ドローン

ドローンブース担当で【未来型ITフェスタ】IGNITION FUKUYAMA(イグニッション福山)に参加します!

22467585_1396168647166500_6278664329263359028_o.jpg

どーも、冨安です。

10月21日に広島県福山市で開催される【未来型ITフェスタ】IGNITION FUKUYAMA(イグニッション福山)、というイベントにドローンブース担当で行くことになりました。

未来型ITフェスタ IGNITION FUKUYAMA (イグニッション福山) 公式ページ

IGNITION FUKUYAMA(イグニッション福山)はテクノロジーを使って福山市と未来を結ぶイベントです。「iGNITION」とは「点火」「発火」という意味の英語です。このイベントは最先端技術に関するトークショーや体験を通して、子供から大人まで、新しいなにかを感じて、学んで、そして動いてもらうための「発火装置」となることを目指します。

22467585 1396168647166500 6278664329263359028 o

コンテンツは大きく以下の3つに分かれます。

①イグニッショントーク②プログラミング大作戦③特別展示

未来型ITフェスタ IGNITION FUKUYAMA イグニッション福山 公式ページ

僕は特別展示のドローンブースにいます。Phantom4、mavicpro、DJIGoggles、Parrotのmamboなどなど持っていく予定。

最近mamboをプログラミングで飛ばすやり方を知ったりもしたので、ドローン×プログラミングも見ていただけます。面白いドローンブースにできると思います!

そして天気が持てば、前日入りして福山市のどこかで空撮することに。いいポイントがあれば誰か教えて下さいませ。

普通に参加者として参加したい!!

このイベント、イグニッショントークからプログラミング体験までめっちゃ面白そうです。

22489981 1396168687166496 6577026790288872734 n

いやーホントに全部聞きたいレベル。

ドローンも近い将来飛び交うのはプログラミングされたドローンが主流になると思います。

最近Parrotのmamboを飛ばすため、スクラッチというソフト使ってプログラミングいじってまして。プログラミング楽しいなと感じ始めてます。

22552466 1396168747166490 6320838946420465257 n

レゴマインドストーム体験講座参加したい。

ところなんですが、この日はドローンのことを楽しみながらお伝えできるように頑張ります。

福山市近郊の方はぜひお越し下さいませー(^^)

未来型ITフェスタ IGNITION FUKUYAMA (イグニッション福山) 公式ページ

22467585 1396168647166500 6278664329263359028 o

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

農業×ドローンリモートセンシングにはどんな可能性が?リモートセンシング勉強会レポ①

名称未設定_3

どーも、冨安です。

インターネットをみていてふと目に止まった「ドローン米プロジェクト」。ドローンのリモートセンシングをお米づくりに活かすプロジェクトです。

【Drone Times】ドローンジャパンの「ドローン米」プロジェクト リモートセンシング旭川ルポ – 産経ニュース

お米もドローンをやってる僕としては気になりすぎるわけで!特にリモートセンシング技術は気になっていて、活用法を知りたい領域でした。

ドローン米の購入者限定でリモートセンシング勉強会に招待してもらえるキャンペーンがあり、これは行くしかない!と思いドローン米購入して参加しました。

当日の内容をご共有していきます!

ドローンの農業活用にはどんな可能性があるのでしょうか?

活用法の1つがリモートセンシング。

リモート・センシング(Remote Sensing)とは、「遠隔探査」のことです。人工衛星や航空機など地上より離れたところから、陸上・海洋・大気など色々な現象を探るための技術です。身近な例で言えば、天気予報も、リモート・センシング技術が役立っています。気象衛星から地球の雲の動き、種類、量などを調べ、地表面の温度を解析し、気象予報に活用されています。

http://www.pasco.co.jp/recommend/word/word033/より

ドローンを利用して空から農場のデータを収集することが可能になります。ドローンジャパン社の春原氏からこのリモートセンシングのリアルを聞くことができました

ドローン・ジャパン株式会社 | ドローン | 東京都千代田区九段南

この日はドローンというより半分くらい農業の話。ドローンはあくまで手段でしかないことを感じた。

おそらく多くの方にはドローンは空撮やモノを運ぶなど、作業する系をイメージすると思います。でも欧米では圧倒的に後者のデータ収集や解析がビジネスとして大きいそう。

日本では精密農業のカルチャーはあまりないですが、欧米では精密農業に一定の投資をするのは当たり前だそう。気候的な問題もあるかもしれませんが、逼迫した食糧問題もありドローンも含めた科学的な農がより求められているのだと思いました。

ドローンが掲載するセンサーにより、取得できるデータは様々。データを収集すること自体よりも、何のために使うか? 考えながらやらないと無駄に終わることも多そう。

21766824_1568847613185490_3603426620835870643_n

 

ホント、リモートセンシングをやるにしても問題になるのがコスト。高性能なセンサーを搭載するので、何百万の世界で簡単に農家が負担できるものではない。

ドローン米プロジェクトで面白いのが、ドローンベンチャー企業がお米の販売まで行っている点。有機無農薬でやる農家をデータだけでなく、販売面で支えることもドローンの役目なのかもしれません。 現実的に収益化できそうなのは、②の川下産業の食品加工会社などへのデータ供給?これは日本ではどこもビジネス化できていない領域。

現場でどう活用できるか?

