THIS_IS_NOT_A_STORE___現在のカゴの中.png

どーも、冨安です。

先日初めてAmazonPayというAmazonの決済サービスを使う機会がありました。

購入者様 | Amazon Pay

2015年から始まってるみたいなんですが、初めて知りました。Amazonが決済サービスを持ったらやばいことにならないか?

と直感的に思ったので、なんでなのか考えています。

AmazonPayはAmazon以外のサービスで、Amazonの決済情報を使えるサービス。

THIS IS NOT A STORE 現在のカゴの中

Amazonが決済サービスを持ったら、あらゆるネット上の決済はAmazonが主導権を持つ。

なぜならすでに多くの顧客データベースを持っているから。

Amazonで買い物をして、Amazonの決済は楽だし抵抗がない人が多い。

あらゆるネット上の決済はAmazonになっていくんじゃないか?

例えば楽天市場で支払い方法に、AmazonPayを選べるような感じになるんじゃないか?

とか思います。

Amazonはショッピングに限らず、あらゆる決済情報を持つようになる。

人々の財布を握ることになる。

どこでいつどんな買い物をして、どんなことにお金がかかるか?

一般大衆のお金の流れを掴むことになり、個々の信頼が分かることになる。

そうすると融資業がスムーズになる。

都市銀行にはないギフトカードやポイントカードなどの特典をいかして、Amazon銀行に囲い込む。

都市銀行よりもAmazon銀行を使ったほうが、色々とお得になりそうじゃないですか?

僕だったらゆうちょ銀行よりもAmazon銀行を使いたいです。

メリット多そうなので。

Amazonがインフラから税金の支払い、買い物まであらゆる決済を担うようになり、Amazon中心の社会システムが出来上がるんじゃないか?

ここを目指して、いまAmazonはベースとなるAmazonユーザーを地道に増やしている。

ショッピングはもちろん、KindleUnlimitedやプライムサービスなどを使っている方も多いはず。

クラウドファンディングをやってる会社が銀行代わりになる日も近そう。もう始まってるかな??

金融業の在り方が全く異なる時代になりそうですね。

下記エントリーは読み物として面白いです。

【amazonに都市銀行が敗れる日】とは|池松潤 Jun Ikematsu|note

「amazon銀行」からお金を借りる日|池松潤 Jun Ikematsu|note