車、自動車保険

駐車券は持ち歩くべき理由を学んだ、札幌ファクトリー第3駐車場事件

IMG_5908.JPG

どーも、冨安です。

4月中取材の仕事などが発生しまして、高頻度に札幌に足を運んでいました。

夕張は下道でも、1時間半〜2時間くらいで札幌まで着くので利便性はいいんですよね。

札幌までは車で移動をするのですが、1日駐車するようなときは基本的に札幌ファクトリーそばの駐車場に車を置いていきます。

IMG 5906

IMG 5904

札幌駅までは10分〜15分くらいで1日置いておいて、1000円です。

駐車券は持ち歩くべき理由を学んだ一件

駐車券って皆さまどうされていますか?

僕はいつも車に駐車券を置いていって、自分で持ち歩いていなかったのですが、先日駐車券を持ち歩くべき理由を学びました!

僕が利用しているのは「札幌ファクトリー駐車場」。

いつも通り車をここに駐めて、仕事を終えて駐車場に戻るじゃないですか。

すると駐めていたはずの場所に車がないんですよ!

駐車場内を何周もして、2階も確認したりしたのですが何度確認しても僕の車がない!!!

「駐車場に駐めていた車がなくなるなんていうハプニングが平和な日本で発生するのか?」

そんなクエスチョンが頭に浮かびながら、

①強制的に移動させられた。

②盗まれた。

この2つの可能性がパッと考えつきました。

駐車場に駐めていた車がなくなる、という未経験の事態に戸惑いましたが、

駐車場を管理する会社に連絡を取りました。

話によれば防犯カメラなどを確認するようなことは不可能だそうで、警備員の方に来て頂き、僕の車の捜索は開始されました。

「駐車券はお持ちですか?」

と問われ車に置いてきてしまい、持っていないことを後悔するとともに

「こういうときのために、駐車券は持ち歩かないといけなかったのか・・・!!!」

と深く学びました。

札幌ファクトリー駐車場のトラップ

で、結果的に車は隣りの駐車場にありました。

実は僕が駐めていた「札幌ファクトリー駐車場」。

全く同じような駐車場が2つあるんですよね。

IMG 5907

手前と奥、2つあるのが分かりますか?

IMG 5908

確かこのとき奥の第4駐車場に駐めていたのですが、

僕はずっと第3駐車場を探していたのでした!!!

駆けつけて頂いた警備員の方に

「横にも同じような駐車場がございますので、もしかしたらそちらにあるのかもしれないですね・・・。」

と言われ、てっきり1つしかないと思い込んでいたので

あれ、そうだったんだ!?

とビックリしました!笑

IMG 5908

そして横の第4駐車場に無事! 僕の車はございました!

こういうときに駐車券を持っていれば捜索もスムーズでしたね、きっと。

いやー人間の記憶って適当ですよね。

皆さまも札幌ファクトリー駐車場をご利用の際はお気を付け下さいませ!笑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

4月から地域おこし協力隊になる方に伝えたい。僕がクルマでやらかした4つのこと

PAK26_setugentaiya20140208_TP_V.jpg

どーも、冨安です。

4月になり新年度が始まり、人の動きも活発ですね。

組織に属していない僕には、なにも新年度感がございません。

僕も以前やっていた地域おこし協力隊として、地方の町に移住される方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

現在僕が住んでいる夕張市では、3月くらいに「これから採用試験です!」という若い方に2人お会いしたりしました。

僕がやっていた頃より、メジャーな選択肢になってきた印象ですね。

地方移住におけるクルマ問題

PAK26 setugentaiya20140208 TP V

夕張で協力隊採用試験中のお二人と話していたりして、車をどうするか悩んでいて、そういえば車って問題だよなあと思いました。

地方の町だったら、車なしで生活するのは難しいエリアが多いはず。

持っていないのであれば、

①購入する

②役所が提供してくれる

自分で買うか、地域によっては提供してくれる可能性もあるかもしれませんね。

基本的には、誰の顔色うかがう必要ないし、自分で買うのが手っ取り早いと思います。

僕は北海道に移住した当初は、車を持っていませんでした。

ですが話にならなかったので、来て数ヶ月経ってからローンで車を買いましたね。

移住者ペーパードライバー、僕がやらかした4つのこと

都会に住んでいれば電車移動が基本。

車を運転する必要はありませんよね。

ペーパードライバー状態で、移住する方が多いと思いますが、運転でやらかすのは移住者ペーパードライバーの宿命です!