というわけでリモートセンシングの現状を少し理解することができた2時間でした。

リモートセンシングを活用できるのは、システム的に農業をやっている組織や会社、大規模農園だろうと思いました。

例えば上山のような小さな田んぼが連なる棚田では、活用できるイメージがそこまで持てませんでした。

活用できるとは思いますが、その高いコストをかけてまで導入するものなのか?というとこで疑問。

いずれにしても、まだ実証実験が始まったばかりの技術なので今後様々な活用法が出てくるのだと思います!

いや、自分でやってみたい!

ドローン技術を活用、農薬に頼らない有機農法で栽培した「ドローン米」販売中

ドローンジャパンの「ドローン米」プロジェクト リモートセンシング旭川ルポ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ドローンを飛ばせることに価値がなくなってきている。

21952301_931183200352879_1157106522_o

どーも、冨安です。

2016年の夏から飛ばし始めたドローン。

2017年になりこの1年の間でだいぶんドローンは一般的になってきた印象です。

2016年で僕が持ち始めた頃は、まだ周りにも持っている人はほぼいなかったです。ただもう周囲でドローンを持っている人もだいぶ増えてきたなーと感じます。

ドローン業界は素人参入が激増という印象。

2016年のときだったら、まだ空撮は珍しがられてました。

ただもう多くの人にとって空撮映像は見慣れたものになってきて、そこまでの付加価値はなくなってきてると感じています。

なぜドローンがこれだけ普及しているか?

といえば飛ばすのが簡単だから

難しい機体のバランスの調整などはテクノロジーが解決していて、最近のドローンは飛ばすこと自体は簡単です。良くも悪くも誰でもそれなりの写真や映像が撮れてしまいます。

そして飛ばすのに資格もいらないので、プロとアマチュアの境目がありません。僕もそうですがドローンなんて全く知らなかった素人が「ドローンで何かビジネスを」

ということで素人参入が激増しているのが今日この頃のドローン業界の1つの構図かと思います。

ドローンは飛ばすこと自体は簡単なので、飛ばせることやちょっといい空撮や映像がとれるだけでは価値がなくなってくる、仕事生み出せない。価格競争が起こり消耗する。

今はまだそれなりに珍しいかもしれませんが、飛ばせることに価値がなくなるのも時間の問題だなと思います。

ドローンは目的ではなく手段。

ドローンを飛ばせることに価値がなくなるなと思い、じゃあ何が重要か?

といえば、あくまでドローンは何かを実現するための手段の1つだということ。

例えばドローンの空撮映像ってたくさんYouTubeに流れています。多くの映像がドローンの空撮映像を見せることが目的になっていると思いますが、重要なのはその地域の魅力を伝えることかもしれない。

だとすれば地上からの映像も必要だし、人の解説もあった方がいいかもしれない。

自分に言いたいのですが、ドローンを飛ばして自己満足してはいけないなと思います。ドローンを飛ばして何がしたいか?ちゃんと考えてやっていきます。

ドローンで上山に来た人に、空からの景色をリアルで体験してもらう企画がこちら!

僕の場合は上山という地域と関わりながらドローンを飛ばしているのが1つの特徴。ドローンをどう地域で活用していけるか?ということを日々考えています。

ドローンの空撮映像をリアルタイムで、観光客や旅行者に体験してもらうための企画が今やっているクラウドファンディングです。

ドローンで「空のツーリズム」を作り、上山が誇る棚田の魅力を伝えたい! – FAAVO岡山

数分でデザインのプロになろう

ドローンから見える景色は驚きや発見があって、めちゃくちゃ面白い!

ただそれをパイロットだけしか楽しむことができず、この空旅体験をどうやって共有できるかなあ?と思っていて、その課題を解決するための企画です。

来訪者に上山の魅力を伝える1つの手段になります。

上山に限らず地方の町って魅力的な景観がたくさんあるけど、来訪者にそれを伝えきれていない課題があると思います。ドローンは上山みたいな地方の景観を伝える素晴らしい手段になるはず。

クラウドファンディングは残り9日となりました!引き続き気にして貰えると嬉しいです。

写真は今日の稲刈りとハゼ干しの終了後!

