融資 予算計画書(4_5ページ).png

どーも、冨安です。

すっかり暖かくなってきましたね。

普段は物理的には杉にめちゃくちゃ囲まれたとこに住んでいるのですが、不思議なことにほぼ花粉症の症状がありません。

都会に住んでたときは酷かったのですが。

体質が変わったのか、花粉そのものでなく花粉☓いろいろと混ざったものが悪いんでしょうか?

なぜかは分かりませんが花粉症の症状がないのはありがたいです。

そして来年度も近いですが、昨年は中途半端になってたドローンを力を入れてやっていきたいと思っています。

やるならドローン一本で。

昨年は1年間総じてまったく自分の方向性が分からなかったです。棚田のことをやりながら生計を立てる生活は、会社員とは全く異なり難しいと感じました。

大学を出てから最近の7年で去年暮らしは最も不安定で、方向性も分からず気づけばバイトばかりしていました。

が、ふとしたときにスイッチが切り替わりまたドローンにたどり着きました。

ドローンでやっていきたいと思う理由が2つあります。

①初めてドローンを飛ばしたときの感動体験。空からの感動が身近になれば地域はもっと面白くなるんじゃないか!?

②地域は何も知らずに通り過ぎてしまうことが多いけど、住んでれば面白いいろんなストーリーを知れる。ドローンを使うことで空から地域と人をつなげて、地域を伝える手段が増えるのではないか。ファンを増やすことや落とすお金を増やすことができるんじゃないか?

ここがドローンを飛ばし始めたときから思っていることです。かつ僕が東京ではなく田舎にずっと住んで今も棚田再生などの活動をしているから出てくる発想だと思います。

この原点に立ち返り、まだ社会にない価値を生み出していきたいなと。

ドローンで「空のツーリズム」を作り、上山が誇る棚田の魅力を伝えたい! – FAAVO岡山

クラウドファンディングもやった企画の延長線上です。

今の状態で続けるか、融資を受けてやるか?その他か

去年やってて行き当たりばったりだけでは厳しいことがあり、どこでどう収益化をするかもっと真剣に考え動かないと金銭的もメンタル的にも続かないと思いました。

ドローン空旅チラシ

例えばこうしたチラシを作る、印刷する、配るなどの作業1つとっても何かと手間とお金がかかります。先行投資も必要だと思うので金銭的な体力も大事だと思いました。

今の状態でも動けることは動いてますが、リスクはあれど融資を受けて1年ドローンを振り切ってできる環境を作りやるのも1つと考えています。

起業している方や支援をしている方とお話してみて、考えてることをアウトプットしています。

収支数パターンを計算していくら売り上げが必要で支出がどれくらいで利益が…など数字を見てたらやることが具体的になってきたので、次につながりある方から金融機関を紹介してもらう予定です。

正解が分かりませんが、下記のように作ってみてます。

出ていく金を先に計算して、じゃあどれだけ売り上げが必要か?どんな動きが必要か?と色んなパターンを逆算して考えるようになりました。

行き当たりばったりだけでやってたので大きな進歩です。

パターン①

融資 予算計画書 1 5ページ

パターン②

融資 予算計画書 4 5ページ

売り上げとか全て希望で、どうやったら書いてる売り上げ実現できるか別問題です。

僕が最もやりたいのは、空から地域と人(旅行者)をつなぐアクティビティ。ここを形にするのが第一です。でもこれは基本来客が土日に限定される上に、天気にも依存するので全く収益の基盤として当てになりません。

そのため平日は法人向けの仕事を取るなり安定する基盤を作らないと成り立たないので、ドローンのプログラミングも掛け合わせてやるのがベターと考えています。

1年の間にドローン☓ツーリズムやドローン☓プログラミングで結果を出せれば、1年後の収益化はどうにでもできるはずです。

融資はあえてやる必要もないけどやってみたい。

融資を受けなくても出来ることはたくさんあるし、あえてやる必要はないものです。

はたまた他の手段もあるかもしれません。

ただこれまでの延長線上とは違う発想でやる必要があるとフィーリングで思います。

タイミングも来年以降では完全に遅くて、今年だなと考えています。

やったらどうなるのか?そもそもやれるのか?

不確実なことしかないし、需要があるのか、解決できる課題がそもそもあるのか?

やらない理由はいくらでも出てくるのですが、やってみたいですね。

ドローンやAR、AI、スマートグラスなどのテクノロジーが結びついだとき、テクノロジーで日本の観光は相当面白くすることができると思います。

この自分のなかにある未来の観光のイメージを実現したい…!っていうのがモチベーションで、まずは手元にあるドローンというテクノロジーを駆使してやっていきたい次第です。

去年全くもってやりたいことが見えてなかったことを考えると、今クリアにやりたいことがあるのは嬉しくありがたいです。

融資についてはわからないことが多いので、下記のように収支書作ってみてますがツッコミどころがあったら教えてもらえると嬉しいです。

パターン①

融資 予算計画書 1 5ページ

次の流れとして知人に収支書を確認していただいたので、その知人経由で金融機関の方を紹介してもらう予定です。

どうなるか全くわからないですし、リスクもありますが勝負してみる価値はあると思っています。

やったことないことをやるのは楽しいので発信しながら動いてみます。

またこちらは現在も受付しておりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ(^^)

ドローン空旅チラシ