18118608_1382470118489908_7895200271681883456_n.jpg

どーも、冨安です。

4月19日の日。この日は朝は上山集楽にて新しくやる奥塩田の田んぼの草刈りなどを行いました。

18119550 1382469971823256 9029249692375369889 n

草刈り機はまだ使い慣れないのでケガのないようやってきたいですね。

5、6人で作業をしていましたが、こういう作業も一人でやっていたら相当しんどいだろうと思います。

奥塩田は上山ではないですが、棚田の景観はとてもきれい。

DJI 0196

今回新しくやる場所は、

DJI 0197

真ん中に見えるこの3枚。

本格的な田んぼは初めてなのでこれから楽しみです!

午後はGIS講習など。

午後はGIS講習を受ける機会がありました。

18118608 1382470118489908 7895200271681883456 n

GISは位置情報や空間データを管理したり加工できる技術。

地理情報システム(GIS:Geographic Information System)は、地理的位置を手がかりに、位置に関する情報を持ったデータ(空間データ)を総合的に管理・加工し、視覚的に表示し、高度な分析や迅速な判断を可能にする技術である。

地理空間情報とは、空間上の特定の地点又は区域の位置を示す情報(位置情報)とそれに関連付けられた様々な事象に関する情報、もしくは位置情報のみからなる情報をいう。地理空間情報には、地域における自然、災害、社会経済活動など特定のテーマについての状況を表現する土地利用図、地質図、ハザードマップ等の主題図、都市計画図、地形図、地名情報、台帳情報、統計情報、空中写真、衛星画像等の多様な情報がある。
 地理空間情報は、その位置情報をキーにして異なるデータを重ね合わせることで、分析等の活用がなされることから、様々な主体によって整備されるデータ間で位置情報の整合がとれている必要がある。このためには、地理空間情報を空間上の位置に対応づけるための基準となる基盤地図情報の整備・更新・提供が必要である。

GISとは・・・|国土地理院

GISの理解は何か聞いたことがあるくらいでほぼ初心者です。

ただドローンを飛ばしている関係で、ドローンとGISみたいなテクノロジーを掛け合わせたらどんなことができるか?

みたいな部分にはかなり興味がありました!

QGISプロジェクトへようこそ!

今回はQGISというフリーソフトを使って、GISの使い方を少し学びました。

18058062 1382470098489910 883033772108687722 n

地理空間情報を作成、編集できるので例えば田んぼをやるのであれば

今年やる田んぼは、

どこどこ〜どこどこまで。

これらの面積は何ヘクタールだから。

具体的な収量としては、〜〜を見込むことができる。

GISでできることは例えばこういうことかなと思います。

正確な地理情報が分かることで、全体の計画などを立てるときに有効そう。

複数の異なる情報を組み合わせることで、必要に応じたデータをピックアップできるのが面白かった。実際のQGISは使い込むことで、使い方や使い道は見えてくるんだろうなと思いました。

ドローンもGISも、現場を理解してないと有効活用ができない。

GISのような技術は上山であれば農業や林業など現場での経験があって、初めて上手く生かされるんだろうと感じます。

僕がやっていきたいドローンも同じく。例えば田んぼであれば具体的に色んな作業があるなかで

・こういうシーンだったら

・ドローンのこういう技術は有効活用できるな

みたいなことは現場を理解してこそ生きると思っています。

現場を理解していること。

GISやドローンなどのテクノロジーを深く理解していること。

例えばGISとドローンを組み合わせることで、田んぼの稲の育成状況が俯瞰的に見ることなどは既に出ているドローンのテクノロジーで出来ると思います。ただ僕の場合、田んぼなどの現場は初めてなので本当に現場で必要なことが何か分からない。

テクノロジーと現場、両方を理解することが重要で、特に僕の場合は今年は田んぼを頑張っていきたいですね。