21952301_931183200352879_1157106522_o

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

【イベント空撮】iD祭り×水フェス@名古屋メイカーズピア

IMG_5581-1024x683

どーも、冨安です。

先日名古屋のメイカーズピアで行われたイベント【iD祭り×水フェス】に、空撮部隊として参加してきました。

全国でドローンプロジェクトを手掛ける面々が集まっていて、瀬戸内DRONEメンバー3名と参加。

僕としても今回のようなイベント空撮は初めてで、学ぶことが多い現場体験になりました。

イベント上空飛行、夜間飛行、DID地区、イベント主催者から許可を得て撮影しています。

ディレクターと打ち合わせ、リハーサルから。

まずは会場を仕切るディレクターと打ち合わせ、リハーサル。

この日は複数人ドローンの飛ばし手がいたので、誰がどのタイミングで、どのくらいの高度で・・・といったことを打ち合わせ。

そしてイベントは水祭り、泡祭り!

こうしたイベント空撮は主催者がどのような映像を求めているか?

イベントのどのタイミングで、どこをどんな風に撮るか?

とにかく事前の打ち合わせが重要だと感じました!イベント空撮の経験は少ないので、すごくいい現場経験でした。今後の活動にいかしていきます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

もしどこに行っても、旅先で空からの景色を楽しむことができたら。

名称未設定_1

どーも、冨安です。

日々ドローンを飛ばしながらどんな可能性があるか考えています。

ドローンは素晴らしい技術を兼ね揃えた空飛ぶカメラ。

ただドローンを使うのは人。

どんなふうに活用するか?

このアイデアがあることで、ドローンもさらに輝くと思います。

もしどこに行っても、旅先で空からの景色を楽しむことができたら。

 

S 13713416

ドローンを飛ばすと地上からは見ることができない景観に出会い、素晴らしい体験をすることができます。

例えば徐々に高度を上げていって、だんだん景色が開けてくる・・・!

そして出会うその土地ならではの景色。

ドローン飛ばしてて、これホント素晴らしいなっていつも思っていました。

何がいいって、どこで飛ばしても楽しいんですよね。

「あ、こんな景色が広がってるんだ。」

「うわーずっと水平線広がってるなー。」

などなど。

都会だと規制が多く気軽に飛ばせませんが、景観を楽しむドローンの使い方は地方で可能性あると思っています。

IMG 1863

これは北海道の夕張。

いやー遠くまでスカッと見える感じとか最高ですよね。

地上からだと何てことない景色も、空からみると驚きや発見がある。

地方の町には、どこの町にもその地域ならではの豊かな自然があると思います。

ただその自然を楽しむための方法は、あまりなくて通り過ぎてしまうことが多いもの。

そこで地域の魅力を伝えるための手段として、ドローンが活躍します。

観光客に対して提供できるコンテンツは間違いなく増えて、

①最初にドローンを通じて、俯瞰的に地域のことを伝える。

②その後、車でガイドをする。

ただ地上でガイドをするだけではなく、空から俯瞰的なアテンドを加えることで観光体験に厚みがでます。

DJI 0010

これは北海道の由仁町。

地方って割とどこでドローン飛ばしても、

「うわ、すげー!」

ってなるという。

北海道やっぱいいなw

地方の景観をより気軽にドローンで!そのためのアイデア。

ドローンは地方の観光に役立つと思っていて、じゃあどうすればいいのか?

去年購入してからずっと考えていました。

ただドローンは高価だし、持っている人は限られます。

しかもいきなり操作できるものじゃない。

これらの課題を解決してドローンの観光活用を実現するのが、僕が今やっているクラウドファンディングの企画です。

ドローンで「空のツーリズム」を作り、上山が誇る棚田の魅力を伝えたい! – FAAVO岡山

数分でデザインのプロになろう

このクラウドファンディングでやりたいことは、DJIGogglesの導入と観光活用です。

ドローンの操作はこちらで行い、お客さんにはDJIGogglesで景色に集中してもらう。DJIGogglesはドローンと連動していて、ドローンの臨場感ある景色をリアルタイムで見ることができます。

あらかじめ見所やコースは設定しておき、ちゃんと地域のガイドをしながらフライト。

①どの地域でも導入のハードルしやすい。

②新しい観光コンテンツになる。

と思っています。

まずは幸先良く目標金額を達成できたクラウドファンディング。

大事にするのは企画をカタチにしていくこれからです。ドローン観光活用の仕組み化を、住んでいる上山で目指したいと思います。

割とどこの地域での応用可能でポテンシャル高い取り組みのはず。全てはこれからの自分次第なんですが!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ドローン×地域。9月1日からクラウドファンディング、スタートします!

