CATEGORY

オススメの本

  • 2019年11月18日
  • 2019年11月18日

感想:傭兵の二千年史

どーも、冨安です。 今回は最近読んだ本「傭兵の2千年史」の紹介です。 なぜこの本を読んだか? 僕は岡山県美作市上山という棚田のあるエリアで田んぼをやっています。 山の斜面を切り開いて田んぼにしているわけですが、平地に比べると大変なことがたくさんあります。農業ではなく棚田という文化や歴史を紡いでいくた […]

  • 2017年8月8日
  • 2017年8月20日

今、個に求められるコミュニティーを育てる力。人生の勝算レビュー

どーも、冨安です。 最近読書する時間がなくなっていたのですが、読書は楽しいのでちゃんと読書する時間は設けていきたいですね。 最近読んだ本でこれからの自分にも必要なことが詰まっていた人生の勝算という本を紹介します。 今、最も注目される若き起業家が生きていくための路上ライブで身につけた人生とビジネスの本 […]

  • 2015年9月11日
  • 2016年1月19日

笑えない1冊だった。壮絶なアトピー女性の闘病記「アトピーの女王」

どーも、冨安です。 今日のAmazonのKindleセールの本がこちらの という本でした。 僕も小さい時から今に至るまでアトピーなわけで、下記のようなことも考えてみたりしています。 気がつけば、脱ステロイド。北海道に来たらアトピーがなおった!? – とみやすブログ で、今回セールだった「 […]

  • 2015年7月13日
  • 2016年1月19日

結局お金稼げなかったら、「まちづくり」も「地域おこし」もくそもないと思う。木下斉「稼ぐまちが地方を変える」

どーも、冨安です。 本日は、高校生の頃から商店街の活性化プロジェクトに取り組み、現在も各地でまちづくりに携わる著者の木下さんによる 「稼ぐまちが地方を変える」という本を紹介します。 まちづくりや地域活性化、というテーマで何よりも現場での実践に重きをおいている方。 Twitterや著書やコラムも含め、 […]

  • 2015年7月6日
  • 2015年7月6日

21世紀の自由論。生存は保証されない自由、生存は保証される不自由。どっちがいいです??

どーも、冨安です。 今まで、あまり思想、政治や歴史の話は興味がなくて、そういう類の本もそこまで読んだことがありませんでした。 ただ去年くらいから世界史に興味を持ち始めまして、歴史って面白いな! と発見しました! ただどうにも思想的な話は、全く分からなかったんですよね。 リベラルとか保守派とか右とか左 […]

  • 2015年6月17日
  • 2016年1月19日

組織と市場、どっちに評価されたい?公務員1年で辞めるのを後押ししちゃった1冊、ちきりん「マーケット感覚を身につけよう」

どーも、冨安です。 本日は、公務員を1年で辞めるのを後押しした本を紹介したいと思います。 何かを辞める決断ってすごい悩むことですが、僕の場合は本を色々と読んで、辞めるって決めました。 ほとんど人には相談しなかったです。 基本的にやめとけって言われると思ったので・・!! で、今日紹介するのはというおち […]

  • 2015年6月4日
  • 2015年6月10日

知っていると人間関係が楽になる、人間の8つの性格のタイプ!

どーも、冨安です。 人は、自分がどういうタイプの人間なのか? 他者がどういうタイプの人間なのか? 枠に当てはめて考えるのが、好きですよね。 血液型みたいな。 僕も好きなんですが、結構大事だと思います。 人それぞれ色んな考え方や得意な分野があるわけだから、人のいい部分を最大限に引き出して 生きていけた […]

  • 2015年5月16日
  • 2016年1月19日

移住に正当な理由はいるのか?「私、新卒でカンボジアに就職したの。」

どーも、冨安です。 4月より夕張市に来て、1ヶ月以上がたちました。 個人で仕事の案件をとりながらやっていくのって大変ですね。1つ1つ実績を積み上げていくだけだなと思う今日このごろです。 結構前に読んだ本だったんですけど 上記の本。 新卒でカンボジアに行った方のお話。 カンボジアに行くまでの経緯や海外 […]

  • 2014年3月12日
  • 2015年9月1日

86歳のブロガーおばあちゃんが書籍を出したらしい

どーもです。 めっちゃ素敵です。ブログ「気がつけば82歳」 以前紹介した86歳のブロガーおばあちゃん 82歳からブログを始めて4年が過ぎているとのことですが! 何と書籍を出されたそうで、まためっちゃビックリしました!笑 この方は、82歳でブログを始めるという好奇心、チャレンジ精神 同じくブログを書い […]

  • 2014年3月10日
  • 2015年9月1日

出版業界の未来は暗いけど、本の未来は明るい!?内沼晋太郎「本の逆襲」

どーもです。 地方の本屋の未来について!「久住社長、浦河に本屋を作るって可能ですか?」 以前浦河町で行われた、くすみ書房という本屋の久住社長の講演会のことを紹介しました。 時代の流れとともに本屋の在り方、求められることが変わっているとのことでした。 この時、久住社長が他の面白い本屋や本に関する書籍を […]