考察コラム

野焼きはチームで。空エリア野焼き、小山防火帯づくり 【2017/4/5 上山移住日記③】

DJI_0079.JPG

どーも、冨安です。

3月末に北海道から岡山県美作市上山に移住してはや2週間ちょいが経過しました。

こちらに来てから仮住まいに住んでいましたが、2度目の引越しも終わり生活が落ち着いてきました。これから上山での田んぼを中心んした活動や仕事も本格的になってくると思います。

防備録を兼ねて、上山移住日記ということでこっちでの暮らしなどを書いております!

若き23才オーナーがいるキャンプ場【大芦高原キャンプ場 -Oh Ashi Forest-】上山移住日記①

初の野焼きと防火帯づくり。2017/4/4 上山移住日記②

4月5日は空エリアの野焼きを。

日にちは遡りますが、4月5日は上山の中でも空というエリアにて野焼きを行いました。

野焼きは耕作放棄地再生に向けた第2歩目。第一歩は草刈りです!

17499110 1386237371443182 2190633166609687400 n

道路に面している箇所での野焼きで、道路沿いの防火帯は入念に。

野焼きは火をコントロールしながら、意図した方向に燃やしていきます。

意図しない方向に火がいってしまうと山火事になるリスクもあり、野焼きでは難しいリスク管理が求められます。

例えば、気温が高く乾燥していると火が燃え上がるスピードがはやく、できれば4月ではなく3月中くらいに野焼きはしてしまいたかったそう。

リスクの高い野焼きでは、チームプレーが重要。

・火をつける人

・火が燃え広がらないように監視、火消しする人

など役割が分かれます。

17634590 1386237694776483 3870235140245619798 n

17799148 1386237861443133 1010636916383796370 n

17991177 1372658759471044 5063754380058835619 n

上山ではこうした野焼きや田んぼは、移住者を中心にしたチームで行っています。

みんなでやることはチームでやり、個々それぞれソロでの活動もある!

みたいなイメージの動き方で、こういう動き方の中に身を置くのは新鮮でいいです!

ここからはドローンの画像で。

この日は野焼き中にドローンを飛ばしていたので、ドローンの写真で野焼きの様子をお伝えします!

DJI 0042

DJI 0044

ドローンが焦げないような高度へ。

DJI 0046

この写真でいえば左から右へ。徐々に燃やしていきます。

DJI 0050

DJI 0061

DJI 0067

DJI 0076

ちょっとずつ高度をあげてみる。

DJI 0077

DJI 0079

道路のラインがかっこいい!ドローンで上山の細道を色々と撮ってみよう。

DJI 0087

この日の野焼きも無事終わります。特殊な緊張感が野焼きにはありますね・・・。

まだまだ現場素人なので頑張っていきたいと思います!

この日の午後はさらに小山地区の防火帯づくりを。

午前中に空エリアでの野焼きを終えて、午後は小山地区の防火帯づくりを行いました。

17992155 1372658939471026 3249016583484463448 n

広範囲にわたる野焼きで、割と歩きづらいところも多い感じでした。

17990910 1372659006137686 4223254252933742569 n

17990780 1372659012804352 5252892701966062358 n

18010563 1372659016137685 7008881283343549340 n

このあたりを全部燃やします。この日はそのための準備を行いました。

17952004 1372659082804345 1195484016867590901 n

下にみえるフェンスに燃え広がらないように防火帯づくりを行います。

17990908 1372659096137677 8128477300493209480 n

近くでみるとこんな感じです。

まだ春ですがかなり暑く、夏は一体どんな感じなんだと思いますね。

今日は小山地区は防火帯づくりのみを行い、また野焼きは別日に行われました。

上山は5、6年前から知っていて派手なことをやってるイメージも強い地域ですが、実際に住んで一緒に活動していると、ひたすらに地道な取り組みの積み重ねてきたんだなあと感じます。

棚田再生の先にはどんな景色や世界が待っているんだろう??この想像がつかない未来へのワクワク感。自分たちで自分たちの理想とする世界を創っていくこと。

僕が上山でやっているのはこんなことなのかなと思います。

お、それだけでなく稼ぐ仕事もせねば・・・!

17757210 1363659760370944 5263906940415713611 n

人みたいな顔してるロッキー君も元気!

現場からは以上です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

岡山県美作市上山に移住しました。子犬を連れて。

17554513_1349580735112180_1333073617387529451_n.jpg

どーも、冨安です。

2017年の4月は大きな変化がある年になりまして、先日5,6年ほど住んでいた北海道を離れまして岡山県の美作市上山という地域に移住しました。

こちら今回僕がいく地域のHP→上山集楽

3日前くらいにフェリーで北海道から引越しをして、なぜか子犬と一緒に移住しました。

17425117 1344238585646395 8369683627051342162 n

自分が岡山県に住む日が来るとは全く考えていなかったのですが、色々な繋がりやご縁があって、今回の上山移住に至りました。

一旦仮住まいに住んでいて、少しずつ地域とも関わりつつ上山での暮らしがスタートしています。

17553890 1346585558745031 7183987409501195568 n

IMG 4758

簡単ではありますが、どんな経緯で北海道から上山に移住することになったのかお伝えしたいと思います。

岡山県美作市上山ってどこ?

