ドローンと地域で遊ぶエンタメ常態サービスin上山

IMG_0969.jpg

どーも、冨安です。

ドローンで「空のツーリズム」を作り、上山が誇る棚田の魅力を伝えたい! – FAAVO岡山

昨年度やっていたクラウドファンディング企画を常態的に受け付けてやっていきたいと思います。

イベント的ではないやり方で、上山に来た観光客が「あーこんなのあるんだー。面白そうだからやってみようかー。」

というノリでできるイメージです。

このイベントでやったことを有料サービスでやる感じです。

何をやるか

上山は土日祝日は温泉施設周辺など観光客がボチボチ来てますが、遊ぶ何かがたぶん少ないと思います。

フラッときた観光客の人向けにドローン遊び考えてます。

IMG 0969

GH010789 MP4 と 100GOPRO 3

IMG 1440

遊んでもらうことをおかたくいうと

①ドローンの操作

②Gogglesで空中散歩

③動画写真データプレゼント

です。

IMG 5626

具体的には2コース考えてます。

40分の軽めなコースと90分のがっつりコースです。

40分は結構すぐなので1箇所で操作レクチャーとワンフライトくらいかなー。

90分の方は2箇所で異なるフライト体験をしてもらえます。

全部イメージですけども。

この過程をgoproで動画撮ってもらい、映像制作ワークショップ的な感じでパッケージ化するのもありですかね。

ポイントは

①Gogglesで鳥になったように上山の棚田の空を飛び回ることができる
②ドローンを初めての人も操作をレクチャー。初心者でも楽しんでもらえること。
③1名~4名まで。家族や友人、カップルで楽しめる思い出づくりに
というところです。

90分の方は2箇所で異なるフライト体験をしてもらえます。

全部イメージですけども。

料金と受け付け方

料金設定と受け付け方は悩むところです。

1名あたりにするかグループ単位で料金設定をするか?

どうしようか悩むのですが

1~4名まではグループ単価で同じ価格でやってみようと思います。

40分コースが1~4名まで 3000円

90分コースが1~4名まで 5000円

安いか高いか?

人により感じる印象は様々かと思いますが、人数は多ければ多いほど安くなります。

お一人様は視野にいれずにやってみよーかと。満足してもらえる体験を提供してもらえるかは僕次第ですね。

ポイントはドローンでなくコミュニケーション

今回の企画でポイントで面白い!

と感じてもらうために重要なことは、どんなコミュニケーション作れるかだと考えてます。

①ドローンを操作する人

②Gogglesをつけて、その景色を見る人

と2つの役割があることが重要なとこで、僕が操作したらたぶんつまらんです。

DQmcOfFWAAE3bXs

例えばお父さんが操作して、子どもがその景色をみる。

その光景をお母さんが写真に撮る。

絵的にも体験としてもグループでやってもらったら楽しくなる企画だと考えてます。

どう集客してどんな風に予約をするか?料金設定とか。

どうしようかなという感じですが、5月の連休には受け付けれるようやりながら考えます。

いつも通りの行き当たりばったりです。

春の青々とした今のシーズンはドローンを飛ばしても気持ちいいですね。

DJI 0019

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

なぜ就活自殺は起こるか?どうすればなくなるか。

どーも、冨安です。

先日就活に関するこんな記事を読みました。

就活自殺 | KAZUMA IEIRI

就職失敗で自殺する大学生が1000人を超えたらしい。悲し過ぎる。80社に申し込んでダメだったら人格全否定されてる気にもなるだろ。雇用情勢がどうとかじゃなく、就活しない生き方をみんなに知って欲しい…死ぬほどのことじゃない。

就活という同調圧力の中で、追い詰められて、絶望し、死を選ぶ。もはや自殺では無く他殺。悲し過ぎる。就活に悩む子に、それでも頑張れ、なんて僕は言えない。就職なんてしなくても死にはしないよ。休学でもニートでも何でもいい、逃げて自ら余白を作らないと、追い詰められて人は簡単に死んでしまう。

何度も言うけど、追い詰められたら人は簡単に死ぬよ。その死は自殺では無く、もはや他殺。立ち向かうなんてもっての他、追い詰める側が引かない限りは、とにかく逃げて自分で余白を作るしかない。そして、逃げた先でまたその後のことは考えたらいい。就活以外でも同じです。

実際就活で自殺を選んでいる人がいるとしたら悲しい。

若くて20代前半とか可能性しかないはずなのに。僕も就活上手くいってなくて気持ちは分かるような気がする。僕は結果として就活からは逃げて別の選択肢とって生きてるのですが、他人事に思えない。

就活に限らず追い詰められて死ぬことを選んだ人の気持ちを僕は分からない。

他にもっと選択肢があり逃げることを選んで欲しかったと思うけど、追い詰められてるときには周囲が見えなくなってると思います。

「自分はダメなやつ」

「みんなが就職だから、自分もそうしなければならない。」

と思い込むことや周囲と比較して自分には価値がないと思い込むこと。

この思考がどん底までいくとやばくて、抜け出せる人と抜け出せない人の違いは家入さんも書いてますが。

一旦客観的に自分を見るような余白を強引にでも作れるか?