名称未設定_3

どーも、冨安です。

やろうやろうと思って、先延ばしにして結局なにもアクションを起こさないこと。

よくありませんか?

僕は頻繁にあります。

例えば前々から「ドローン×地域」ていう領域で、クラウドファンディングやってみたいなーと考えていました。6月くらいから方向性を考えて、仲のいい友人などに話しをしたりしてみていました。

そういう中で、アイデアの方向性はこれだな!ということは8月始めくらいに決まりました。

後やるべきこととしては、ざっくり2つ。

①企画文章作成

②リターン案の決定

ここが決まってしまえば後はやるだけ、という状態かなと思っています。

後回しにしてたら、気がつけば9月!!!

ここまで来ているにもかかわらず、クラファン企画を後回し後回しにしてしまい気がつけばもう9月です!

「これはこのままだと結局何もせずに終わる可能性があるな・・・!!!」

と猛烈な危機感がありますw

Googleの創業者のラリー・ペイジは言います。

「アイデアに価値はない」

本当にその通りだと思います。

アイデアって価値ないですよね。やらないと。

何かを発信したり一歩を踏み出すことはエネルギーが必要で、何もしない方が楽なので躊躇しちゃいますよね。

というわけで、デットラインを設けて宣言をしておきます。

ではつい楽な方向に流れてしまう自分に負けず、クラウドファンディングをスタートさせるために策を打つことにしましたw

①締め切り、デットラインを設ける

②ブログで宣言することで、社会的なプレッシャーを自分にかける

この2つです。

1つ目のデットラインについて。

今回のクラファン企画は9月1日からスタートします!後一週間もありますね。

これから全力で企画文書作成やリターン考案をします!

イメージはあるので言語化して、それを色んな人に見てもらおうかなと思っています。

時間があまりないので急ぎますw

2つ目の社会的なプレッシャーを自分にかける、について。

SNSなどでクラウドファンディングを9月1日にスタートします!

と宣言することで、もう強制的にクラファンやらざるを得ない状況を作ってしまおうとおもいます。

僕は9月1日からクラウドファンディングをスタートするので、期待してお待ち下さい。

クラウドファンディングを使うのは目的でなく手段。

こうやって書くとクラウドファンディングをやること自体が目的に見えるかもしれません。

なぜ数ある資金調達のなかで、クラウドファンディングを使うか?

1番は一回やってみたいという好奇心。

次ぎに自分がやってる活動をより広げていける可能性があると思うからです。

1つの商品ができる前のプロセスから、多くの人に取り組みを知ってもらうチャンスがあるのがクラウドファンディングの魅力。

さらにリターンの内容次第では自分の活動の幅を広げることも可能なこと。

一緒に活動していく人と出会えるチャンスがあること。

最初から1つの商品の完成形を売り出すよりも、0から企画を生み出すプロセスを共有しながら進めることに価値があるかなと考えています。

失敗するにしても成功するにしても。

 

この書籍に経験の共有について面白い記載があったので紹介します。

全体の歴史がオープンになっているのだ。われわれは最終プロダクトだけではなくプロセスも共有している。生煮えのアイデア、行き詰まった話、失敗、やり直しなどはすべて、実際に私や他の人々にとって仕事をより上手く行なうために役に立つ。すべてのプロセスを晒してしまえば、自分が間違うことが少なくなるし、実際に上手くいけば正しいやり方が分かりやすくなる

私がそれを学んだのは、コラボレーションにおいて、早いうちからシェアしていれば、それだけ学習も成果も速くなることに気づいたからだ。ここのところ私は常時つながっている。私がシェアし、またシェアされるもののほとんどは、ひっきりなしの微細なアップデートやバージョンアップ、ちょっとした工夫といった些細なものだが、そうした着実な前進こそが私に活力を与える

最近このプロセスから共有することは意識してブログでも情報発信しています。

【悲報】Phantom2号機、田んぼに散る。

3台目Phantom4は83,310円。DJIサポートの修理費用が代金引換のみでつらい。

こういうプロセスの共有は、人の繋がりやコミュニティー作りに繋がると思っています。

参照:今、個に求められるコミュニティーを育てる力。人生の勝算レビュー

クラファン企画内容は共有していきます!

これから「地域×ドローン」で考えているクラウドファンディングの企画。

ブログでも情報更新していきますのでお楽しみに!

とりあえず企画を走らせてみながら、色々と考えていきます。

やってみることに1番の価値がありそうだなと思っています。

プレッシャー大歓迎です笑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ポシャってもポシャっても辞められないドローンの魅力は何か?