僕自身、中国地方に住むのは初めてで岡山、広島、兵庫などあまり土地勘がありません。

北海道で次は岡山県に行きます、と言っても

「岡山ってどこだっけ??」

みたいな方が多かったのは印象的です。北海道とか住んでると中国九州あたりはよく分からないものかもしれません。

岡山県 Google マップ 🔊

兵庫県と広島県の間にあるのが岡山県です。

北は鳥取。

南は香川という感じなんですね。

こっちに来てから、こういう感じなんだと改めて知りましたw

美作市 Google マップ

6市村町が合併してできたのが美作市。南北に長い。

兵庫県と鳥取県に隣接しています。

上山 Google マップ

上山は広い美作市のなかでも最南端にある地域です。

青い点は僕が住んでいる所です。

IMG 4779

標高は最も高いところで519mあり、急傾斜地のなかに家が点在しているのが特徴です。道も細長く傾斜がある道が多い。

IPhoto

来たばかりの印象としては、山の中に集楽があって暮らしがあるイメージ。棚田とともに暮らしがある地域です。

追々紹介していきますが、棚田再生を中心にモビリティプロジェクトなど様々な取り組みが行われています。

これは限界集落の一つの未来かもしれない。8300枚の棚田を復活させ、最新型モビリティで走る、岡山県「上山集楽」で始まった自立型集落への道 | greenz.jp | ほしい未来は、つくろう。

なんで上山に移住したの?

北海道夕張市での暮らしは楽しいものだったので、北海道には結構愛着があります。

それでも上山でやってみたいという想いが勝ったから来たんだと思います。

上山は全く縁もゆかりもない地域ではなく、ご縁は2011年から。

北海道の平取町で地域おこし協力隊をやっているときに、協力隊ネットワークの村楽LLPの集まりが美作市であり、上山の方と縁ができたのはそこからです。

5、6年近く繋がりがあるので、全く接点のない地域に行くわけではありません。

それでも自分が上山に行くとは考えたことなかったのですが、上山に行くきっかけになった大きな一日がありました。

昨年の夏、僕がドローンを飛ばして遊び始めた頃ですねー。

上山で活動されてるかっちこと西口さんとびびさんのお二方が、北海道を回られていてそのとき突如夕張にもドローンを見に立ち寄ってくださいました。

13668653 1126158047440491 6462828520152213821 o

この日がきっかけで、上山の夏祭りにドローンを飛ばしにいくことに。

こうした経緯がある中で、上山でやってみたいなあーという思いが強くなり移住することにしました。

さらに細かい経緯は長くなるので追々書いていければと思っています(^^)

一見関連性のないように見える人の繋がりや行動の積み重ねが、今回の移住に繋がった。

移住って、理屈よりも人の縁・繋がりや直感が大きいと思います。

もし〜〜してなければ、来てなかったなだろうなあということがたくさんあります。

もし僕が平取町で地域おこし協力隊をしていなければ、上山との繋がりは生まれていなかったかもしれない。

もし村楽LLPのイベントやかっちびびさんの結婚式に行ってなければ。

もし公務員を辞めていなければ。

もしドローンを飛ばして遊んでいなかったら。

もしブログをやっていなければ。

・・・・みたいなことがたくさんあって。

逆に上にあげたような1つ1つの行動があって、今僕は上山にいるんだと思います。

今回の移住はこれまでの人の繋がり、自分の行動が積み重なった結果なのかなと感じています。

血縁は上山に。子犬のロッキー。

そして今回僕は子犬のロッキーを連れて移住しています。

17626353 1346585555411698 1936226103557024829 n

実はこのロッキーも上山と縁深い犬!

17522683 977980222334416 7876385776739665602 n

こちらの白い犬、まるはロッキーの親です。以前住んでいた平取町のくまさん荘という場所で暮らしています。

平取町と上山も色々と縁があるんです。

そしてまるの親が、上山におりましてロッキーのじいちゃんとばあちゃんにあたりますね!

今回まるから5匹子どもが生まれたのですが、ロッキーは北海道を離れて上山で一緒に住むことになりました。

これまで犬を飼ったことはないので、右も左も分からない感じなのですが・・・!

きっと愛されて育っていくのでしょう!

というわけで今回の移住には、不思議な犬繋がりも。

今だからできることを大切に、色々とチャレンジしていけたらと思う。

北海道平取町、夕張市に続き、3度目の移住となりました。

移住して1年目はどこに行っても大変だと思います。

上手くいくことばかりではないし、人間関係だって上手くいくか分かりません。

就職するわけではないので収入も不安定になると思います。

いや、

元々不安定なのでこれまで通りでしたw

まあでも不安以上に楽しみが勝るのが移住、というか

何がどうなるか全くわからない感じが移住1年目は最高ですよね!

上山では果たしてどんな暮らしが待っているのか・・・??

まず犬と一緒になるところから予想外だし、何がどうなるか全然分かんないですね。

北海道との出会いや繋がりに感謝。

これまで5、6年暮らしをおくってきた北海道や出会った方々に感謝。

北海道での暮らしがあってこその、今回の上山だと思います。本当にありがとうございました!

行きたい地域や家が多すぎるので頻繁に遊びに行くと思います。

岡山県や美作市、上山の皆さま、ロッキー共々これからどうぞよろしくお願いいたします。

詳しいプロフィールは→プロフィール

17554513 1349580735112180 1333073617387529451 n

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

4泊5日道南旅。暮らすような旅が育むピースフルな世界

DJI_0125.JPG

どーも、冨安です。

先日4泊5日で急遽洞爺湖や厚沢部町、松前町、函館など道南を巡ってきました。

DJI 0018

IMG 2503

DJI 0097

IMG 2544

今回はちょっと9月前半に夕張でAirbnbミートアップを一緒に企画した、札幌でAirbnbコミュニティリーダーをされている石黒さんとそのお子と3人で道南を巡っています。

【告知】9/3・4日!夕張 × Airbnb in Hokkaido ミートアップを開催!