それを許す周囲の環境があるか?

なんてとこによるのかなと思います。

選択肢は色々あるはずなのに、なぜ1つの生き方しかできないと思うか。

就活でも過労死でも追い詰められて自殺を選ぶことは、社会が人を殺していることとイコールと思います。

どんな人であれ生きていいはずですから、社会が人を殺すような日本の文化は消えてなくなって欲しいです。

生き方の選択肢は1つではないのに選択肢がないと思い込んでしまう背景は、みんな同じであることを求め続ける教育の問題があると思います。

これも家入さん書いてますが

同調圧力であり、空気を読む、和を尊重する。他人に迷惑をかけてはならない。

といった日本ならではの文化が背景にあるのかと思います。

先日インドに行ったときにインドの教育の考え方について聞きました。

お前は人に迷惑かけて生きているのだから、人のことも許してあげなさい」

迷惑の定義によるのですし、インド人により考え方も違うと思うのですが。

僕がいたインドニューデリーのメインバザールにいたインド人たちは、空気を読むも和を尊重するもくそもない感じでして笑

29571427 1813464635390452 1578646478576544384 n

個々がそれぞれ本能のまま日々を生きてるような、日本にはないインド人のギラギラ感はなんだろうかとずっと思ってました。

インドはカースト制度があり職業の選択の自由もない人はなさそうでした。それでも町を歩いてる人は皆ギラついている。

インドにいたのは2週間くらいだけど、インドのストレスと日本のストレスは全く違うタイプな気がしました。

インドでは感情がストレートになる気がして、イライラしても明日には忘れるような感じ。日本の自殺や過労死みたいなことはインドではないんじゃないだろうか。

日本のストレスは厄介で、じわじわと心を締め付けられて全てを押し殺したくなるような陰惨なストレスなイメージ。

カースト制度で職業の選択がない人がいるようなインド。一方で人生色んな選択肢をとれるはずなのに自殺を選んでしまうような社会の日本。

暮らしの便利さや快適さで日本はインドのはるか上をいってるけど、だからといってそれが人の幸せとはイコールでない。

日本は豊かな国で五体満足で生きれるだけで本当に恵まれているはずなのに、なんで希望を持てず死ぬことを選んでしまう若い人がいるのか。

押しつけられた価値観のなかで生きるのでなく、みんなが好きなように生きてる世の中の方が僕は生きやすいのでそんな世の中になるように頑張りたい。

色んな生き方があることを子どもの頃から知ること。

じゃー就活でもなんでも社会が人を殺さないためには?

子どもの頃から色んな生き方や暮らしがあることを学び知れるような教育が、大事なのかなと思います。

例えば会社に勤める、田舎で暮らす、海外の文化に触れる。

色んな世界があることを知っていることは、きっと人生の助けになるんじゃないでしょうか。

僕もこのあいだインドに行ってみて、日本がダメだったらインドにいこう。みたいな考え方できるようになりましたし(笑)

子どもでも大人に対しても、常に色んな生き方や働き方に触れる環境や社会であることが就活とかで自殺する人を減らすことに繋がるのかなと思います。

今の生き方に絶望してたら上山きてください。

就活に絶望して若い人が死ぬとか悲しすぎます。

そういう人が一人でも減ればと思うのでやれることやっていきます。

会社に就職でなくても、存在する色んな生き方の1つが

「農のある暮らし」

で上山で田んぼをやったり実際にやっていることです。

農業とはまた違うのですが、生活のなかに農がある暮らしはすごく豊かです。

自然と繋がりながら日々を過ごせるような暮らし。

最近これめっちゃいいなと思っていまして。

自然のなかで体を動かすのって気持ちいいんですよね。

草刈りでも耕すでも燃やすでも何でも。

都会で家にひここもってPCの前に居続けたら気持ちはマイナスに傾き続ける気がするので、自然の中で体を動かすことは結構大事でいいことだと感じてます。

だいたい余計なことを忘れますから(笑)