運転もそうですが、事故ったときの対処法や自動車保険の仕組み、メンテナンスなど車関係の知識もよく分かっていないことが多いと思います。

僕もそんな感じで北海道に来まして、いろいろやらかしてきました。

生きてて良かった!!!

という感じですが、参考までに僕が車関係でやらかした4つのことを紹介します!

悲劇①:吹雪の日に起きた追突事故

車で最も怖いのは事故。

経験せずに済むならそれがベストですが、不測の事態が起こるのが自動車運転。

僕も北海道来てから事故っています。

これは北海道にきて一年目の冬の話。

当時住んでいた平取町から苫小牧に移動をしていたのですが、途中から吹雪いてきました。

いわゆる目の前が全く見えなくなるホワイトアウト、って状態で慎重に運転はしていました。

が!!!

赤信号が直前まで見えなくて、パッと出てきたものだから急ブレーキ!

スリッピーな路面で急ブレーキはアウト!

車はストップすることなく、前に止まっていた車に追突しました。スリップして操作不能になった状態は、本当にビビりました。

幸いにもスピードは出していなかったので、相手方にも僕にもケガはありませんでした。

事故ったのは初めてだったので、焦りましたねー。

PAK26 yukigahurihajimerudouro20140208 TP V

デジャブ・・・!? 同日にスリップ再び。

さて、追突をしましたが、僕の車は幸いにも凹んだくらいで済んだので、運転して平取町に戻りました。

この日は確か、打ち合わせか何かあって、夕方くらいに平取町内を移動していました。

このとき相変わらず吹雪いていて、事故ったトラウマも抱えながら帰宅の路を走っていました。

しかし「二度あることは三度ある」もので、僕は同日に再び事故ります笑

まあ笑えないんですが。

苫小牧では赤信号で急ブレーキを踏んでしまったのですが・・・!!!

次はいきなり飛び出してきたシカにビックリして、急ハンドルを切ってしまいました。

路面はスリッピーだった上に、このときは60キロくらいで操作不能な状況に。

「おい!デジャブか!」

と一瞬思いつつ

「戻れ・・・戻れ・・・戻れ・・・!!!」

と心のなかで叫びながら、対向車線にはみ出したり、戻ったりを繰り返していました。

「俺死ぬのか・・・!?」

とも思いましたねー。短い時間でしたが、時間が止まったような気がしました。

対向車が来てたら、死んでてもおかしくなかった・・・!

とは本当に思います。

両側は森林でしたが、段差があって勢いよく落ちました。

どうなったのかよく分かりませんでしたが、まずは生存していることを確認。

このとき、車が雪に90度になるように突き刺さりました。ハンドルの上に立っている状況ですね。

一人で車外に出ることができなかったのですが、後ろを走っていた方に救出されました。

この後ろを走っていた方が、ちょうど地元の自動車整備工場の知人の方でおかげさまで、レッカー車の手配などして頂きました。

僕は奇跡的にかすり傷くらいで済みましたが、救急車で病院に搬送されました。

しばらくはただの木がシカに見えるなど、トラウマが残りました(笑)

ちなみに車は新雪に突き刺さったので、奇跡的に廃車にせずに済みました。

悲劇②:エンジン焼け焦げ、トッポ死す。

さて同じ日に2回事故ったわけですが、車は奇跡的に廃車にせずに済みました。

このとき僕が乗っていた車が「ミニカトッポ」。

残念なことに、事故ってから1ヶ月後くらいに結局廃車にしてしまいました。

原因はエンジンオイル不足による、エンジンの死亡。

オイル交換をしていないというメンテナンス不足ですね。

高速道路を走っているときに、いきなり「カランカラン」と音がしてスピードが出せなくなってきました。

その後、完全に動かなくなってレッカー車を呼んで、自動車整備工場に車を見てもらいました。

エンジンが逝ってしまったので、修理にも費用がかさむということで廃車に。

トッポ死す・・・!