自分でしか生み出せない歴史をつくる面白さ

このミートアップのときに洞爺湖の礼子さんという方とのご縁が旅のきっかけです。

洞爺湖の礼子さんはくそまじめゲスブロガーのあんちゃ(まじまじぱーてぃー)の母です。写真右

14188551 1164494350290904 6603741992350070144 o

洞爺湖は行ったことがなかったので行きたかったので、せっかく縁もできたことに行くことに。

さらにどーせ洞爺湖まで行くなら函館とかも回ってしまうか!

ということで3泊4日の予定で道南巡りをすることなり、結果として4泊5日になりました。

Google マップ 🔊

トータルで約800キロほど(東京から広島くらい)の走行距離でしたw

人の繋がりを辿る旅

今回の旅のスタイルはAirbnbのカルチャーを愛する石黒さんとご一緒した旅らしく、人の繋がりを辿るような旅でした。

あとドローンを色んな所で飛ばせて大満足!

洞爺湖では礼子さんの家、厚沢部町では僕が地域おこし協力隊時代に知り合った荒木君のところ、函館ではAirbnbの弘年さんの家、最後には再び礼子さんの家という感じでした。

先に「人」があって、そこに「地域」がついてきた。

みたいなイメージでしょうか。

とても有り難いことに行く先々で歓迎してもらい、「人の繋がりがあるからこそできる旅の良さ」を実感しました。

僕自身Airbnbを7月からホスト側を経験したので、ゲスト側としてどんなことが嬉しいのか?

自分でより感じることができたかなと思います。

洞爺湖も含めて道南方面に行くのは初でした。

旅先で「ただいま」といえる新しい居場所に出会えること

今回僕らがした旅はAirbnbのコンセプトでもある「暮らすように旅する」に他なりませんでした。

今回は繋がりある地域もあれば、人の繋がりがなく残念ながら通り過ぎてしまった地域も数多くありますが。

行く先々でそこで暮らす人と繋がり、「また会いたい人」や「また行きたい地域」に出会えること。

「暮らすように旅する」は仕事やプライベートにつぐ、自分の第3の居場所を増やすことでもあると思います。

14359227 1185259591547713 3323497604705081840 n

まずは夕張にて。

14448938 1185259171547755 1708856350213092063 n

洞爺湖にて。

14355553 1185259471547725 1506488828726986507 n

厚沢部町、0円免許合宿の皆さんと!

【0円免許合宿】実質無料で免許を取得できる合宿所が北海道に誕生しました。 | 22歳、北海道の田舎に移住しました。

14212615 1186356921437980 3888406943036715946 n

新しく行く地域でこうしたそこで暮らす人たちと繋がりを持てるのは嬉しいです!

旅先で一瞬一瞬の時間を共有できる幸せ

では「暮らすように旅すること」が、観光地を巡るだけの旅と何が違うのか?

それは「予想外の人の想いや優しさに触れることができること」だと思います。

観光名所を巡ってホテルに泊まって、という旅ってどこか淡泊な印象があります。

既にインターネットで見たものをただ確認するだけで、旅が確認作業みたいになるんですよね。

一方で現地の人と繋がり「暮らすように旅すること」は、マニュアル化することができない予想できない「人の想いに触れる機会」に出会うことが多々あります。

コトの大小は関係なく、人の想いや優しさに触れること自体に大きな喜びがあると思います。

IMG 1562

IMG 1506

そこに住むの人の優しさに触れて、一緒に笑ったり泣いたりと色んな感情を共有できる空間。

縁もゆかりもなかったはずの地域で、そこにいる人たちと過ごす一瞬一瞬の時間を共有できることは幸せだなーと実感。

今回僕らが旅先で経験したカルチャーが広がる意義

「暮らすように旅すること」は知らなかった地域やコトとの距離感を縮めます。

予期せぬ人との出会いや優しさに触れることは、そこに行かなければ出会うことができないことです。

どんなに情報社会が進化しても。

こうした旅により「ただいま」と言えるような第3の居場所が増えることは、生き方の選択肢や人生の幅を広げます。

今がどんなに死にたくても自分には「ただいま」といえるあの場所がある、みたいに思える意義は大きいと思います。

金銭的な価値以上の経験が育まれることもたくさんあるはず。

今回は単なる観光名所に足を運ぶ「確認作業の旅」ではなく「予想外な人の優しさや感動に数多く出会えた旅」でした。こうした旅のカルチャーの先にあるのは個人の壁がなくなり、もっと笑顔が溢れるピースフルな世界だと思います。

そしてそんな世界を育んでいけるよう自分の人生の時間や情熱を傾けていけたらと思えた時間でした。

今回の旅先でお世話になった皆さまやかずしげさん、いち君、本当にありがとうございました!

DJI 0125

洞爺湖のサンセット×ドローン。やばかった。

DJI 0138

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

自分でしか生み出せない歴史をつくる面白さ

14138774_1766313146990862_1475053688216375745_o.jpg

どーも、冨安です。

【告知】9/3・4日!夕張 × Airbnb in Hokkaido ミートアップを開催!