ホント就活したくないとか死んでしまいたいとか思ってる人は、上山きてくださいな。

僕電話番号これ→080-3569-4907 メールこれ→aolarena16@gmail.com

なんで連絡ください。

一緒に耕作放棄地でひたすら草刈りしたり開墾したり、何か野菜つくったり田んぼしましょうよ。

僕が伝えられることは特にないですが、自然が色んなことを伝えてくれます。

19642457 1473727396030846 8721633334563825419 n

こういう受け入れを出来るようになりたいのと、届ける人に発信を届くようにやっていこーと思います。

そして共感していただける方は一緒になにかやりましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

インドでは人と野良犬が上手いこと共存していた。

どーも、冨安です。

インド滞在シリーズです。

日本にはなくインドでは日常的な光景の1つに、そこら辺に野良犬がたくさんいることがあげられます。

インドでは野良牛や野良犬、野生のサルもみかけました。

なかでも犬と牛は割とそこら辺を歩いていて、これは日本ではみない風景です。インドでは牛は神聖な動物で食べることはありません。宗教の関係で牛と豚はあまり食べれるところなかったです。

30414944 1823371547733094 500393737575202816 n

人と犬が上手いこと共存していた。

デリーのメインバザールというとこにいましたが、野良犬が危険と感じることはあまりありませんでした。

深夜は気性の荒そうな犬がケンカしたりしてましたが。

基本的にデリーの犬は、夏バテで疲れてるのかやつれてやる気がない感じの犬が多いです。

日陰で寝ている犬がほとんどですね。

面白いのが野良犬が人間社会に馴染みすぎているところ(笑)インド人は基本的に野良犬は放置です。

日本だったら排除しそうなところを、そのまま放っておいている。

野良犬は攻撃的かといえばそういうわけでもなく、インドの人間社会のなかでどう生きるかちゃんと考えている。

人に迷惑をかけないように賢く生きているように見えました。

人間にも縄張りがあるように、野良犬には野良犬の縄張りがあるようでして、だいたいいつも同じ犬が決まった場所にいます(笑)

それも例えば屋台の下の日陰とかホテルの入り口の脇とか、商売の邪魔にならないような自分の居場所を確保しています。

30414944 1823371547733094 500393737575202816 n

ペットとして飼っているわけではなさそうなのですが、暗黙の了解なのか人間社会のなかに居場所を確立している野良犬が多かったです。

インドの排除はしない感じが好きだ。

野良犬が馴染みすぎているインド社会。

好きなのは別に犬にかまいもしないけど、排除もしない感じ。

放って置いているんですよね。

デリーにいたインド人の印象は、基本的にみんな本能のまま生きていて俺俺俺俺!みたいな感じで自分の目的以外のことには目が向いていないイメージ。

日本でいう和を尊重するとか空気を読む、みたいなのは一切ないですね。

良くも悪くも。

例えばゴミとか自分の目の前だけは掃除するのですが微妙にゴミの位置が変わるだけで、町全体としては何も解決しないとか。

そんなインド人ですが、何でもそのままにしておく感じはいいなあと思います。

例えば日本だったら、和を乱す人やグループで異質な人は排除するじゃないですか。

インドはカースト制度でものすごい差別はあるかもしれないですが、そのままにしている。

大陸で色んな人や文化が入り交じっているインド、島国で異質な文化や人が交わることの少ないかもしれない日本。

たぶんインドのストレスと日本のストレスは全く別物で、インドだと常に感情がストレートになるんじゃないかなと思います。鬱病とか過労死とかない。

日本は感情とかを殺して殺して、まわりに伺いを立てて・・・みたいな部分があると思います。

日本社会が嫌になった人はインドに行ってみたらいいと思います。たぶん気楽になります。

インドの人間社会に馴染みすぎていた野良犬からこんなことを考えてました(笑)

よく分からない不思議な国だ。

インド。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

空港のセキュリティーが厳しいインドと緩い日本

どーも、冨安です。

コンビニがないインドと異様に多い日本

インドシリーズその2です。なんでインドかどんな滞在していたかとかおいおい書いてきたいと思います。

今回はインドの空港事情についてお伝えします。

今回僕はインドの中でも首都デリーのインディラ・ガンディー空港を利用しました。

国際線の場合はターミナル3を使いますが、ここは2010年に出来た割りと新しい場所でインドにしてはきれいです。

IMG 1747

空港への出入りがかなり厳しい。

日本の空港にいると感じないのですが、空港への出入りはかなり厳重でした。

空港に到着してから一回、ターミナルの外に出るともう中に入れません。

出入り口には強面の警備員が必ずいて、中に入るには飛行機のチケットを見せる必要があります。

また飛行機出発の6時間前にならないと入ることができません。

飛行機出発の6時間前になり、飛行機のチケットをみせて、ようやく空港内に入ることができるという。

ちなみに入国のときはパスポートとVISAがいります。

VISAはオンラインで取得できるツーリスト向けのVISAがあるので、オンラインでいけました。1ヶ月以内の短期滞在ならオンラインVISAが便利です。

インドビザを取得しよう 2016「電子ツーリストビザ eTV」編 – インド号

IMG 1746

IMG 1745

なんで空港の出入りが異様に厳しいのか?