名称未設定_2

どーも、冨安です。

僕は愚かなことにお高いドローンを2台ポシャってしまっています。

ちょうど1年に一回のペースでw

<悲報>ドローン、夕張川にドロン。Phantom4死亡(買って2週間)

【悲報】Phantom2号機、田んぼに散る。

「ドローンはドロンしてローンだけ残った」

でお馴染みのやらかしてしまったシリーズです。

ただそれでも、ドローンを辞めようと思ったことは一瞬もなく、ドローンがない期間は寂しいものでした。

それでも辞められないドローンの魅力は何なのか?

僕はドローンを誰かに強制されてやっているわけではなく、勝手にやっています。

なぜ金銭的に余裕がないのに、ドローンにはガンガン突っ込んでいるのか?笑

不思議でなりません。

こうして引き寄せられるドローンの魅力って一体なんなんだろう?

と考えるんですが、なかなかスパッとは言語化できません。

ドローンの魅力って何なんでしょうね??

今ドローンの魅力について思うことを2つあげてみます。

IMG 5405

翼を手にし、自由を手にしたあの感覚。

1つはあのドローンを飛ばしているときの、自分が鳥になったような気になる浮遊感だと思います。

ドローンを離陸させるときはいつでも緊張しますが、あのドローンが飛び立つときの高揚感は言葉にできるものではありません。

決して自分が空を飛んでいるわけではありませんが、ドローンを飛ばしているときは自由なんですよ。

そして出会うことができる絶景の数々。

空は同じ場所で飛ばしても、毎回表情を変えるのでいつ飛ばしても飽きない。

あー、あの浮遊感は何なんでしょうね??

翼を手にして自由になったような感覚。

いやー妄想してたらドローン飛ばしたくなってきた。

色んな人がドローン飛ばすところを見てきたんですが、みんな口をぽかーんを開けてドローン飛ばすとき子どもに戻ってる感じがありますw

DJI 0134

想像もつかない未来への可能性

そしてドローンの魅力の2つ目は、想像もつかないことをやってるんだろうという未来への可能性!

ドローンは今は空撮が主流なイメージが強いかもしれませんが、活躍の領域は土木・測量、農業、インフラメンテナンス、警備、物流、災害対策・・・。

などなど広がりをみせています。

ただ今僕らが思い付くようなことは実現すると思うのですが、今の僕らでは想像もつかないよう未来を創っていくのがドローンだと思っています。

そんなワクワク感や未来への期待感!

ドローンが持つ未来への可能性と、そこに少しでも関われるの楽しさ。

だから僕はドローンを辞めることができないんだと思います。

例えばPhantom4は空飛ぶカメラです。

この空飛ぶ×OO

が無数に考えられるわけで。

何でもいいんですよ。

空飛ぶアパレルショップ

空飛ぶピザハット

空飛ぶ広告塔

掛け合わせを何でも考えられる、この無限の可能性こそがドローン!!

ワクワク感ハンパなくないですか?笑

いやーこれだから何台ポシャっても辞められないですよね。

ドローン。

IMG_2032

最後に。

宣伝になってしまうのですが、フレンドファンディングアプリのpolcaでドローン企画を進行中です。

【ドローン×未来の農業】の可能性を知るため、東京開催のリモートセンシング勉強会に参加したい! – polca(ポルカ)

20914479 1524172967652955 1421683558379078167 n

この資金調達の目的は、ドローン米プロジェクトという企画に参加してみたいためです。

ドローン米プロジェクト 市川農場 北海道産ゆめぴりか 包装米飯(白飯) 180g×12個入  | 産経ネットショップ

ドローンを活用した最先端技術を駆使し、次世代の稲作栽培といえる農法で生産されたのが「ドローン米」です。生態系を大切にして農薬や化学肥料に頼らない、自然と調和した稲作を実践する市川農場(北海道旭川市)と、ドローンジャパン(東京都千代田区)が協働して生産しました。そのお米を、パックご飯企画メーカー、吉兆楽(新潟県南魚沼市)の技術・企画によって炊きたてを味わえるパックご飯にしました。

ドローンは空撮だけではなく、どんなことを実現していくのか?

どこまで何ができるのか?何ができないのか?

知りたいと思っています。

ドローン米プロジェクトでやっていることはこんなこと。

カメラやセンサーを搭載したドローンで、田んぼ全体の稲の生育状況を把握するリモートセンシングが可能になりました。これまでの人工衛星とは異なり、低コストでリアルタイムでの運用が可能であることが大きなメリットです。ドローンで撮影した画像データやマルチスペクトルカメラによる光波データをもとに、目の行き届かない隅々まで生育状況を把握・解析することができるため、生育のムラを把握して生育が遅れているところにだけ肥料を散布するなどいち早い適宜適切な対応ができるようになりました。それにより品質管理はもちろんのこと生産性の効率化も図ることが可能になりました。

果たして現場でこのリモートセンシング技術はどこまで役に立つのか?