先日告知をした上記のイベント、9月3日、4日に無事終了いたしました。

Airbnb×夕張をテーマに、Airbnbが持つ可能性を夕張や北海道で広げていくチャレンジへの第一歩でした。

Airbnbホストさんや夕張在住の方、ブロガーさんなどお集まりいただきました。

色んな活動をしている方がいたので少しご紹介します。

エアラジをやっているカズさん

  「あんた住んでないね」日本のAirbnbの置かれている状況を悟った瞬間 | Books&Apps

グダグダ感が面白い笑

 京都からお越しいただいた インバウンドのYouTuberになると決めた報告と、その理由について | 那須裕介 / Yusuke Nasu 「ジャパネスクエスト/Japanesquest」のYuusukeさん。

本当に動画のクオリティーすごい・・・。

まじまじぱーてぃーを運営するクソマジメゲスブロガーのあんちゃ

 まじまじぱーてぃー さらにそのお母さん!  

などなど皆さん一緒にいて刺激的な方ばかりでした。Airbnbのホストもやっているから皆さんすごく気も利く方ばかり。

BBQからはじまりズリ山登山や発電所見学など、財政破綻した夕張の歴史や文化を感じる部分もありつつ、地元内外の方々の交流が育まればという企画でした。

細かい当日の様子は置いておき!

このイベントをやって感じたことは「自分でしか生み出せない歴史をつくる面白さ」でした。

世の中別に自分じゃなくても出来ることはたくさんあります。

一方だれしろ、自分でなければ出来ないことも必ずあると思います。

一度きりの人生、どうせなら代替のきくことより自分でしか出来ないことをやりたいものです。

今回の夕張ミートアップは偶然の縁が重なりうまれた企画!

今回のAirbnbミートアップは偶発的に生まれたもので、もし僕がいなければ生まれることはなかった企画です。

企画はAirbnbに特化したエアログを運営している、るってぃ。Airbnbの北海道コミュニティーの運営などされるkazushigeさん。そして僕の3人がコアメンバーでした。

まず企画のきっかけはるってぃが夕張に足を運んでくれたことでした。

Airbnbで夕張に3日滞在し、忘れていた童心を取り戻した【廃校保健室】 | エアログ

るってぃが夕張滞在後、今回一緒に企画をしたkazushigeさんのリスティングへ。そこで夕張の話題も出たそう。

僕とkazushigeさんは7月初旬くらいにAirbnbの札幌でのミートアップでお会いしていました。

Airbnbだからできる地方創生。AirbnbJapan主催、ホストミートアップに参加。

お二人とも7月に1回お会いしたばかり。

Airbnbを使って 「町」を再生させることができるのか? | エアログ

るってぃが夕張で感じたこと、やりたいことに共鳴する形で3人でまずは何かやってみよう!という流れになりました。

その後オンライン上で話しを進め、Kazushigeさんには夕張に足を運んでいただき夕張の方々との繋がりを育みながら準備を進行。

当日は夕張の様々な方のご協力、遠方から参加してくれた方々のおかげで無事終えることができました。

もちろん課題も多いです。

DJI 0038

偶発的に繋がった3人がいなければ、この企画は生まれなかった!

世の中には別に自分じゃなくても回ることが大半です。でもやはり自分じゃなければ出来ないことも一人一人の人が持っているはず。

例えば今回のAirbnbミートアップ夕張は、まずるってぃとKazushigeさんと僕がいなかったら生まれることはなかった企画です。

言い出しっぺのるってぃ

地道に夕張や参加者への投げかけをしてくれたKazushigeさん

夕張でのハブ的な役割だった僕

更には企画前段階からご協力して下さった夕張の方々、企画前日から足を運んでくれたAirbnbホストの皆さま、当日参加して下さった皆さまなど・・・。よく考えたらすごい縁だなあと思います。

14138774 1766313146990862 1475053688216375745 o

出会って間もありませんでしたが、まず出会ったばかりの中心メンバーである程度共鳴するものがあったからとりあえずやれたんだと思います!一人でも欠けていたら今回の企画は生まれることはありませんでした。

今回のAirbnbミートアップ夕張は、おおげさにいえば僕らがいなければ生まれなかった歴史なんですよね。

また色々な出会いがあり、小さな一歩も後々の大きな一歩に繋がることもあるかもしれません。

人生は一度きり。自分がいたから生まれた歴史を作ってこそ

別に後世に語り継がれるような大げさなものでなくても「自分がいなければ生まれなかった歴史」

っていうのをたくさん作っていきたいですよねー!人間いつ死ぬか分かりませんし、一度きりの人生なので。

一見すると無理そうなことこそチャレンジしていきたいなーと、今回のミートアップを通じて思いました。

なによりこうして素敵な方々と一緒の時間を過ごせたことを本当に嬉しく思います!

14188551 1164494350290904 6603741992350070144 o

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

働かないアリは、なぜ働かないのか?

どーも、冨安です。

先日このような記事を見かけました。

<働かない働きアリ>集団存続に必要 働きアリだけは滅びる (毎日新聞) – Yahoo!ニュース

面白いテーマですよね。

集団が存続するためには、働かないアリも必要であると。

こちらの記事から内容を引用してご紹介します。

コロニー(集団)の中に必ず2~3割いる働かない働きアリは、他のアリが疲れて動けなくなったときに代わりに仕事をし、集団の長期存続に不可欠

これまでの研究で、働くアリだけのグループを作っても、必ず働かないアリが一定割合現れることが確認されている。仕事をする上では非効率な存在で、働かないアリがいることが謎だった。

最初よく働いていたアリが休むようになると、働かなかったアリが動き始めることを確認した。

勤勉なアリだけのケースでは一斉に疲労で動けなくなってコロニーが滅びてしまうのが早く、働かないアリがいる方が長続きする傾向があった。

※出典 <働かない働きアリ>集団存続に必要 働きアリだけは滅びる (毎日新聞) – Yahoo!ニュースより

この著者の方の研究ですね。

この本は買ってたけど、まだ読んでなかった。

働かないアリは、なぜ働かないのか?