現在僕が乗っている車は2台目でございます!

自動車初心者の皆さま、3000キロに一回はオイル交換をすることをお忘れなく!

悲劇③:ガス欠でクルマ、止まる。

悲劇というほどではないですが、ガソリンがなくなってしまい車が動かなくなってしまいました。

ガソリンのメーターって、なくなりそうになっても以外となくならないじゃないですか?

「まだいけるんじゃないか?」

「まだいけるんじゃないか?」

と、怖い物見たさ・・・みたいな感じでガソリンを注入しないでいたんですよね。

そうしたら当然ながら、ガソリンが完全に尽きてしまいました。

徐々にアクセルを踏んでも、スピードが上がらなくなってきて、全く動かなくなってしまいました。

幸いにもガス欠を起こした場所が、夕張の中心地的なエリアだったので、ガソリンスタンドの方に来て頂いて、事なきを得ました。

ガソリンスタンドが遠かったり、場所が悪いと面倒なことになっていたと思います。

ガソリンは余裕を持って注入して、ギリギリにならないように気を付けましょう!笑

悲劇④:墜落した信用。自動車保険1等級の恐怖

車を購入するに辺り、基本的には皆さま自動車保険に加入されると思います。

この自動車保険の仕組み、よく分かっていない方が多いのではないでしょうか?

僕も仕組みをよく分かっていなくて、やらかしました。

自動車保険には1等級〜20等級まで階級があります。

等級が上がるほど「信用が高い」ということになり、保険料は安くなります。20等級が1番優秀です。

最初は7等級から始まります。

先ほど1日に二回事故ったことを書きましたが、

①追突した際の修理費用

②シカをよけた時は物損

いずれもお金が発生してしまい、何も考えずに保険使っちゃったんですよね。

事故を起こして、保険を使うと3等級下がってしまいます。

7等級だった僕が、3等級×2=6等級下がりましたので、自動車保険1等級に墜落。

この自動車保険1等級という状況が非常にまずい。

事故ってて、よく保険を使っている「信用がない」ということで「自動車保険ブラックリスト入り」。

既存の契約会社は大丈夫ですが、新規の会社との契約は出来ないケースが多いそう。

さらに1等級の状況で事故って保険を使えば、マイナスになりますよね?

つまり自動車保険を契約できなくなってしまうんですよ。

参照:絶対にやばい自動車保険1等級の話をしよう。

事故がなければ1年に一回昇格しますので、僕は絶望的1等級の状況から4等級までこぎ着けました。

自動車保険の仕組みをご理解したうえで、使いどころは慎重に見極めましょう!

僕みたいになりたくなかったら!笑

ま、生きてて良かった!!!

これまで見てきたように、車について色々やらかしてきて、1周回って今に至るような気もします。

特にシカをよけた時の2回目の事故は、死んでもおかしくなったので生きてて良かったと思います!

車はハプニングがないことを前提に利用するので、ハプニングが起きてから色々学びますね。

これから地方暮らしをする方は、車関係のことはお気を付けくださいませ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

都会から田舎に移住する人は知っておきたい!タイヤ交換のやり方について

IMG_1473

EMERSON [ エマーソン ]レンチセット  トルク対応レンジ:28~210N・m [ 14/17/19/24mmソケット・21mm薄口ロングソケット・エクステンション付属 ] [ EMERSON ] EM-29

どーもです。

現在乗っている中古車は買って3日で故障しました。

とみやすです。

都会と農村ではやはり、ライフスタイルに全く異なる部分はあり、その1つが交通手段だと思います。

東京のあたりにいたら、鉄道インフラが充実してるから車っていらないけど

北海道の今僕が住んでいる平取町では車なしの暮らしは、かなり厳しいと思います。

そして地域おこし協力隊などで都会から農村に行く方は、ペーパードライバーの方も多いと思います(笑)

自分もそうなのですが!

夏タイヤと冬タイヤ

暖かい地域では必要ないのかもしれないですが、北海道では

夏タイヤと冬タイヤを交換します。

冬は氷点下で雪も降って、路面スリッピーのため。

それで、僕タイヤ交換のやり方とかこっちくるまで全然知らなかったんですよね。

都会からの移住者が乗り越えなければならない1つの壁なのだと思います。

タイヤ交換。

事故とかでスペアのタイヤに交換しないといけない場合もあるから、今はやる機会ないと方でも

知っておいた方がいいと思います!

