観光に一役買う。鳥の視点になれるDJI GOGGLES

s1-product-911a61818eb9af1247addf2b16036e04.png

どーも、冨安です。

ドローン市場を独占している中国のDJI社から面白いアイテムが登場しています。

DJI Goggles – Immersive FPV Goggles

DJI GOGGLESというFPVゴーグルの商品。

S1 product 911a61818eb9af1247addf2b16036e04

<https://www.dji.com/dji-gogglesより>

FPVはFirst Person Viewの略で、一人称視点でドローンの映像を見ることができます。

ゴーグルの中に、ドローンからみえる空の景色が広がってるイメージです。レース用ドローンで、ゴーグルをつけている人たちを見たことがある方は多いと思います。

僕が持っているPhantom4などでも、ドローンの景色が一人称視点で楽しめるわけです!

これは絶対楽しい。

何がすごいか?

ドローンを買ってから

ドローン×VR

この掛け合わせで空を飛んでいるような体験できるよなーと思っていました。

それでスマホに対応している安物VRゴーグルを試してみたりしたのですが、いかんせん酔ってしまう。DJIからドローンに対応したゴーグル出ないかなーとは思っていて、出てきてくれましたね!

DJI GOGGLESは安物VRゴーグルと比較すると、VR独特の左右の映像の重なりなどが少なく酔いづらい設計になっています。

またフルHD1920×1080ということで、ゴーグルの中に広がる世界はすごいリアリティーなんだと思います。

まさに空を飛んでいるような感覚を味わうことができるのだろうと想像します。

DJI GOGGLESは単に映像を楽しむだけでなく、頭を動かすことでドローンを操作することもできます。感覚的にドローンの飛行体験を楽しめそうですね。

まさに鳥になった気分になれるのではないでしょうか?

これは絶対楽しい。

観光コンテンツに一役買う。

ドローンは飛ばし始めてからずっと観光に役立つと考えてました。

ドローンを飛ばす飛行体験

ドローンからみえる景色

まずこの2つだけでも十分コンテンツになりうる。

ここにDJI GOGGLESが加われば、さらに新しい飛行体験や映像体験を提供できます。

例えば初めて来た観光客へのアテンドなどのシーン。

操作はホスト側がして、ゲストにはゴーグルをつけて座ってもらう。イメージはこの映像。

まず空を飛んでる感覚になる映像体験自体がすごい。

さらに俯瞰的に地域を見ることができるのがドローン×DJI GOGGLESならではの強み。

僕がいる上山であれば、電気自動車のコムスを導入しているので

①ドローンを使って俯瞰的に地域をアテンド

②実際にコムスで、ドローンでみた現場を走ってみよう

みたいな掛け合わせや流れを作れると思います。

この映像の2分あたりからのイメージ。1つの新しい観光体験を提供できるなと思います。

ディズニーでいえばスターツアーズみたいなコンテンツが、DJIドローンとゴーグルがあれば成り立ちうる時代。

出荷は5月20日以降、価格は57,800円・・・!

とりあえず上山でドローンとDJI GOGGLES使って何かできないか考えていきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ヤマを張る仮想通貨はXRP。

ビットコイン取引所_3分で口座開設___Coincheck(コインチェック).png

どーも、冨安です。

仮想通貨はじめました。ビットコインとrippleのXPRをゲット!

昨年の10月くらいから仮想通貨のことを調べ始めて、遊びで何種類か仮想通貨を買ったりしています。

僕もそこまでよく分かってないのですが、仮想通貨はかなり種類がありビットコインは仮想通貨の1つでしかありません。

銀行と同じように、WEB上にあるサービスで仮想通貨の口座開設はすることができます。僕はCoincheckというサービスを使ってます。

ビットコイン取引所 3分で口座開設 | Coincheck(コインチェック)

このCoincheckに財布機能があり、円と仮想通貨を交換することができます。

日本で仮想通貨が広がるのは円の信頼がなくなるときか?

