どーも、冨安です。

先日週末イオンに行く機会がありました。岡山駅前にあるイオンは巨大で週末や祝日はよく賑わっているっぽいです。

北海道にいるときもイオンは週末よく賑わっていまして、地方の人にとって週末を巨大ショッピングモールイオンで過ごすことはスタンダードな印象です。

イオンに行ってしまえば、あらゆる買い物や飲食、娯楽まで1つの場所で完結されますので楽ですよね。

イオンにいる人たちは何をしたいのか?

どんなふうにお金を使ってるのかなー?と考えながら歩き回ってみました。

なぜこれだけの人が週末イオンに集まるんだろうか?

目的は何なの?

と不思議でなりません。

基本的にはこれといった目的がなく行く人が多いのかなと思っています。

目的がなくとも行けばそれなりに時間を潰せるので。

家にいてもしょーがないしとりあえずイオン行くか、みたいなルーティーンがあるのかなと。

友人や家族と楽しい時間を過ごせればOKみたいな層が多いイメージ。

そして一人で休日にやることがない人はパチスロに流れてるのではないかと思います。

家にいてもしょーがないしとりあえずパチスロ行くか、みたいなルーティーンがある会社員や公務員は多いんじゃないでしょうか。

イオンやパチスロに流れるお金は、地方に流れていいお金でもある。

週末イオンで時間を過ごしている人たちは、地方に足を運んでお金を落としてくれる層でもあるよなーとイオンを歩きながら考えていました。

楽しい時間を過ごすためのお金を消費している、という点でイオンも地方の観光地も同じ。

いったいイオンやパチスロで消費されていくお金はどうやったら、もっと地方に流れていくんだろうか?

もしイオンやパチスロに流れるお金が、地方に流れるだけでだいぶ地方は潤うし地方はすごく可能性があるなあーとイオンを歩きながら考えていました。

観光の視点でみるとイオンで過ごす時間を、どうやって地方で過ごしてもらえればいいか?

なぜイオンに行く人はこれだけいるのに、地方には足を運んでくれないのか?お金が落ちないのか?

イオンから学べることはたくさんありそうです。

人間観察の場としてのイオン、楽しいです笑