タイヤ交換。

必要な道具

まずは必要な道具から。

1:ジャッキ

Meltec [ メルテック ] 機械式パンタジャッキ1t [品番] F-72

これは車体を上に持ち上げるために使います。

2:クロスレンチ

KDR パイプ式クロスレンチ 楽太郎 17×19×21×21 PWW-1721

これはタイヤについているナット、というネジみたいなやつを外したりとったりするために使います。

この2つがあれば、タイヤ交換はできます。

タイヤ止めってのが、あるみたいですが使ってないですね・・。

それで、ジャッキとクロスレンチは基本的には、車の後ろの荷物置ける場所あたりに隠れています。

IMG_1473

IMG_1474

僕の車であれば、この1番後ろの所を

IMG_1475

パコっとめくると入っています。

IMG_1476

タイヤを交換してみよう!

作業の順番的には

1:サイドブレーキを作業前にかける

2:ジャッキで車体を宙に浮かない程度に持ち上げる

3:ナットを緩める

4:車体を完全に上げる。

5:ナットを取って、タイヤを入れ替える

7:タイヤを入れ替えたら、再びナットで締める。

8:車体を下げる。

9:ナットを完全に締める。

では1つ1つ見ていきましょう。

1:サイドブレーキを作業前にかける

まず作業目にサイドブレーキをかけます。

かけないと作業中にタイヤがくるくる回ります。

2:ジャッキで車体を宙に浮かない程度に持ち上げる

IMG_1477

ジャッキとクロスレンチ?

クロスしてないんですけど、ストレートレンチですか?笑

IMG_1481

まずジャッキを写真の箇所あたりに入れて車体を持ち上げます

IMG_1478

下から見たらわかりますが、こんな感じで挟むとこあります。

IMG_1480

ジャッキをぐるぐる回して車体を上げます。

タイヤが浮かない程度です!

3:ナットを緩める

IMG_1484

IMG_1485

見たらわかると思いますが、4箇所でかいネジみたいなのがありますよね?

これがナットです。

これを外していきます。

ストレートレンチ??を使って。

きついので最初足で蹴って緩めます。

ここではナットは完全に外しませんのでご注意を!

4:タイヤが浮くくらい車体を上げる。

ナットを緩めたら車体を上げます。

5:ナットを取って、タイヤを入れ替える

タイヤが浮いたら、ナットをとっていきます。

順番的には対角線上のナットから外すようです。

ナットを4箇所外したら、タイヤとれます。

IMG_1486

そして夏タイヤに入れ替えます。

7:タイヤを入れ替えたら、再びナットで締める。

IMG_1487

外した時の逆をやっていきます。

ナットを入れて対角線上のものから入れてナットをしめていきます。

IMG_1493

8:車体を下げる。

ある程度しまったら、車体をさげます。

9:ナットを完全に締める。

最後はしっかりと、ギギっと音がするくらい足で体重かけるなりして、ナットをしめます。

これで終わりです。

タイヤによっては、ホイール付け外しあります!

果たしてちゃんと走るのか??

とても不安ですね!笑

タイヤがいきなり外れて

 

ガコン!!!

 

みたいなことにないことを祈るばかりです。

というわけで農村への移住者が知っておきたいタイヤ交換のやり方についてでした。

間違ってたらすいません笑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

それでもヤバイ!自動車保険2等級の話をしよう。

1001928_609830999087161_195110114189580450_n

どーもです!

月日の流れははやいもので、僕が北海道に移り住んだ初年度の冬。

そう。

1日に2回事故を起こした冬。

自動車保険が最低ランクの1等級になってしまった冬。

それから2年がたちました。

昨年度、以前の記事で書いたように、自動車保険が1等級という危機的な状況でした。

絶対にやばい自動車保険1等級の話をしよう。

おかげさまで、昨年度は自動車保険1等級という危機的な状況でしたが無事故で乗り越えることができました。

というわけで

自動車保険2等級に・・・!!!