貨幣といえば円やドルなどが日常的には利用されています。

ビットコインなどはビットコインでの取り引きが可能であれば、決済がめちゃくちゃ楽な点がメリット。海外とかでもビットコイン持ってればドルとかに交換しなくても取り引きできていいですよね。

紙幣も持つ必要がなく、ネット上に張り巡らされたチェーンに記録されます。

日本は銀行も充実していて円の信頼もあり仮想通貨が広がる必要性はありません。そこで銀行が充実していない途上国などから仮想通貨は広まるといわれています。

ビットコイン取引所 3分で口座開設 Coincheck コインチェック

最近レートをみているとビットコインを初めとした各仮想通貨が軒並み価値アップしています。

円の価値が上がったり下がったりするように、仮想通貨の価値も上がったり下がったりします。

例えば現在、1ビットコインの価値は17万以上。

僕が初めて買った昨年10月くらいは1ビットコインは5万くらいだったので3倍近く価値が上がっています。

価値の低いときに買って価値が上がったときに売る、投資目的で仮想通貨やってる人も多いです。

株みたいなものですかね。

僕がヤマを張っているのはXRP。

僕も遊びで何種類かテキトーに仮想通貨を買ってみたりしています。

例えばさっき書いたようにビットコインは、僕が昨年10月買ったときは1ビットコイン5万。

これが今は1ビットコイン17万くらいと3倍になっているわけで、円に換金すれば3倍元を多くとったことになります。

僕がヤマを張っていて、引き続きヤマ張っていきたい仮想通貨はripple社のXRPという仮想通貨です。

直感なんですがw

XRPも最近価値が上がっており、今は1XRPで約10円。

昨年10月くらいは1XRPで約1円だったので、10倍以上の価値に上がっています。

身も蓋もなく考えているだけなのですが、XRPも多少の乱高下を繰り返しながら長期的にはまだまだ伸びるのかなと思っています。

特に期待してないですけど、購入から1000倍くらい価値が跳ね上がったら最高ですよね笑

そのポテンシャルはあると考えているので、頑張って稼いでXRP投資をしていきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

4/30 上山ツーリズム 摘み草ツアーレポート

IMG_5147.JPG

どーも、冨安です。

上山では普段歩いているような場所に、食べることができる野草もたくさんあります。野焼きなどを通じて棚田再生をするが、植物の多様性を育むことにも繋がります。

棚田再生は地域医療にも繋がる。【上山ツーリズム 摘み草ツアー】

先日告知した4月30日に上山で摘み草ツアーが無事開催されました。

食べることもできる野草も実はたくさんある!

わけですが、どの野草が食べれて何が食べれないのか?

よく分かりませんよね。

上山集楽では、野草のスペシャリストの松原夫婦による摘み草ツアーを開催!一体どんなツアーになったのか、当日の様子をお伝えいたします!

IMG 4949

雲海温泉の前で集合。

IMG 4951

主催の松原は環境調査の仕事をしていたキャリアを持つ。

野草の解説を聞きながら、野草を摘み歩く。

IMG 4956

そして八伏のコミュニティセンターから摘み草をスタートします。

IMG 4961

IMG 4964

IMG 4967

歩いていると、すぐに色んな野草が見つかります。

どれが食べることができて、それぞれの植物にはどんな特徴があるのか?

解説を聞きながら採り歩いていきます。

IMG 4969

IMG 4976

これはタンポポ。どこにでも生えている雑草のイメージも強いですが、葉、茎、根っこと全て食べることができる。

IMG 4989

こちらはノビルという野草。

ネギのような野草で、僕は今回学んだ野草のなかで一番ヒットでした!

