001109730.png

どーも、冨安です。

ドローンを飛ばし始めて約1年くらいになります。

これまで夕張市と美作市の上山と住んでいるところがど田舎なので、特に申請許可を出さずにドローン飛ばしていました。

だた色んな場所、シーンで飛ばすためには申請が必要になってくるので、機会があり申請してみました。

航空法では200グラム以上の機体が規制の対象になります。

①どんな空域で飛ばすか?

②どんなシーンで飛ばすか?

この2つが違法になっていないか、確認しながら飛行することが求められます。

①どんな空域で飛ばすか?

どんな空域で飛ばすのが違法になるのか?国土交通省に記載があります。

001109730

航空:無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール – 国土交通省

空港周辺、人口集中地区、150m以上の空域

これらの空域では飛ばすことができません。

人口集中地区 – Wikipedia

人口集中地区は国の基準で定められた人口密度の高いエリア。国土地理院やどろーんまっぷなど、調べ方は色々あります。

②どんなシーンで飛ばすか?

次ぎにどんなシーンで飛ばしたらダメか。

飛行させる場所に関わらず、無人航空機を飛行させる場合には、以下のルールを守っていただく必要があります。

[1] 日中(日出から日没まで)に飛行させること 
[2] 目視(直接肉眼による)範囲内で無人航空機とその周囲を常時監視して飛行させること
[3] 人(第三者)又は物件(第三者の建物、自動車など)との間に30m以上の距離を保って飛行させること 
[4] 祭礼、縁日など多数の人が集まる催しの上空で飛行させないこと 
[5] 爆発物など危険物を輸送しないこと 
[6] 無人航空機から物を投下しないこと


 上記のルールによらずに無人航空機を飛行させようとする場合には、あらかじめ、地方航空局長の承認を受ける必要があります。

国土交通省HPより

ドローンを飛ばすときは上記にあるようなことも気を付ける必要があります。

申請は該当する地方航空局に。

例えば人口密集エリアでドローンを飛行させたい!

というときは住んでるエリアにより東京航空局か大阪航空局に申請を出す必要があります。

この辺りの流れも国土交通省のHPに記載があります。

航空:3.許可・承認手続きについて – 国土交通省

一度のフライトのために申請をすることもできるし、複数回異なるエリアでのフライトをまとめて申請することもできます。

(包括申請)

〇同一の申請者が一定期間内に反復して飛行を行う場合又は異なる複数の場所で飛行を行う場合の申請は、包括して申請することが可能です。

(代行申請)

〇飛行の委託を行っている者(委託元)が委託先の飛行をまとめて申請する場合や、複数の者が行う飛行をまとめて申請する場合などについては、代表者による代行申請が可能です。
※なお、報酬を得て、官公署に提出する書類の作成を、行政書士以外の者が行う場合には、行政書士法違反となります。

(許可等の期間)

〇許可等の期間は原則として3ヶ月以内としますが、継続的に無人航空機を飛行させることが明らかな場合には1年を限度として許可等を行います。

国土交通省HPより

僕は今回、大阪航空局に包括申請をしました。

申請書について書き出すと長くなってしまうので、また整理してお伝えします。

果たして無事許可は下りるのでしょうか?

これが通ったら合法的に色んな場所で飛ばせるようになるなあ。