1001928_609830999087161_195110114189580450_n

いたしました。

ありがとうございます!

おかげさまで、保険料は年間で1万ほど安くなりました。

でも自動車保険って2等級でも全然やばいのは変わらないんですよねw

何がヤバイ!?自動車保険2等級

実際のところ、僕も理解しきれていない部分が未だに多いんですよね。自動車保険

普通は6だか7等級から始まります。

まず1番ヤバイのが、一回事故を起こして、保険を使った場合には等級が3等級下がること。

1等級のときと同じく2等級でも、一回保険を使えばマイナスになります。

これが0かマイナスになると、自動車保険に次年度以降契約できなくなります。

 

圧倒的絶望・・!!

 

引き続き僕は保険を使わざるをえないような事故を起こした場合には、

次年度以降に自動車保険を契約できないリスクを持っているわけです。

ちなみに保険会社で誰が何等級かってのは把握されてるので、1等級ならどの保険会社でも1等級扱いになります。

だから僕が1等級のときに契約できたのは、前年度から契約していた損保ジャパンのみ。

またこれは詳細イマイチ分からないのですが、2等級でも契約できる保険会社は限られそうな感じです・・・

つらい・・・!!!

まずもって、1回保険使ったら3等級も下がるのに

1年無事故でやり過ごすことできても1等級しか上がらないなんて・・・

つらい・・・!!!

だって仮に、今年も無事故でやり過ごせたとしても3等級ですよ?

3等級だって1回事故ったらもう契約できないってことになると思うんですが・・・

 

つらい・・・!!!

 

来年のこの時期になって

「いつまでヤバイ!?自動車保険3等級の話をしよう」

かもしくは

「破滅。自動車保険契約不履行の話をしよう」

どっちのブログタイトル記事になっているのだろうか・・・。

いや・・・!!!

これ・・・!!!

どっちにしても・・・!!!

10262006_609853079084953_2648081405736346424_n

オマケ。自動車保険で読んでみたい書籍

また、自動車保険をお見積りしてみたい方は下記のサイトをご参照くださいませ(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

絶対にやばい自動車保険1等級の話をしよう。

馬鹿は、

 

生きなきゃ

 

治らない。

 

どーもです。

色んな本のタイトルやデザインを見るのって面白いですよね。

なぜ~は~なのか?

~までにすべき~つのこと。

これからの「正義」の話をしよう (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

そして、~の話をしよう系。

いや別にそんな話しなくてもいいんですけど、みたいなつっこみを密かにしつつそこまでいうなら読んであげよう。

となる不思議なタイトルセンス

そして真似をしたくなるんですよね。

というわけで誰からも聞かれてないんですけど

絶対にやばい「自動車保険1等級」の話をしよう。

自動車保険で1等級は最も低いランクです。

僕は愚かな人間なので事のヤバさに気づいた時既に遅しみたいな時がよくあります。

自動車保険でかなりまずい状況になったので、皆様はこんな風にならないようにきをつけてください。

自動車保険について

自動車保険のことって以外と知る機会は少ないのかなと思います。

特に自分が事故を起こすなんて微塵も考えていない学生や若者はどんな仕組みなのか知ろうとも考えないのではないでしょうか?

僕の場合は事故ってはじめて自動車保険というのがどんな仕組みなのか知らねば!となりました。

まず等級が1~20まであって1等級が最も低く20等級が1番高いです。

最初は6等級から始まり事故1件で保険を使用すると階級が3つ下がります。

年間で無事故であれば階級は1つあがります。

階級が低いほど払う保険料は高くなり、階級が高ければ払う保険料は安くすみます。

1日に二回事故って自動車保険の階級が一等級に

北海道にきた初年度に1日に二回事故をおこして

吹雪の日で、どちらも視界が全く見えない時に追突と鹿をよけてやってしまいました。

そして保険のことを大して理解もしていなかったのでその日に2度保険を使っちゃったんですよね。

思えば片方は保険を使うべき額ではなかったのですが・・

で、それから今年の4月に車を購入する時に現在の自動車保険が1等級で非常にまずい状態のことに気づきました。

自動車保険1等級の圧倒的リスク

 

ざわざわ・・   ざわざわ・・     ざわざわ・・     ざわざわ・・

   ざわざわ・・      ざわざわ・・     ざわざわ・・     ざわざわ・・

 

まず1等級の場合はどの保険会社も契約をしてくれない可能性があるみたいです。

継続して契約している会社と僕は契約できたのですが、その他の会社とは契約できません。

自動車保険カルテみたいなのがあって、全ての自動車保険会社で個人情報は共有されているんですね!