今年から田んぼをやっているので、少しは現場目線で活用の可能性について考えることができるはず。

DJI 0003

ドローン米を購入すると、ドローン関係のイベント参加券をゲットできます。

このドローンイベントの参加権が欲しくて、ドローン米を購入したいと思っています。

参加したいイベントが「リモートセンシング勉強会」。

技術×農業の今を知る
東京・大手町
「リモートセンシング勉強会」
日本の農業の未来を技術で変える、リモートセンシング。
その最先端で技術と農家をつなげているドローンジャパン社代表取締役会長 春原久徳氏によるセミナーを開催します。
通常は有料で開催されるセミナーが、今回に限り購入特典として無料でご参加いただけます。
未来の農業にご興味のある方は、ぜひご参加ください。

ドローンが田んぼの現場でどこまで役に立つか?

さらにいえば、僕が来年や今後を見据えてこの上山ドローン米企画を何かできないか?

その辺の可能性にトライしていけたらと思っています!こちらの企画に共感してもらえる方は、ぜひご支援頂けたら嬉しいです。

【ドローン×未来の農業】の可能性を知るため、東京開催のリモートセンシング勉強会に参加したい! – polca(ポルカ)

20914479 1524172967652955 1421683558379078167 n

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

3台目Phantom4は83,310円。DJIサポートの修理費用が代金引換のみでつらい。

IMG_2032.jpg

どーも、冨安です。

【悲報】Phantom2号機、田んぼに散る。

こちらの悲劇からしばらくが経ちました。不注意で電線に引っ掛け、田んぼにドローンがドロンして。

DJIサポートに修理に出したらまさかの修理不可の悲報。

有償修理プロペラ破損のためプロペラの交換。機体とカメラに泥と水分混入により修理不可となります。修理不可のため割引適用での交換販売対応となります。

という感じで、総額は83,310円かかりました。

DJIサポートに修理に出すと、まず点検費用として約13000円かかります。それプラス壊れた部品代、修理代などが上乗せされるかたちです。

まあせいぜい30000円で収まるだろうと読んでいたのですが、まさか80000円を超えてくるとは想定外です。

それでも本体を買い直すよりはだいぶ安いんですが。

DJIサポートの修理は代金引換のみ!

Phantom4は一括で購入するのはしんどいのでローンで買ってました。

2台ドロンさせてますので、2台分のドローンのローンの十字架を背負っています。じわじわしんどさがきます。

しかしながら3台目については、DJIサポートの修理が代金引換のみということで、、、。

まあそういうことでしたw

つらい。

最終手段にしておきたかった、とみやす仮想通貨基金を切り崩しました。僕は去年の夏に1ビットコインが5万くらいのときになんぼか購入しておりまして、今1ビットコインが40万超えてるレベルなのでビットコインであぶく銭がなんぼか発生してました。

いずれにしてもつらい。

逆転の一手を考えなければ・・・。

ドローンはローンを組んでやるものではない!

ここまでドローンを2台ドロンさせ、多重ローンに縛られている身として実感しています。

ドローンはローンを組んでやるものではないとw

昨日ブログで紹介したpolcaみたいな仕組みで、資金調達できるならローン組まずにそっちでやった方が絶対いい。

資金調達の考え方が変わる。フレンドファンディングアプリ「polca」が面白い!

ローンを返済するための稼ぎに時間をとられて、あほくさい状況になりますから。

ドローンじゃなくてもやりたいことやるために借金してやる人は多いと思いますが、ここの資金調達方法が多様化してきていることを最近実感しています。

というわけで僕もpolcaでプロジェクトを立ち上げてみました(^^)

【ドローン×未来の農業】の可能性を知るため、東京開催のリモートセンシング勉強会に参加したい! – polca(ポルカ)

B58da5c88e15afe4f577aee4d821042bb774da9522f31976dc08fd81972a418f

ドローンを使ったデータ収集、リモートセンシング技術をお米作りに活かすドローン米プロジェクトという取り組みが行われています。

ドローン米プロジェクト 市川農場 北海道産ゆめぴりか 包装米飯(白飯) 180g×12個入  | 産経ネットショップ

僕も田んぼをやっているので【未来の農業×ドローン】はすごい興味があります。

ドローン米プロジェクトではクラウドファンディングみたいに、お米を購入すると無料でドローン体験できるイベント参加券をゲットすることができます。

この中の1つが東京開催のリモートセンシング勉強会。

日本の農業の未来を技術で変える、リモートセンシング。
その最先端で技術と農家をつなげているドローンジャパン社代表取締役会長 春原久徳氏によるセミナーを開催します。
通常は有料で開催されるセミナーが、今回に限り購入特典として無料でご参加いただけます。
未来の農業にご興味のある方は、ぜひご参加ください。