ある集団ができた時に、働くアリ・働かないアリがいるとの研究。

いったいなぜ働かないアリが発生してしまうのでしょうか?

集団において、基本働かないアリになる、僕を事例に考えてみましょう。

僕も典型的なこの働かないアリに属すタイプの人間。集団で何かをするときは、基本的に機能していません。

まさに働かないアリ。

ではなぜ僕が働かないアリになるのか?

それは他の人たちが、僕が何かする前に全ての仕事をしてしまうからであり、働かないアリがいるのは、働くアリがいるからです。

これは価値観の問題でもあり、

僕は「ここは頑張る必要ない」、

と思うことでも、

ある人は「この状況はまずい!必死に頑張らないと!」

と思うことがあります。

そしてよくあるのが、僕が何かをするまえに、気づいたら他の誰かがやってくれた!

というケース。

僕が「後でやればいっか」と、のんびりしている間に、気づけば仕事は処理されているのです笑

ワークショップやグループワークで考えてみよう!

例えば何かのイベントで、よくあるグループワークやワークショップをイメージしてみてください。

だいたい5、6人くらいのメンバーがいたら、気づいたら役割分担が出来ていませんか?

①仕切る人

②いい意見をいう人

③大したことは言っていないけど存在感のある人

④何かを書いている人

⑤何もしない人

だいたいこのような感じで、パワーバランスが保たれることが多いのではないでしょうか?

僕は基本的に、⑤の何もしない人に落ち着きますね。

この①ー⑤が全員仕切りたがる人たちになっては、その場は成り立ちません。

分相応な役割が成り立ち、その場は成立しています。

だいたいの人は僕よりも仕切る能力が高いので、僕は何もしない方がかえって好都合でしょう。

冬の除雪の事例。

こうした働かないアリ・働くアリは、それぞれの価値観の違いにより発生しているパターンが多いと思います。

北海道は冬、除雪という仕事をしなければなりません。

僕がちょっと降ったくらいなら除雪しなくていいや、って思うとします。

でも同じ降雪量でも、除雪しなきゃだめだ!ってなる人もいます。

どこまで部屋が汚れたら、掃除をはじめるか?

みたいな話も価値観により異なってくると思います。

例えば同じ部屋で

僕が掃除をする必要がない、と思っても

ある人は、こんな汚い部屋は掃除しないとやっていけない、と考えるかもしれません。

追い込まれるまで、行動をしないことは僕自身の課題ですね・・・。

ラテン気質なのでしょうか?

それでも働かないアリが、働くとき

では僕のような働かないアリは、一体どのような時に働くのでしょうか?

いつだと思いますか?

・自分以上に、働かない人たちが集結してしまった時

・自分一人で仕事をやらざるをえない時

この2つですかね。

僕よりも働かない人ばかりが集まったら、僕はさすがに働かざるをえません。

逆に普段は働く人たちも、自分以上に働く人ばかりが集まったら、働かなくなると思うんですよね。

他の人たちが仕事してくれますから。

僕はどこにも属していない、フリーランスですが、さすがに自分で何とかせざるをえないので、働かざるをえません。

でも大きな組織にいたら、他の人が頑張ってくれるから、遠慮なくそれに甘んじます。

僕は集団で機能しないことが分かったので、1人でやっていこうと思いました笑

価値観の違い

働かないと思われるアリは、働くアリと価値観が違うから、働いていないだけ。

働くアリ、働かないアリは両者いて当然。

みんな同じタイミングで仕事をしていたら、この世の中は成り立たない。

というわけで、僕にたいして

「あいつ仕事をしてねーな・・・!!!」

と思うことがあってら、僕はきっと違うタイミングで仕事をしています。

そういうことにしておいてください(笑)

この書籍は買ったけど、読んでなかったからちゃんと読んでみよう。

働かないアリに意義がある (メディアファクトリー新書)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

SMAPを見てて思った、逃げる勇気の大切さ

名称未設定_1

どーも、冨安です。

SMAPの謝罪会見は衝撃でしたね。

普段はテレビは見ない僕ですら、気になってしまいました。

キムタク以外のメンバーの煮え切らない感じの表情からは、芸能界の闇を感じる次第でした。

ベッキーの件もみてて思いましたが、芸能界は本当に大変そうですね。

闇が深そうです。

反乱者を公開処刑するかのような光景は、恐怖政治にしか感じられません。どの世界も変わりたい人・変わりたくない人の縄張り争いだらけ、なのかもしれませんね。

でもこうしたニュースが大きなトピックになるあたり、日本は平和で素晴らしい国という証拠かもしれません。

安倍晋三さんも

「SMAPが解散しなくて良かったです。」

と国会で言っています。日本は本当に平和ですね。

そして僕は芸能界に参入しなくてよかった、

そう思います笑。

何事も続けるより、辞める決断の方が難しい。

SMAPに限らず、多くの人にあてはまることで、何事も続けるより、辞める決断をする方が難しいものだと思いました。

例えば僕は公務員は1年間でパッと辞める決断をしましたが、エネルギーのいることでした。

辞めるよりも惰性的にダラダラと続ける方が、よっぽど簡単だったと思います。

例えば会社などの組織で、これまでやってきた事業を辞める決断もなかなか出来ないものではないでしょうか?