自動車保険1等級の人は全てブラックリストにのっちゃってるみたいです。

 

ざわざわ・・   ざわざわ・・     ざわざわ・・     ざわざわ・・

   ざわざわ・・      ざわざわ・・     ざわざわ・・     ざわざわ・・

 

一括でしか払えない

堕ちた1等級の僕には分割で支払うという選択肢を与えられず

年間の保険料を一括で支払うことが求められました。

もう信用がないってことですね。

そしてこれが1番やばい

もう一回保険を使用したらもう契約できない

もし次に何らかの形で保険を使った場合来年以降に自動車保険の契約はできないようです。

もし僕が事故を起こして保険を使用せざるをえない状況になると来年がやばいんです。

 

ざわざわ・・   ざわざわ・・   ざわざわ・・   ざわざわ・・ 

 ざわざわ・・  ざわざわ・・  ざわざわ・・   ざわざわ・・  ざわざわ・・ざわざわ

 

任意保険なしで自動車を運転して傷害の事故でも起こせば何千万、億の支払いを求められる可能性もあるわけですから

来年以降僕は車を運転することができません。

保険が回復するのがおそらくその1年後なので1年は運転できないです。

万一のリスクが恐ろしすぎますから・・。

もしそうなったら北海道で車を運転ができないという状況になります。

農村で交通インフラもそこまで整ってるわけではないので、車が使えないのは死活問題です。

どうすればいいんでしょうか・・・??

北海道 農村 車が使えない・・・!!

この圧倒的逆境・・・

いや・・・!!

何か策があるはずだ・・・!!

考えろ・・何かっ・・何かっ・・・!!!

・・・・はっ!!!

圧倒的閃きっ!

福本伸行さんどうもすいませんでした。

このように逆境だからこそ見える世界があり

新たなライフスタイルを発見できるのかもしれませんね。

イノベーションというのはこうした状況から生まれるのかなと感じます。

のんきなこと言っている余裕ないのですが。

今年の冬は余計な外出は控えます。

賭博黙示録カイジ 1 (highstone comic)最強伝説 黒沢 3 (highstone comic)

カイジと最強伝説黒沢でも読んでます笑

皆さん!

1512606_563922390344689_1244306803_n

自動車保険のお見積りをしたい方は下記サイトを参照してみてください(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1

もしトラ(もしトラックが正面からスリップして正面衝突しそうになったら)

51xgGdRt0QL_thumb.jpg

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

こんにちは。

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

通称もしドラということでこの本が一世を風靡したのはまだ記憶に新しいですね。

主人公の川島みなみちゃんがドラッカーの『マネジメント』多くが野球部の組織作りに応用できることに気付き、次第に夢中になっていく本です。

僕も大学4年生の時に部活動で使えるなということで読みました。

しかし残念ながら机上の空論で終わってしまい活かすことができませんでした笑

そんな一世を風靡した

「もしドラ」ですが

今日は

「もしトラ」

ということで「もしトラックが正面からスリップして正面衝突しそうになったら」

ということを考えていきたいと思います。

ユーロ トラック シミュレーター 2 日本語版 [ダウンロード]

 