IMG 5042

小さい玉ねぎみたいな球根もシャリッとしてうまいです。

IMG 5003

歩いていると色んな野草が見つかります。今から紹介するのは全て食べることができる上山にある野草です。

IMG 4998

これはよもぎ。よもぎまんじゅうとかでお馴染みですが、結構見つかります。自分でよもぎ餅を作ってみたいですな。

IMG 5010

レンゲ草。これも食べれるんですね。

IMG 5019

オオバコ。まさに雑草という感じで人が踏みつけるような場所で見つけることができた。薬効も認められていて便秘や冷え性なんかにもいいらしい。

IMG 4972

カキドオシ。糖尿などにいいらしい。

IMG 4978

カラスナエンドウ。先っぽが豆みたいな味します。

IMG 5030

1回どれがどんな植物か分かると、草むらを見る目も変わってきます。

IMG 5025

採った野草は後処理が大変。

IMG 5032

野草は摘んでからの後処理もポイントです!採れた全ての部分を使えるわけではなく、実際に使用できるのは一部分です。

IMG 5037

IMG 5051

採った野草を仕分けていきます。

IMG 5042

僕の大好きなノビル。可愛らしい名前がいい。

そして仕分けた後は料理教室!みんなで採った野草で料理をつくります。

IMG 5052

野草料理を教えるのは松原久実さん。

野草を使った薬膳料理というと敷居が高いイメージがありますが、身近な料理に野草が織り交ぜられます。

IMG 5054

IMG 5070

バリエーション豊かな野草料理が並びます。

IMG 5083

タンポポサラダ

IMG 5107

獲れたてタケノコと野草のパスタ。また食べたい

IMG 5085

タンポポの根っこのきんぴら。また食べたい。

IMG 5113

タケノコ天。美味かった

IMG 5119

野草の卵焼き。美味かった

IMG 5123

美味しかった。また食べたい

IMG 5132

ヨモギ、オオバコの天ぷら。美味かった

IMG 5141

豚肉とたんぽぽのミルフィーユカツレツ。

美味かった!

IMG 5134

野草茶3種。

夏からのシーズンなどお茶にできる野草は採れるらしいので、ノブドウ茶などを自分で作っていきたい。

IMG 5147

IMG 5156

野草料理に加え、上山で収穫した棚田米も並びます。

今思い返しても豪勢な食卓でした・・・!!

普段の料理に少し工夫を加えることで、身近にある雑草にしかみえないものが色んな野草料理に・・・!

植物の多様性も棚田や里山の恵み。

野草のプロと一緒に歩くことで、食べれる野草の恵みを知ることができました。

こうした恩恵があるのも、棚田が維持管理され日当たりのいい環境があるからこそ。

棚田再生やお米づくりは今年から僕も初めて携わっていますが、棚田は維持管理は大変な一方で収益化が難しい。でも棚田が広がる景観や自然と共存するための知恵、公益的な機能は残すべき価値があるものだと思います。

今回の摘み草ツアーの荒れ果てた耕作放棄地では成り立たず、棚田再生や里山の管理があってこその摘み草ツアーのはず。

IMG 5022

また上山で採れる野草が、地域の健康や医療にも繋がる可能性があります。

棚田再生は、一見すると繋がりがみえないような多くの価値を生むのだと思います。棚田再生が地域医療に繋がるとは松原さんの話を聞くまで考えたことがありませんでした。

そして棚田再生はこのような美味しい食卓も繋がります。何よりピースフルかもしれませんね(^^)

IMG 5147

いやー美味しかったです!また食べたい。

というわけで上山ツーリズム 摘み草ツアー!

また直近で5月6日に開催予定でございます。まだ空きもあるとのことですので、ご興味や関心がある方はお気軽にご参加くださいませー。

上山ツーリズム 摘み草ツアー vol.2

上山摘み草ツアー第2弾

自生している野草、薬草類も食べるには1番よい季節
今年から本格化するエコツーリズム第一弾として、薬草ツアーを開催します

棚田を見ながらの野草・薬草を探索
採った野草・薬草を使ってランチを作ってみんなで食べましょう
昼食はおにぎり、パスタ、スープ、サラダなどのメニューをご用意しようかと^^

解説は上山の薬草夫婦 テツロー、クミッキーがご案内いたします

ぜひ、上山の薬草散策&ランチにお越しください

【集合場所】
大芦高原温泉 みんなのモビリティプロジェクトオフィス
岡山県美作市上山1735
https://ueyama-shuraku.jp/about/#route

【スケジュール】
◎集合時間 9:00
◎終了時間 14:00
※現地集合・現地解散となります
ご自分の車で直接お越しください。
  なお、集合後、開催場所までこちらのワゴンで移動していた
だきます

【開催人数】
5人以上-20人まで ※5人以上のご参加で開催いたします

【参加費】
大人      ¥3,000
小学生・中学生 ¥1,000
幼稚園以下   無料

【備考】
・服装は長袖、長ズボン、帽子はあった方がよいです
・少雨決行となります。雨天が予想される場合は最低限の雨具をご用意ください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0