意味がないと分かっていながら、ダラダラと今までやってきたから、という理由だけでやっている事業もたくさんあると思います。

サンクコスト、とも言われる考え方です。

埋没費用(まいぼつひよう)とは、事業や行為に投下した資金・労力のうち、事業や行為の撤退・縮小・中止によっても戻って来ない投下資金または投下した労力をいう。サンク・コスト (sunk cost) ともいう。

Wikipediaより

このサンクコストなどを考えてしまい、撤退するべき事業を辞める決断が出来ず、衰退している大企業や地域は多いのではないでしょうか?

ブラック企業で社畜!という人はなんで会社を辞めないんだろう?

同じ話でブラック企業、と自身で思うような組織で社畜、と言う方もたくさんいる世の中だと思います。

僕は合わない、と思ったことはパッぱと辞める決断をしているので、そんなグチグチ言うのに何で辞めないんだろう?

と疑問に思います。

僕の場合は根性がないだけの可能性が高いですが・・・。

ブラック企業の例も物事は続けるよりも、辞める決断をする方が難しいということを表していますよね。

SMAPと比較するのもおかしいんですけど。。

辞める決断・その後の行動を実行するためには、本当にエネルギーがいると振り返って思います。

でも結果として若いうちに、常識に反した決断をしてきて良かったと考えています。

逃げる勇気、捨てる勇気

日本では我慢をすることが美徳とされていますが、本当にそうでしょうか?

ある組織にいると、その世界が全て!他に選択肢はない!

と思ってしまいがちだと思います。そしてなかなか逃げる、という決断をすることが出来ない。

でも案外選択肢はたくさんあり、色んな居場所があるものだと思います。

惰性的に続けることに勇気は入りませんが、

逆に、

逃げる・辞める・捨てるっていう決断は勇気がないと出来ないと思います。

ドラゴンクエストにも必ず「逃げる」というコマンドがあります。

勝てない敵からは、逃げないと死んでしまいますからね。

リアルの世界も死ぬくらいなら、何事も逃げた方がいいと思います。やりたいことを我慢している間に死んでしまったら悔いが残りますからね。

もちろん立ち向かうことも大切ですが、時には逃げる勇気も大切なのではないでしょうか?

時に逃げる勇気も必要だ。生きるためにはな。

聖闘士星矢 栄斗

 

聖闘士星矢オメガ 500ラージピース 聖闘士星矢オメガ 500-L149

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

Amazonが「モノ」の流通を変えたとしたら、クラウドソーシングが変えるのは「仕事」の流通!

どーも、冨安です。

最近クラウドソーシングのことしか書いている気がしませんが、

クラウドソーシングばっかりやってるから仕方がないですね。

クラウドソーシングは日々使っていて、本当にこの仕組みは世の中を変えるインパクトがあるのではないかと感じています。

本日はまだまだ認知度の低いクラウドソーシングという仕組みが持つインパクトを、僕らの日々の暮らしに欠かせなくなったAmazonや楽天などのサービスと比較して考えてみたいと思います。

Amazonが変えたことはなに?

クラウドソーシングの前に、1度Amazonについて考えてみます。

僕のように地方にいると、Amazonを使っている方はかなり多いのではないかと思います。

今では生活になくてはならないサービスとなったAmazon。

では一体Amazonは僕たちの生活の何を変えたのでしょうか?

最もイメージしやすいのは、「モノ」の流通ですよね。

例えば、本。

僕のように本屋が充実していない町にいたとしたら、これまで欲しい本を買うために1時間・2時間かけて本屋に行く必要がありました。

でもAmazonがあることによって、インターネットから探して欲しい本を届けてもらえるようになりました。

さらにKindleがあることで、本を配達する手間もなく、

購入してから、その場でタブレットで読書をすることも可能です。

Amazonがあることで本の流通は大きく変わり、

地方の条件不利な町にいても、本を手に入れるために僕は困ることはありません。

これは本に限らず、食品・おもちゃ・雑貨・DVDでもあらゆる「モノ」に当てはまります。

条件不利な地域にいようが実店舗に足を運ばなくても、欲しい「モノ」ってある程度手に入れることが可能だと思います。

最近登場したAmazonプライムビデオやプライムミュージックは、DVDやCDの流通を変えますよね。

このようにAmazon、楽天、ヤフーみたいなネットサービス会社が、

ネットを通じて「モノ」の流通を変えてくれたおかげで、僕は地方の町にいてもそこまで「モノ」に困ることがありません。

「モノ」の流通が変わっただけで、僕たちの生活にはかなりのインパクトがありました。

クラウドソーシングが変えることはなに?

Amazonや楽天が「モノ」の流通を変えて、僕らの生活に大きなインパクトを与えたとしたら、

クラウドソーシングが変えることは一体なんなのでしょうか?

個人的に利用している実感からも、

クラウドソーシングが変えることは、「仕事」の流通だと思います。

クラウドソーシング、という言葉を聞いてもなんだそれ!?