北海道ではもう雪が降り始め気温は0度前後となり路面がスリッピーなシーズンになってきました。

北海道ではおそらく路面凍結による事故を起こす可能性は誰しろあるとは思います。

北海道警察ホームページの情報では事故による死者の数は全都道府県のランキングで安定して上位に入っています。

僕も北海道に来て2度ほど事故りましたがよく生きてるもんだなと思います。

そんな経験も経て日々僕は車を運転する時に

ああ、もしあのむこうから来るトラックと衝突したら俺は死ぬなあ

などと妄想しながら運転するようになりました。

人間中々に日々紙一重のところを生きてるような気がします。

事故はまず2つ

事故ること・事故られること

と分けられて、僕の場合どっちも不注意と鹿にやられて勝手に事故ったわけですが、いくら注意してても事故られて大事に至ってしまうこともあります。

どんなに運転がうまい人でも事故られることはありえると思うので

本記事「もしトラ」では向こうから事故られるパターンの中でもトラックがスリップしてきた時にどうするべきなのか、ということについて考察します。

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら(通常版) [DVD]みんな大好き前田敦子

もしトラの状況に遭遇したら、生存確率は低いと思いますが場所によって対処の仕方も変わって生存活率を高める方法もあるはずです。

日々、運転中この場所でもしトラ状態になったらということを妄想していますので妄想シェアします。

3つの道路状況を想定してみます。

周辺が森林とかで何もない・国道沿いで周りに私有地で住宅街・橋の上

1:周辺が森林とかで何もない

images

周辺に逃げ場がある時ですね。

これは迷わず左右どちらかにハンドルを切って例えば林でもあればそっちにつっこみます。

正面衝突に比べればシートベルトをしていれば生き残れるはず。

雪が積もってれば車もそこまでダメージなくすむかも?

しかし現実にこの状況に出くわしたらそんな判断ができるんでしょうかね?

2:国道沿いで周りが住宅街

images (1)

住宅が立ち並んでいるような所でもしトラ状態になったら終わりな気がします。

選択肢は正面衝突を避けるために住宅街に突っ込む、正面衝突する神懸かりなタイミングでトラックをかわす、座して正面衝突する

の3つでしょうか?

住宅街に突っ込むとか恐ろしすぎて僕にはできません。

対向車線にハンドルを切ってトラックをかわす何てのもハリウッドの世界ですね・・

たぶん僕の場合は判断に迷っている間に終わりの時を迎えるのかなと思います。

3:橋の上

ダウンロード

もはや左右に逃げ場がないので衝突するなとわかった瞬間にシートベルトを外して車の外に・・・・

・・・・・・・

無理ですね

もしくは衝突のエネルギーを低くするためにハンドルを絶妙に切って当たり所を変える

・・・・・・・

無理ですね

4:結論

こんなことをいくら考えてもこのような未知の恐怖の状況に出くわした時に自分がどんな判断するかわかりません。

このような状況に遭遇しないことを祈るばかりですね。

基本的に冬は余計な外出はせずに家に引きこもるのが1番かもしれませんね。

そしてこんなことを書いている矢先にも事故ってしまう可能性があるわけですが。

北海道の冬は寒さも大変なのですが、個人的に車の運転が1番嫌です笑

ちなみに1年に2回自動車保険使ったので保険が1等級、一番したのランクであとがなのでもう事故れないんですよね。

次回は「恐怖!自動車保険1等級」ということでこの危険な状況をシェアいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

北海道の冬。車運転編

こんばんは。

皆さん、突然ですが北海道といえばどんなイメージでしょうか?

広大な土地にのどかな風景みたいな?

夏は涼しくでいいけどちょっと冬は厳しいんじゃないの?

観光としてはいいけど暮らすってなったら?とかまあいろいろあるかと思います

僕も昨年こちらにくるまでは全然北海道来たことなくて初めて北海道の冬を経験しました。

元々関東出身ですが関東だとなかなかできない経験したんで、綴っておきますw

今回は車での運転についてですw

皆さんも北海道で観光に来たりして車の運転する時はを気を付けて・・

吹雪!

まず吹雪です。

家にいればまあ大丈夫なんですが車で外出しちゃった時・外出せざるをえない時はまあ大変ですよねー

車で運転してる時に吹雪に遭遇するとホントおっかないです。

ホワイトアウトという目の前が雪や雲などによって視界が白一色となり、方向・高度・地形の起伏が識別不能となる現象(by ウィキペディア)と遭遇します。

これは何度か経験しましたが、まー恐ろしいです。

道がどこだかもわからないし、目の前の車が見えるかどうか。ライトつけてない対向車来た時のいきなり目の前にバッと車が現れる感じ

心臓ドキドキ・・

路面の凍結!