[情報]
参加費:無料
(産経ネットショップでドローン米初回購入された方のみ/現地までの交通費は各参加者の実費負担となります)
場所:大手町 サンケイビル会議室
開催日:2017年9月26日(火)18時~20時

これに行ってみたいなーと思い、このリモートセンシング勉強会に行くための資金調達をpolcaでやってみることにしました。

資金の使い道は

①6480円のドローン米購入費

②岡山から東京までの交通費

目標金額は2万で設定しています。

300円から支援可能で、リターンは支援してくれた方のブログ紹介!

今日からスタートしています。

実際の画面はこんな感じです。クラウドファンディングみたいなややこしいことはなく、速攻でスタートできます。

【ドローン×未来の農業】の可能性を知るため、東京開催のリモートセンシング勉強会に参加したい! – polca(ポルカ)

20914479 1524172967652955 1421683558379078167 n

ありがたいことに7名の方から支援して頂いています。ありがとうございます!

思いがけない方が支援してくれたりして嬉しいです!

企画成功させて、期待に応えることができるよう動いていきます。

20000円に到達させるとなると、頭使わないと厳しそうです。色々と考えるのも楽しいですね(^^)

まだpolcaをやっていないよ。

という方も何かしらの資金調達に利用してみては!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

8/16放送!山陽放送RSKメッセージ、上山特集の番組にて空撮仕事をさせて頂きました。

20728149_1413072855440961_1231934961383279363_n

どーも、冨安です。

8月16日の7時58分から山陽放送RSKのメッセージというドキュメンタリー番組で、上山の特集が放送されます。

RSKテレビ | メッセージ RSK地域スペシャル

20728149_1413072855440961_1231934961383279363_n

タイトルは「田舎からニッポンを変える4 ~再生と創成2017~」

8300枚の水田が緻密な文様を描く・・・
かつて日本一と言われた美しい棚田を取り戻そうと、移住者らにより再生活動が行われている美作市上山。
この地で行われているのは耕作放棄地の再生にとどまってはいない。
棚田を活用した新しい生業の確立、新しい生き方の模索だと英田上山棚田団の西口和雄氏は言う。
活動が始まって今年は10年の節目。彼らの生計は立っているのか?
棚田村を駆けるスマートモビリティ、新たな移住者の存在・・・。
最先端の田舎を目指す彼らの元気あふれる2017年を追った。

上山メンバーがやっている活動に密着していただき、8月16日に放送予定です!

取材に何度も足を運ばれ、TV局のディレクターさんとも関係性ができるなかで、僕のドローンの映像を番組内で利用してもらうことになりました。

何度か一緒にディレクションをしてもらいながら、ドローンを飛ばしたりしました。ありがたいことに仕事としてやらせてもらってます。

DJI 0479

映像について色々とお話したり教えていただきながら飛ばすことができて、とても勉強になりました!足りない技術とかも分かりましたし。

かなり楽しかったです!先日の夏祭りの様子もドローンで撮ったのですが、これもアップされるのかな?

こういう空撮仕事も増やしていけるよう動いていけたらと思います。

RSKのメッセージでは2012年にも上山を取り上げています。

8月16日の放送は上山がどんな風に編集がされているのか、ドローンの映像がどんな風に使われているのか楽しみです(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ドローン屋台、6つの課題と対策。

20708315_1305433892917419_3554930884757439462_n.jpg

どーも、冨安です。

8月11日は上山夏祭り!ドローン屋台は果たして盛り上がるか?

先日ブログでも記事にしましたが、上山夏祭りが無事終了いたしました!

20727895 1520767991326786 995292637994494556 n

DJI 0021

20729366 1503127849743507 6802026510958537066 n

僕はドローン屋台という初めての試みをしてみたわけですが・・・

結果としては、もう課題しかないドローン屋台でした・・・!

やってみないと分からないことが多かったので、これからもっと面白くなるよう改善したいと思います。

これからドローン屋台をやりたい人のために(いるのか?)

ドローン屋台が抱えた6つの課題と対策をお伝えします。

当日が全く写真を撮ることなど忘れていまして、写真がほとんどないのですが。

何をやったか?ドローン落とし。

ドローン屋台で何をやったか?