という方が大半だと思いますがクラウドソーシングは

クラウド/ソーシング、と分けることができます。

クラウドとはよく見る言葉だと思いますが、2つの意味で使われます。

①cloud(雲)

②crowd(大衆)

クラウドソーシングのクラウドは、②crowd(大衆)の意味で使われています。

そしてソーシングは、業務委託、

クラウドソーシングで大衆に業務委託をする、という意味合いになり

インターネット上で不特定多数に業務委託をする雇用形態のことを指します。

インターネット上でコミュニケーションを図ること、データ共有することなどが簡単で低コストになったから、普及してきたのだと思います。

何と言ってもすごいことは、

ネット上で仕事を探す、受注する、コミュニケーションをとる、納品する、お金をいただく、

という仕事の全てのプロセスをインターネット上だけで完結できることです。

契約が案件単位のため、決められた納期までに、決められた完成品を納品することができれば、

時間や場所に拘束される必要はありません。

その代わり結果を出さないと次の仕事はないし、いつでも不安定なんですが・・・。

でもそのリスクを含めても決められた時間までに、決められたことをやって、結果を出せば後は自由っていう今の方が僕はいいですね。

職場の人間関係、無駄な会議などに消耗することはないし、昔から団体行動が苦手な僕には有り難い仕組みです。

国内を代表するクラウドソーシング会社はランサーズという会社。

クラウドソーシングの百貨店的な感じで多方面にわたる案件があり、僕はいまランサーズのみ利用しています。

【ランサーズ】日本最大級のお仕事マッチングサイト!

大手企業からの富の分散。

そして僕が使っているリアルな体感的に、クラウドソーシング市場に流れてくるお金はまだまだ増えてくると思います。

なぜなら大手企業からの仕事が、クラウドソーシング市場に流れてきていることを散見するからです。

まだ1部の大手企業しか利活用していないと思いますが、これからクラウドソーシングを活用する企業は増えてくるはずです。

日本全体で人口減少して内需が減る中で、大手企業などは特にこれまで通り正社員を雇用する体力がない企業が増えてくると思います。

でも正社員を減らすからといって社内の仕事が減るわけではなく、むしろ様々な外的な変化が生じて、社内でやらなければならないことは増えていることも考えられます。

こうした状況の時に、社内では足りないリソースを埋めるために、クラウドソーシングっていう仕組みは最適です。

案件ベースで報酬は発生するので、

正社員を雇うようなコスト、新人を育成するようなコストは発生しません。

最初からスキルを持った人に依頼に仕事を発注することが可能で、上手く使えば時間的・金銭的にも大きなメリットがあると思います。

体力が落ちて正社員を減らし始め、

これまでと仕事のやり方を変えざるをえなくなった大手企業の金が、クラウドソーシング市場にもっと流れてくると思うんですよね。

クラウドソーシングを経由した仕事は増加して、仕事のインフラ的な存在になるんじゃないかなあ。

既に今の僕にとっては、仕事のインフラみたいな存在なのですが。

もっと大手企業が参入してくれれば、より強固なインフラになります笑

クラウドソーシングが変える「仕事」の流通

例えば東京にある大手企業の仕事を、夕張市にいる僕が受注することができるようになる。

これは、

これまで東京辺りに集中していたであろう、大手企業の富がこっちに流れてきている!!!

ということで、

大手企業からの富の分散が始まっている!!!

おおおー!

と一人興奮することがあります笑。

終身雇用や年功序列というこれまでの働き方の常識が崩れる中で、

クラウドソーシングという仕組みが「仕事」の流通を変え始め、お金の流れにも変化が出てきているのではないでしょうか?

今、夕張市にいながら場所や時間にとらわれないネット上だけで完結する仕事を実践していて(もちろんこれが100%いいとは思わない)、

そうした変化を感じます。

AmazonやYahooといったネットサービス会社のおかげで、「モノ」の流通は大きく変わり、地方にいても「モノ」に困ることはなくなりました。

Amazonが「モノ」の流通を変えたように、クラウドソーシングは「仕事」の流通を変えつつある仕組みだと思います。

そしてクラウドソーシングによる恩恵が最もあるのは、仕事がないと言われる地方の町。

都会にいたら、クラウドソーシングなんて使わなくてもいくらでも仕事ありますからね。

そういう点でクラウドソーシングの可能性を開拓できるのは、地方なんだろうなと思います。

Amazonや楽天が「モノ」の流通を変えて、地方にいても「モノ」に困ることがなくなったように、

クラウドソーシングが「仕事」の流通を変えて、地方にいても「仕事」に困ることがなくなる。

クラウドソーシングには、本当にそのポテンシャルがあると僕は感じています。

ここにたどり着くためには様々な課題があり、まだまだ先の未来の話かもしれません。

でも不可能な話ではなく、地方創生のカギを握る1つの仕組みはクラウドソーシングだと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

今、ここにくるまで

どーも、冨安です。

僕自身もともと神奈川県出身であり、前職が公務員という中で、

「なんでいま、夕張にいるの?」

ということは当然ながら不思議がられて、よく聞かれることです。

でも

「なんでいま、夕張にいるの?」

という問い対して、一言では言うことができない経緯や考え方があり、それを自分でも整理しきれていないため、

それを言語化もできていないまま、いまに至っています。

先日たまたま移住者枠で取材を受けてから、

「なんでいま、夕張にいるんだろう?」

と考えてみて、

なんで地方に行こうと思ったんだっけ?

なんで就職しないような生き方をしてみようと思ったんだっけ?

