楽しそうな雰囲気で人が来た雲海温泉体育館。プペルVR岡山レポ②

どーも、冨安です。

8月10日−12日で行ったプペルVR岡山のレポートその2です。

知って来てくれた人が1番多かった、やかげ町家交流館。プペルVR岡山レポ①

11日は美作市上山の夏祭りにあわせてプペルVRをやってみました。

上山についてはめちゃ田舎だし告知もしっかりできてなかったので、人全然来なかったらどうしようと思ってました。

会場は夏祭りの会場にもなってる雲海温泉体育館。

68731247 609978259408872 6766544717980106752 n

ストリート感が半端ないし、本当に会場の作り込み要素ゼロでした。

机とイスを並べただけ…!!!

他で使ってしまっていてポスターもなし!反省してます。

電源があればもはや部屋でもない空間でもできるのがプペルVRの面白い点の1つ。机とイスがあれば形になるという。

68473618 609978232742208 2802665876619264000 n

矢掛はこんな感じでした。

67874170 2840526319350940 1561196190911954944 n

このストリート感あるVRがなんか好きだw

ネットで見た人、祭りに来た人が来てくれた。

祭りが始まるまでの時間は近隣地域から、わざわざ足を運んでくださる方もいらっしゃいました。

トイレがあって行き来する人で、人の通りはある場所でした。

68643883 609978039408894 3142102081234534400 n

そして祭りが始まると少しずつ人が来てくれて、気づいたら祭りの終わりくらいまで割とひっきりなしに来てくれていました。

68333945 609978146075550 7758362042263666688 n

割合としてはプペルVRのことを知らない祭りに来た人が7割くらいだったと思います。

67837528 2844051472331758 6423567746620981248 n

67941277 609978102742221 2251134677869920256 n

ポイントは楽しそうな雰囲気!?

ポスターもなくて、来た人は何が行われているのか訳が分からなかったはずです。

でも一度列の流れが出来始めたら、途切れることなく最後までいきました。

会場の作り込みが一切なかったこの会場でなぜ人が来てくれたのか?

これは考えてみる価値がありそうです。

1:ゴーグルをつけてる人たち

2:プペルVRの音源

お客さん候補の方はの2つの要素を外からみて、

1:足を止める

2:スルーする

どっちかの選択をするわけですが、異様な光景なのでまず足を止めてくれる方が多かったです。

空間の大きさも大事かなと思っていて、広すぎず狭すぎず、オープンな空間だったのも良かったのもしれません。

異様な景色を作っているので、足を止めてくれる人は多い。

さらに大事ななのはそこに楽しそうな雰囲気があるかないか?

だったと思います。

もし空間がつまらなさそうだったら、お金を払ってやろうとは思わないはずですが、お金を払ってでも体験してくれた方がたくさんいた。

プペルVRを見てる方のリアクションや音楽から楽しそうな雰囲気が出ていたのかなと思います。

会場の作り込みもパターンが分かれると思った。

今回会場の作り込み、プペルっぽい世界観の演出とかゼロでした。

その魅力的な会場づくりをして体験してもらうのも1つだけど、予算的に人手的にできないケースもあるはずです。(いいわけ)

だけど会場を作り込まなくても人が来た、という今回のケースからはオープンな会場で楽しい雰囲気があれば人は来るという学びがあります。

ストリートVRは会場選び大事!笑

またVR映像の特徴として360度全部見渡せるので、どのタイミングでどこを見たら面白い!みたいなシーンごとの楽しみ方をナビできる人の存在はめちゃ重要だと思います。

ただ見てもらっていると、VRなのにずっと同じ方向向いて見どころが分からずに終わってしまうこともありそう。

祭りとぶつけるのもどうなんだろう?と思ってたけど、こういう15分の体験はあっても良さそうな印象でした。

ストリートVR記は続きます。

68473618 609978232742208 2802665876619264000 n

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

知って来てくれた人が1番多かった、やかげ町家交流館。プペルVR岡山レポ①

67920754_610008022739229_1697229397293006848_n.jpg

どーも、冨安です。

8月10日−12日でプペルVRというVRを使ったイベントをしました。

67920754 610008022739229 1697229397293006848 n

えんとつ町のプペルという絵本が原作のVR。15分で絵本の世界を楽しめます。

自分で一回体験してこのVR面白い!!と思って岡山で主催することにしたのでした。

その初日が矢掛町。やかげ町家交流館でした。

67962301 610007972739234 2742910937227853824 n

なんで矢掛町でやったか?

なぜやかげ町家交流館でやろうか?と思ったかというと一回観光地でやりたかったからです。

矢掛町は江戸時代に旧山陽道の宿場町として栄えた町で「やかげ町家交流館」は、地域の人々や観光客も気軽に立ち寄れる特産品販売コーナーやレストランのあるお店です。

お土産があり飲食スペースがあり、人が集まるような場所。

そこにVRをつけてる人たちがいたら

どんな景色が生まれるのか?

人はどんな行動をするのか?

何が起こるのか?