日本だと空港の出入りは基本的に自由じゃないですか。

なぜインディラ・ガンディー空港は厳しいのか。空港の出入り口は、謎にインド人がめっちゃたくさんいるんですよね。

この人達は誰かを待っているのか?

それともこれからどこかへ行くのか?

分からないのですが、空港出入り口あたりはめっちゃインド人がたくさんいるという。

ターミナルを出ると詐欺師っぽい人もたくさんいるんですが、詐欺師の人も一定のラインまでは追って来れないんですよね。

空港内は冷房もきいていて快適なので、出入りを制限しないと空港内がごった返しそうだなとは思いました。

インド人めっちゃ空港に住み始めそう。

このインディラ・ガンディー空港のターミナル3は、インドではそれくらい屈指の快適さだと思います。

そしてセキュリティーが厳しいインドの空港から関空に戻るじゃないですか。

めっちゃ快適なのにセキュリティーとかないようなもので、空港への出入りも自由。

安全な証拠ですね。いいことだと思いました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

コンビニがないインドと異様に多い日本

どーも、冨安です。

2週間ほどインドに行っていました。

お金を3000円だけ持っていった滞在でして、色々とあるのですが気づいたことを忘れないうちに書いてこーと思います。

滞在中はお金もない状態なので、働いて寝る場所と水を確保してチップをもらい生きてました。

滞在していたのは首都のデリー。

そのなかでもニューデリーのメインバザールという、バックパッカーとかも集まる混沌としたエリアでした。

1960年代とか高度経済成長期くらいの日本なイメージか。

29571427 1813464635390452 1578646478576544384 n

インドにはコンビニがない。

感じたことの1つがインドにはコンビニがないなーということ。

インドといっても広いので探せばあるんだと思いますが、僕が滞在しているときはコンビニは見かけませんでした。

かわりに家族経営と思われる個人商店が多かったですね。

メインバザールは商店が細分化されていて、日本みたいな何でも揃ってるコンビニとかショッピングモールはありませんでした。

IMG 1738  1

インドは夏で40度いかない位の暑さですが、冷房がきいている場所もほとんどない感じ。

便利さ快適さでいえば、フィリピンの首都マニラの方がかなり進んでるのかなと感じました。

コンビニやショッピングモールがない。

ということは逆に個人商店が何でもあるということで、服屋、生地屋、薬屋、旅行代理店、食料販売店。さらにはジュースや食べ物など屋台がひしめき合っていました。

またカースト制度で様々な立場の人がいるだろうし、旅行者もそれなりにいる。

野良犬や野良牛もいる。

車やリキシャーもひしめき合い、クラクションは鳴り止まない。

全てがごちゃ混ぜ。

カースト制度で差別はあるかもしれないけど、何でも受け入れ排除はしない感じ。

この感じはメインバザールにいて好きなところでした。逆に日本には異質なものは排除するところがあるかもしれません。

もし日本のようにコンビニやショッピングモールが乱立するようになったら、こんな混沌はないのかもしれません。

インドかこのエリアは外資の参入を制限しているんですかね?

それともインドに参入するのが難しいのか?

東南アジアだとセブンは見ること多いので、インドもあるものだと思ってました。

日本はコンビニが多く、クオリティーの高さ半端ない。

インドから帰ると、コンビニのクオリティーの高さが半端ないと改めて思います。

あんなに美味しい弁当やおにぎりを、いつでも毎日必ずいけば置いてあること。

毎日毎日安定的に供給し続けていること。

それを支える生産体制や物流の仕組みが整っていること。

インフラが当たり前にあること。

日本ではごくごく当たり前なんですが、本当にすごいと思います。

例えばインドでは夏場は停電が多いとか、約束を守らないとか多いらしく、日本みたいなレベルのコンビニができることはなかなか想像できない。

一方で日本みたいなクオリティー高いコンビニがたくさんあると、悪い側面もありますよね。

コンビニって人を駄目にすると思うんですよねw

24時間いつでも簡単に、美味しい食べ物が手に入ってしまうわけじゃないですか。

余計なものを食べる機会が増えてしまうし、肥満や病気の原因になりません?

コンビニって。

インドから戻って日本のコンビニやスーパーにいくと、食品や飲み物のバリエーションの豊かさや美味しさ、日常的すぎて気づかない利便性の高さを改めて感じた次第でした!

これはきっとそこで働く方々の決められたことを決められた時間までにやる。色んな人の小さな仕事のおかげだと思います。

日本の24時間コンビニが当たり前にある暮らしの便利さ快適さは圧倒的ですが、その快適さ便利さを当たり前と思わずに支えている人やモノに感謝しながらやっていきたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0