かつて大学生だった頃からのことを思い出し、

未だに自分でも分かっていないけれども、これまでの行動と考え方が繋がってくる気がしてきました。

今、ここにくるまでのこと、

簡単に振り返ってみても、あの場面であの場所に行っていなかったら、今ここにはいないかもしれない。

あの人と出会っていなければ、ここにはいないかもしれない。

そんなことがたくさんあります。

面白そうだから、振り返ってみたいと思います。

僕が悩んだりしながら行動してきたことが、同じようなことで悩んでいる1人でも多くの誰かに、役立てばいいなと思います。

まずシリーズ①は、大学4年生編の春からスタートします。

そうですね。

別に読まなくていいと思います!笑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

自分が想像外のことをしている時が面白い。夕張地下組織モロー会に参入してきた

IMG_0588.PNG

どーも、冨安です。

4年くらい前に北海道に来てからもそうですが、今も夕張にいて、

何で自分今、夕張にいるんだろうな?とよく不思議に思います。

当然多くの人にも、

何で夕張にいるの?

と聞かれることもあるんですが、僕が聞きたいです。

何で夕張にいるんですかね?

これは僕が普通に東京の方で学生してた頃は考えられないことです。

しかしまじめにこんなことを考え過ぎても仕方ないですから、

ま、いっか。

で片付けます。

夕張に来てなぜか縁遠きバンドに参入した

そして夕張に来ても、

なぜ僕はこんなことをやっているんだ?

と思うことはたくさんあります。

先日は、夕張の地下組織モロー会のバンドになぜか加わりました。

ここに至るまでも、不思議な人の縁が繋がりに繋がらなければ、やっていません。

あの時、あの場所に顔を出していなかったら、誰々とも知り合ってないだろうし、

ここにはいないな・・そんなことがたくさんあります。

でも偶然にも知り合ったから、ここにいるんだよなあーみたいな。

夕張に来て、人間の繋がりの不思議さを感じることは凄く多いです。

音楽には大して興味もありませんので、楽器もできませんけども。

シャネルズのランナウェイなどワンポイントでやっただけなのですが、こうしたよく分からないことをやっている、

訳の分からない時間に面白さを感じます。

IMG 0588

基本的にテンション低めでやる気がない感じの人間ですが、

こういう舞台では緊張あまりせず、何かをやらかしたくなる・・。

爪痕を残すことはできたのではないかと思います笑

想定外、行き当たりばったり

人生こればっかりは、もちろんダメだと思いますが、

想定外、行き当たりばったり

とても好きです。

旅とかであると思うのですが、想定外のことに出くわした時の、

やばい・・どうしよう・・

みたいなドキドキ感や緊張感。

自分はいったい今なぜこれをやっているんだろう?

みたいな訳分からない感じ。

好きなんですよね。

本当にやばい想定外は憂鬱になりますが。。

なぜかは自分でもよく分かりませんが、

自分の意思で北海道にきて夕張にも来ているのは間違いなくて、

自分の意思で行動してたら、遭遇する想定外の出来事。

こういうのは本当に面白いですよね。

これは自分の意思じゃなかったら、ぐちぐち言いたくもなること多いのかもしれません。

色んな選択が日々ありますが、自由な選択が出来ない時だって、いつ来てもおかしくないものだと思います。

いつ死んでも後悔のないように生きていきたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

B型人間のモチベーション

どーも、冨安です。

そこまで信用してないのですが、よく出回っている血液型系の人間診断みたいのは

たまにやってしまいまして、不思議なことに割と当たっている気がします。

自分がどんな人間なのか、みたいなことは他人が決めることなので、当たってるかなんて分かりませんが。

血液型の違いによるモチベーションあるある!|モチベーション向上の法則

先日この記事を見ていたら割と当たっている気がして面白かったです!

ちなみに僕はB型です。

B型人間のモチベーションを引用して紹介します。

B型の人のモチベーションの特徴

B型人間

当てはまるもの、あてはまらないものと色々ですが。

無駄に1つ1つ考えてみたいと思います。

分かります。

特にまわりがやる気満々だとやる気がでない感じ。

まわりがやる気満々だと、

お、俺べつにいる必要性なさそうだな?

とか考えてしまうことはあるかもしれません。積極性あまりないです。

後は例えばサッカーWカップみたいな、日本の誰もが注目して賑わう行事とかやる気でないです。

Wカップの時期は見ないで、タイミングをずらして後で結局みて1人で楽しむみたいな。

いずれも好きな言葉です。

後は「てきとー」とか。

あるので気をつけるようにしてます。

どうなんですかね?

はまっていたことにいきなり飽きることはあるかもしれません。

これはかなりあります。

興味ないことを間違えてやって、人を巻き込むようなことで迷惑かけて怒られることあります。

興味がないことや合わないだろうと思うことは、まずやらないように気をつけています。

そうですね。

このブログとか、僕のどうでもいいことやこだわりの集大成です。

自分じゃ分からないな。

これはすごいあります。

人生振り返ってみても基本的に1人行動主体で、ここ数年顕著です笑

自分から声をかけて友達と遊びに行く、みたいな行為を数年していない気がします。

パーソナルスペースないとダメです。大人数のシェアハウスとか無理です。

分かります。

歩く方向変えますよね笑

地元のスーパーとかではないけど、イオンとかであります。

くくられたくないというか、普通こうでしょ!

とか常識的に考えてこうでしょ!

て言われるのは嫌いです。

まわりからしたら付き合いづらい人間なんでしょうね。

血液型の違いによるモチベーションあるある!|モチベーション向上の法則

B型人間

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0