どーも、冨安です。

最近上山に住み始めた5人のバングラディシュ人と半共生生活を送っております。

45240866 1947763915314717 1291202194359451648 o

彼らは日本語を勉強し始めて2、3ヶ月くらいで、家ではよく新しく覚えた日本語を使ってきます。

英語である言葉はどういう意味か?

日本語でーーは英語で何なのか?

ある英語はベンガル語では何なのか?

僕はバングラディシュの母国語ベンガル語を勉強し始めたので、新しく覚えたベンガル語をよく使っています。

英語、日本語、ベンガル語を頭で置き換え言葉に出すという作業を日々していて、これはとても頭が活性化するように思います。

3つの言語を比較すると日本語は主語があいまい。

バングラディシュの彼らの会話は基本的にベンガル語です。

基本的に分からないのですが、単語単語はたまに聞き取れます。

そこで思うのがベンガル語は、主語を結構強調するなあということです。

アミ=私 アプニ=あなた アマデル=私達

でとかく主語を表す言葉が会話のなかでよく出てくる印象です。

一方で日本語では

私は、僕は、あなたは

とかいちいち言わないことが多くないですか?

空気を読む、行間を読む

という言葉があるように、言わなくても流れの中でお互いに理解しあう文化があります。

誰がやってるかを言わないことで、責任を曖昧にするような文化でもあるのかもしれません。

島国ならではの特徴でしょうか?

一方で英語、ベンガル語は主語の位置づけは大きいように思います。

色んな民族が入り交じると空気を読んでる場合でもないので、誰がやっているか?

ハッキリさせたいんでしょうかね。

言語には国民性が出るんでしょうね。