CATEGORY

本・書籍

  • 2020年5月5日
  • 2020年5月5日

キングダム。オススメのマンガ②

どーも、冨安です。 ここ半年くらい読んでハマったマンガ、キングダムを紹介します。 全国区で人気のマンガでヤングジャンプで連載されています。 紀元前の中国が舞台です。 初めて中国を統一した秦の始皇帝は有名ですが、その秦の始皇帝が中国統一するまでのストーリー。春秋戦国時代といわれる時代です。 主人公は秦 […]

  • 2020年5月4日
  • 2020年5月4日

ナニワ金融道。おすすめマンガ①

どーも、冨安です。 個人的におすすめのマンガ「ナニワ金融道」を紹介します。 主人公は街金の新入社員。 このマンガの舞台は大阪。 金貸しの金融屋に新入社員として入った灰原君が主人公です。 この灰原くんがプロの金融屋として、どんな道を歩んでいくのか!?そこがナニワ金融道のストーリーの中心です。 著者の青 […]

  • 2020年5月3日
  • 2020年5月3日

江戸時代の森林施策が、世界的にみてもいかに優れていたか。文明崩壊より①

どーも、冨安です。 「文明崩壊」という本を読んだので、本書のなかで印象的だったことを紹介します。 著者は先日、本ブログでも紹介した「銃・病原菌・鉄」と同じ、ジャレド・ダイアモンド先生です。 この人が書く本は「銃・病原菌・鉄」、「文明崩壊」。それぞれ上下を読んでますが、この人の本は大好きですね。 趣味 […]

  • 2020年5月2日
  • 2020年5月2日

現代お好み焼きの輪郭をつくった車輪時代の到来。お好み焼きの戦前史②

どーも、冨安です。 昨日に続いて「お好み焼きの戦前史」から印象に残った箇所の紹介です。 お好み焼きの前身となる文字焼きは、江戸時代の子どもたちのお小遣い市場が生まれたことから始まりました。 水溶き小麦粉をうすく手のひらサイズで焼いたイメージ。30円前後くらいの駄菓子で、今でも薄っぺらい小麦粉焼き駄菓 […]

  • 2020年5月1日
  • 2020年5月1日

お好み焼きは、江戸時代の子供たちの〇〇文化から生まれた。お好み焼きの戦前史①

どーも、冨安です。 「お好み焼きの戦前史」という本を読んでいて、お好み焼きが生まれるまでの馴れ初めが面白かったので紹介します。 タイトルのとおり、お好み焼きの歴史に関する本です。 KindleUnlimitedで無料で読めたんですが、ボリュームがあってまだ半分くらいしか読んでません。 その歴史の遡り […]

  • 2020年4月30日
  • 2020年4月30日

感想と要約⑤:感染症と文明−共生への道

どーも、冨安です。 「感染症と文明−共生への道」という本を読んだので紹介します。 コロナウィルスが流行り始めてからウィルスや病原菌関係の本を色々と読んでいまして、歴史を切り口にした本も好きで読んでいます。 感染症との闘いは人類に勝利をもたらすのか。防疫による封じ込めは、大きな悲劇の準備にすぎないのか […]

  • 2020年4月29日
  • 2020年4月29日

なんで日本は先進国になったか? 「銃・病原菌・鉄」から②

どーも、冨安です。 大好きな書籍「銃・病原菌・鉄」を読んでいて、なんで日本は先進国と言われる国になれたのか? 考えるきっかけになったのでアウトプットします。 世界には、なぜ狩猟採集的な暮らしをしている人もいれば、先進国と言われる国で暮らす人がいるのか? 同じ地球で大陸ごとで、なぜこんなにも全く異なる […]

  • 2020年4月27日
  • 2020年4月27日

感想と要約④:知っておきたい感染症 ―21世紀型パンデミックに備える

どーも、冨安です。 「知っておきたい感染症−21世紀型パンデミックに備える」 この本を読んだので紹介します。 昨今のコロナウィルス拡大までウィルスや病原菌について考えることはそんななかったのですが、人類はこれまでの歴史のなかでもずっと病原菌とたたかって今に至るのだと知りました。 ウィルスや感染症に関 […]

  • 2020年4月26日
  • 2020年4月26日

感想と要約③:生命の暗号

どーも、冨安です。 「生命の暗号」という本を読んだので紹介します。 コロナウィルスをきっかけに感染症やウィルスに関する本を色々と読んでいます。 ウィルスとはDNAのような遺伝子とそれをタンパク質であり、生物ではなく物質である。4種類の塩基配列で構成されている。 ウィルスは宿主に宿ってはじめて活動を始 […]

  • 2020年4月25日
  • 2020年4月29日

なぜシマウマは家畜にならなかったのか? 「銃・病原菌・鉄」から①

どーも、冨安です。 ここ半年歴史にハマり、関連書籍のなかで最も面白かったのがダントツで「銃・病原菌・鉄」という本でした。 人類の歴史を農耕が始まった1万3000年前からさかのぼり、なぜ大陸ごとに人類は異なった進化をしていったのか? 延々と色んな角度から書き連ねられた書籍です。 僕は大好きなテーマでし […]