Parrot社のMamboというトイドローンを使った、駄菓子を掴んで標的に落とすゲームです。

20768192 1520767954660123 7514915426282216572 n

Mamboにはモノを掴む機能があり、10円ガムくらいの重さなら掴んで飛ぶことができます。

この機能を使ったミニゲームですね。

実際にやってもらったら楽しんでもらえるのですが、やはりなんかもう課題しかありませんでしたw

課題①:外で風が強かった。

まず祭り会場は外で、この日はスカイランタンも飛ばないくらい風がありました。

Mamboは150グラムほどの軽い機体です。

もはやドローンを飛ばし慣れてる人でも、上手く飛ばせないんじゃないか?

っていうレベル。

風がなければ操作もだいぶやりやすいのですが、風で操作が難しすぎました。

課題②:防風対策が半端だった。

外でドローン屋台をやるときはテントで三方が囲まれた所でやるべきでしたね。

風の影響を減らすことはできたと思うのですが、いかんせんこんな感じでやっていたのでw

20768192 1520767954660123 7514915426282216572 n

室内でやるのと、外でやるのでは全く準備の仕方が違いますね。

外でやるときは防風対策が必須。

課題③:バッテリーが回らない

これは十分あり得るな・・・と思っていたのですが。。

バッテリーは4本用意してあったのですが、これでは回りませんね。

バッテリーが一回10分くらいで、充電時間が30分近くかかります。

充電しながら回してはいたんですが、僕がずっとお客さんの対応をしていて充電し忘れたりもして。

一人のお客さんにかかる時間も長かったりして、バッテリー4本体制では厳しかったです。

もう3本あれば大丈夫かな。

さらにバッテリーの予備だけではなく、プロペラやグラバーの掴むアイテムも予備があった方が無難です。

プロペラは一本なくなったのと、掴むアイテムが途中調子悪くなったので予備と交換しました。

ちなみに僕が持ってる予備バッテリーはこれ。

バッテリー3本と充電器付きで3000円なので安い。充電は同時に3本することができます。

課題④:一人一人にかかる時間が長くなってしまった。

これもやる前から分かってはいたのですが・・・。

操作を教えるところからスタートしてミニゲームという流れだったので、どうしても一人一人にかかる時間が長くなってしまいました。

風の影響で練習が練習にならなかったりもして難しかったのですが、練習をどこで区切ってミニゲームに入るか?

ここはルールを決めておきべきでした。

練習のフライトは何回で、それからミニゲーム。みたいな感じで。

風の影響で墜落して、それで終わりだと申し訳なさすぎるし難しかった。

1番理想的なのはドローン2台体制で、体験とミニゲームは切り分けることかもしれませんね。

何にせよ風が最大の敵でした(笑)

一人一人にかかる時間が間延びしてバッテリーも消耗し、お客さんが回らない状況になってしまったので課題ですね。

課題⑤:テント内が狭かった。

テント内が狭かったので、ある程度ドローンを安心して飛ばせるようスペースは広めに設けるのがベターぽいです。

20708315 1305433892917419 3554930884757439462 n

この日は風の影響もありドローンがあっちいったりこっちいったり・・・。

途中でこの日はもう止めた方が無難なんじゃないか??

と思ったりしたくらいだったんですが。

相当数墜落もして、プロペラどっかいったりなどもしました。

まあ機体はぶっ壊れなくてよかったです。

スペースをとれるのであれば、広いスペースのところでやった方が楽しめると思います。

課題⑥:空撮仕事でバタバタしていた。

この日は屋台もやっていたのですが、TV用のドローン空撮仕事もありました。

19時くらいの1番人がいるんじゃないか?

みたいなときに、ドローン屋台誰もいないみたいな状況になってしまったので良くない。

僕以外に誰か一人ドローンを教えれる人がいないとだめですね。

やってもらった方には楽しんでもらえた!

課題は多かったのですが、やってもらえたお客さんには楽しんでもらえたかなと思います。

ドローンを飛ばしたことがない方がほとんどなので、操作体験だけも十分面白いし絵になります。

DG9K8JgV0AQlTEA

子どものチャレンジが多かったですね。

操作方法をちゃんとレクチャーすれば、操作はできるようになります。いかんせん風がやっかいすぎたのですが・・・!

それ以外だと大人の女性も面白がってやってくれましたね。

やれば楽しいからこそ、バッテリー問題や一人にかかる時間が長い問題など回し方を失敗したのは残念。

またドローン屋台をやるときは改善して望みたいと思います!

お祭りでドローン屋台出店をご希望の方はお気軽にご連絡ください!あなたの町のお祭りでもドローン屋台を一緒にやりましょう!笑

上山夏祭り2017、無事に終わってよかったです。スカイランタンは強風で上手く飛びませんでしたが、最後の花火は近いところからみれて迫力満点でした。

夏祭りの様子を動画にまとめたので、お時間あるときにご覧くださいませ(^^)

参考までに、今回僕が使ったドローンのParrot社のMamboや付属アイテムの紹介です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0