雨降って地固まるという諺があるように

雪が降れば路面は凍結します。

歩いてても滑るのでそれも危ないですが、人が滑るように車も滑ります。

マイナス20度くらいいってカッキンカッキンの時よりも

0度~マイナス5度くらいの水と氷の間くらいの時の方がよく滑ります。

車で運転してると、急ブレーキや急ハンドルをしてしまえば即スリップです。

スリップして車のハンドル操作効かなくなった時の恐怖はなかなかです。

エゾシカ!

冬限定でないですが、僕の住んでいる平取町にはシカがたくさんいます。

農山村なのでシカに限らずキツネやらタヌキやらウサギやら色々出てきますw

しかしシカはでかいし繁殖してやたらいるから大変です。

国道を走ってる、そこらへんうようよいて、脇で群れで草食ったりしてます。

シカがいる真横を車で走らないといけないのはドキドキです。特にシカがこっちをじっとみてる時w

間違って飛び出してきたらアウトですw

いるのわかってればまだいいですが、死角からいきなり飛び出されたら終わりですね。

特に深夜から朝方にかけてはよくいますし、よく引かれて死んでます。

何でこんなことを書くか!

なぜ僕がこんなことを書くかといえば、

吹雪、路面凍結、シカ、これら三要素で事故ったからですw

笑い話で済んで良かったですが下手したら死んでる危ないとこでした。

アイスホッケーやり始めたから、とある日にスケート行こうと思って苫小牧へ行こうとしてる途中

いきなり吹雪出してホワイトアウトなりました。

そん時に視界悪く赤信号で止まってた車に気づくの遅くなり、急ブレーキ踏んだらスリップして

追突事故おこしてしましました。

僕がスケートするより先に車が滑ってしましました。

スピード出てなかったので大事故ならなかったのが救いでした。

そしてそんな日の帰り道

天気は再び吹雪w

平取町を走っていたところシカが飛び出してきました!

ハンドルを思いっきり横に切ったところかわしたんですが、激しくスリップしました。

そして横に落ちて車が雪に刺さって逆立ちするという、めったにできない経験をしました。

俺が生きてて、車も軽傷で住んだのは運が良かったです。

事故は周りにも迷惑をかけることを痛感いたしました。

対向車が来てたら命は危なかった所ですので、運良かったです。

つまり!

何が言いたいかと言えば、北海道の冬道はマジおっかないですってことです。

スリップはするし、シカは飛び出してきます。

事故は起こした後も大変なので起こすもんでないと実感しました。損保ジャパンにお世話になってます。

何かを偉そうに語る人間でないですが語らせてください。事故は1瞬です。気を付けても起こるもんですから恐いですね車の運転!

死んだら終わりなんで大事故起こす前に小さい事故を経験できてよかったです(´Д⊂

大事なこと!

今回の事故を通して、イメージトレーニング略してイメトレが大事なのではないかと思っています。

例えば、事故ってから僕は

路面の状態、対向車の有無、走ってる道路の横の状況

これらを踏まえた上で、もしシカが飛び出してきたらどうするか

などなど日々イメージして運転してますw

もし飛び出してきた時に、対向車が来てればそちらにハンドルは切れません。

かといって横が崖だったりしたらそちらにもかわせません。

この場合は車は廃車かもしれないですが、シカと衝突するのがベストと思います。

路面が凍結してなければかわすという選択が出来ますが

スリッピーであれば、その選択は難しいかもしれませんし、

横に雪が積もっていればそこに突っ込むのが正解かもしれませんね。

こんな感じでふざけてるようですが、日々イメトレをしながら運転してますw

シカよく出るゾーンでは道路の両脇を凝視しながら視野広く運転することを心がけてます。

中田英寿ですね

まあこんなイメトレをしても、いきなり飛び出されたら

ビックリして体がどう勝手に反応するかわかんないですがw

観光客とかレンタカーで運転しててシカ出てきたら想定外すぎてビックリするだろーなーw

シカが飛び出すイメージない人がシカ出てきたら一瞬パニックですよね。

と考えてるとやはりイメトレが大切でないかと・・

北海道で車を運転する時は皆さんもお気を付けて!

以上真面目に不真面目な記事でありましたw

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2