これを見てみたかった。

やかげ町家交流館はVRをやる理想的な場所だったんですよね。僕の中で

67874170 2840526319350940 1561196190911954944 n

座敷の和な雰囲気でVRもいいなあーと思いまして。

友人が1人いたつながりを辿って、やらせてもらうことになりました。

立地を考えても矢掛の方に見に来てもらわないと人は来ないと思ったので、人を紹介してもらいチラシを配らせてもらったり足を運びながらめちゃ地元の方に協力してもらってました。

矢掛の皆さんとても前向きに協力してくれたので有り難い限りです。

集客は後手だったので、当日ヤバいと思ってた。

8月10日−12日に通じて集客は後手で理想的な集客からはほど遠い感じで、事前予約もしてなかったので当日にならないと分からない。

全然読めない感じでした。

結果としては3日のうちで知ってて来てくれた方は一番多かったのが矢掛でした。地元の方や岡山市内近辺、福山などから知って来てくれた方がいてめちゃ嬉しいです。

地元の方はチラシ、地元外の方はネットから。ローカルな地域でやるときはチラシが一番効果的かなと思いました。やかげ町家交流館さんがFacebookで拡散してくれたのも大きかった気がしてます。

67944827 2840526019350970 7566076347831812096 n

68608584 2840526112684294 1752492269044236288 n

通りがかった人はなに!?

て思う人が多いハズなのですが、実際に当日プペルVR目的じゃない通りがかりの方もそれなりに体験してもらった気がします。そこに楽しそうな雰囲気があれば人はやりたくなると感じます。

今回プペルVRをやらせてもらって、えんとつ町のプペルが絵本として大ヒット作であること、キングコング西野さんの知名度。何をやっているのか人に伝えるときこの2つはめちゃ大事だと思いました。

えんとつ町のプペルかキングコング西野さん、どっちかはだいたいの人が知っているので。

矢掛では知ってて来てくれた方、そうでない方は半々くらいかなあ。

68432090 2840526226017616 5660331815940915200 n

68612320 610007906072574 2577398436831690752 n

67877077 2840526362684269 6337457298763415552 n

変な動機ですいません、この景色を作ってみたかったんです。

知ってて来てくれる方は特にホント嬉しかったです!情報が届いてるか全然分からなかったので。。

同じ体験をイオンでやるのと地元でやる違い。

プペルVRの面白い点の1つは、電源があれば場所を選ばずにできることです。

これまでだと都会に出ないと出来なかった体験が、場所を選ばずできるようになっている。

都会でできるエンタメ、田舎でできるエンタメに格差がなくなったらどうなると思いますか?

例えばプペルVRはイオンみたいな商業施設でも体験できるし、田舎にも持っていくことができる。実際に東京や大阪のアミューズメント施設でもやっています。

すごい考えることの1つが同じ体験をするでも、どこで誰と体験するかで価値はすごい変わるんじゃないかというとこです。

アミューズメント施設のなかの数ある中の1つとして体験するプペルVR。

地元の田舎で体験するプペルVR。

両者を比べるとインパクトに残るのは地元で体験するプペルVRのはず。

この違い何なんだろうってすごい考えるんですけど、ホーム、アウェイだとホームで体験できる安心感みたいなものはあるかもしれません。

プペルVRのもう1つの特徴として複数人で楽しめる、というのがあります。

地元でやるもう1つの価値は、近いので友達同士を誘いやすい。

という点もあるかもしれません。

主催との距離感の近さ

主催した僕やスタッフ、来てくれた方の距離感も大事かもしれません。

例えば都会のアミューズメント施設に行ったら、関係性ゼロの人がやってるものを体験します。仮にすごいものを体験したとしても、誰とも何も共有できなかったら凄さよりも寂しさが残る体験になることもあると思います。

キングコング西野さんがエンタメの届け方、レストラン型とBBQ型について書いてるのですが今回それをすごい実感してます。

何年も前から話していますが、エンタメの主流は今、“プロが作ったものをお客さんに届ける”『レストラン型』から、“お客さんが食べるものを、お客さんと一緒に作る”『バーベキュー型』へと映っていて、まだまだ多くの作り手(とくに昔の人)が、このことに気がついていません。
そうこうしているうちに、エンタメは次なる進化を遂げます。
『レストラン型』の強みは「美味しい(クオリティーが高い)こと」で、『バーベキュー型』は「焦げた(味は落ちる)けど、楽しいよね」といったところだったのですが、バーベキューを重ねまくっているうちに、ここにきて、『バーベキュー型』の肉の味(クオリティー)が『レストラン型』を超えはじめてきました。

今回のプペルVR岡山は僕みたいな一般人が主催してるBBQ型のエンタメで、演出とか絶対レストランには勝てない部分もあるんですけど、レストラン型にはない面白さもあったはずなんですよね。

都会の大企業が提供してるエンタメ→レストラン型

田舎で僕みたいな個人が主催したエンタメ→BBQ型

違いの1つは主催とお客さんに関係性があるかないかだと思います。

プペルVRが複数人で楽しむ設計になっているので、コンテンツそのものがBBQ型のエンタメ。なので、いかにお客さんと一緒に場を作るかっていうのが大事。

そのために関係性のある人達と見やすい環境をつくること。ホームタウンで開催することや田舎で開催する意味は、この辺にあるのかもしれません。

主催する人とお客さん、お客さん同士の距離感の近さが、都会ではない矢掛町みたいな場所でやる1つの面白さだと思います。

といいながらも来てくれた方とのコミュニケーションは行き届いてない部分がたくさんあると思います。。。すいません書いていてコミュニケーション大事だなと思ったので、今度やるときはもっと意識します。

色々と書いてますけど、大前提としてえんとつ町のプペルっていう大ヒットしてる絵本があり、それをVR化したプペルVRっていうめちゃくちゃクオリティーの高いコンテンツがあること。

この大前提があってのBBQ型の岡山プペルVRです!これを僕みたいな人間に主催させてもらえるのがありがたすぎます。

技術が進化してプペルVRみたいな場所を選ばないエンタメが増えてくる先には何があるんだろうなあ??

考えるのが楽しくて仕方ありません!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0