どーも、冨安です。

最近介護施設でバイトしてまして僕には真新しい世界なので結構面白いです。

介護現場の主な仕事は出勤時間によりますが、食事介助やトイレ介助、風呂介助

そのほか飲み物だしたり、洗濯したり、1日に一食は利用者向けの食事を作ります。

家事全般のスキルが上がる

さらに具体的に何をするかと言えば、例えば食事介助では1人では食べれない人にご飯を食べさせたり、声をかけて食べてもらうように誘導したりします。

お風呂の介助は車椅子の方が非常に難しいですが、自分でできないとこを手伝います。

服の脱着など。

要介護レベルの高い方は、トイレなどオムツを替えたり座るの手伝ったりします。

いきなり便が漏れることとかちょくちょくあります。

いずれにしても介護業務はこんな感じで、日常生活の延長にあることがほとんどです。

そして一日に一回は9人分のご飯を作ります。

現場のおばちゃんたちがやいのやいのいいながら色々と教えてくれまして、僕は料理がこれまでより面白くなりました笑。自炊はもちろんですが自分で弁当を作るようになりました。

これはすごい変化です。

ご飯と晩の残り物を詰めるくらいですが、この段取りをするようになったのがこれまででは考えられません。

我ながら家事全般のスキルが向上したなと思います。

育児が苦手な方は介護業務をぜひ

家事全般のスキルが上がりますが、特に育児のスキルと直結することが多いと思います。

認知症の方はその人の段階によりますが、子どもと同じような印象を持ってます。。

服を着せるとかオムツを交換するとか、料理作るとか、接し方まで。

介護業務は僕はそんな抵抗ないです。

そして介護でやることと育児でやることは、そんな変わらないんじゃないかと想像します。

育児に自信のない方は介護業務をしてみてはいかがでしょうか。

色々と勉強になることが多いかもしれません。