上山

ゲストハウスの名前を決めるのが難しい。

Banners_and_Alerts_と_名称未設定

どーも、冨安です。

上山では古民家に住んでおり、ゲストハウスをやっていく予定です。

簡易宿所の許可を取っていて合法的に人を泊めれる状態。

住居は情緒ある古民家に。Airbnbなど民泊もやっていきます!【上山記④】

簡易宿所の許可がとれました。

IMG 4876

後は名前と料金設定を決めて、旗を上げるだけ!

とりあえず今はAirbnbには登録しているだけの状況です。

どんな宿か?いくらで?

などどうするか後回しにしてしまっていたのですが、9月中には決めて情報発信できるように動いてきます。

ドローンで「空のツーリズム」を作り、上山が誇る棚田の魅力を伝えたい! – FAAVO岡山

クラウドファンディングで宿泊を絡めたリターンを用意するなど、ちょっとずつ人が来る仕掛けは作っています。

①ゲストハウスの名前を決めること

②料金設定を決めること

特に①ですよね。

一回決めてしまったら変えれない部分だと思うのですが、どうすればいいんだとずっと考えております。

たかだ名前、されど名前で。

どんな宿か分かりやすく、簡単な言葉で伝えることはすごく重要だと思います。

名前を考えるとき重要な3つのこと

以下の記事にゲストハウスの名前を決めるときに気を付けることが書かれていました。

ゲストハウスの名前を考えるとき、必ず気を付けるべき3つのポイント | ゲストハウスクリエイターズノート

①覚えやすいか?(発音しやすいか)

名前を覚えてもらうことは、重要です。

「素敵なゲストハウス泊まったんだけど、名前忘れちゃった」じゃ悲しいです。

覚えてもらうには、「短くて、簡単な言葉」です。

②ストーリーを語れるか?

ゲストハウスをオープンすると、必ず聞かれる質問があります。

「なぜ、その名前にしたんですか?」

その際に、「適当につけました」とか「友達が付けてくれた」って答えるよりも、

「●●なゲストハウスにしたい」「このゲストハウスで、●●な問題を解決したい」と、その名前を付けた経緯を語れること。

ゲストハウスに泊まりにくるお客様は、安いから来るのではなく、そのゲストハウスのストーリーに共鳴して来てくれる場合も多いですからね。

③じぶんの思想に合っているか?

じぶんの思想や提供するサービスと掛け離れているのも問題です。

例えば、

すごく右寄りなのに、世界を繋ぐ的な名前を名付けたり・・

ど田舎にあるのに、アーバンな香りがする名前をつけたり・・

来てくれるお客様も、名前からどんなゲストハウスだろうと想像しますから。そのずれに「あれ?」ってなってしまいます。

上記3点を踏まえた上で、上山で僕がゲストハウスをやるとしたら

①上山の棚田で田んぼをやっていること

②ドローンをやっていること

この2つがポイントです。

棚田のある暮らしが上山の魅力で、そこは体感してもらいたいなーと思います。

後はそこにドローンを通じた面白い体験を提供できることが、僕の強みかなー。というか「美味しい料理作れます!」みたいな差別化できる点が今のところありません。

うーんしっくりくる名前が出てきません。ゲストから愛されて、人気になりそうな名前。。。

Simple is best!!

でいきたいな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

4/30 上山ツーリズム 摘み草ツアーレポート

IMG_5147.JPG

どーも、冨安です。

上山では普段歩いているような場所に、食べることができる野草もたくさんあります。野焼きなどを通じて棚田再生をするが、植物の多様性を育むことにも繋がります。

棚田再生は地域医療にも繋がる。【上山ツーリズム 摘み草ツアー】

先日告知した4月30日に上山で摘み草ツアーが無事開催されました。

食べることもできる野草も実はたくさんある!

わけですが、どの野草が食べれて何が食べれないのか?

よく分かりませんよね。

上山集楽では、野草のスペシャリストの松原夫婦による摘み草ツアーを開催!一体どんなツアーになったのか、当日の様子をお伝えいたします!

IMG 4949

雲海温泉の前で集合。

IMG 4951

主催の松原は環境調査の仕事をしていたキャリアを持つ。

野草の解説を聞きながら、野草を摘み歩く。

IMG 4956

そして八伏のコミュニティセンターから摘み草をスタートします。

IMG 4961

IMG 4964

IMG 4967

歩いていると、すぐに色んな野草が見つかります。

どれが食べることができて、それぞれの植物にはどんな特徴があるのか?

解説を聞きながら採り歩いていきます。

IMG 4969

IMG 4976

これはタンポポ。どこにでも生えている雑草のイメージも強いですが、葉、茎、根っこと全て食べることができる。

IMG 4989

こちらはノビルという野草。

ネギのような野草で、僕は今回学んだ野草のなかで一番ヒットでした!

IMG 5042

小さい玉ねぎみたいな球根もシャリッとしてうまいです。

IMG 5003

歩いていると色んな野草が見つかります。今から紹介するのは全て食べることができる上山にある野草です。

IMG 4998

これはよもぎ。よもぎまんじゅうとかでお馴染みですが、結構見つかります。自分でよもぎ餅を作ってみたいですな。

IMG 5010

レンゲ草。これも食べれるんですね。

IMG 5019

オオバコ。まさに雑草という感じで人が踏みつけるような場所で見つけることができた。薬効も認められていて便秘や冷え性なんかにもいいらしい。

IMG 4972

カキドオシ。糖尿などにいいらしい。

IMG 4978

カラスナエンドウ。先っぽが豆みたいな味します。

IMG 5030

1回どれがどんな植物か分かると、草むらを見る目も変わってきます。

IMG 5025

採った野草は後処理が大変。

IMG 5032

野草は摘んでからの後処理もポイントです!採れた全ての部分を使えるわけではなく、実際に使用できるのは一部分です。

IMG 5037

IMG 5051

採った野草を仕分けていきます。

IMG 5042

僕の大好きなノビル。可愛らしい名前がいい。

そして仕分けた後は料理教室!みんなで採った野草で料理をつくります。

IMG 5052

野草料理を教えるのは松原久実さん。

野草を使った薬膳料理というと敷居が高いイメージがありますが、身近な料理に野草が織り交ぜられます。

IMG 5054

IMG 5070

バリエーション豊かな野草料理が並びます。

IMG 5083

タンポポサラダ

IMG 5107

獲れたてタケノコと野草のパスタ。また食べたい

IMG 5085

タンポポの根っこのきんぴら。また食べたい。

IMG 5113

タケノコ天。美味かった

IMG 5119

野草の卵焼き。美味かった

IMG 5123

美味しかった。また食べたい

IMG 5132

ヨモギ、オオバコの天ぷら。美味かった

IMG 5141

豚肉とたんぽぽのミルフィーユカツレツ。

美味かった!

IMG 5134

野草茶3種。

夏からのシーズンなどお茶にできる野草は採れるらしいので、ノブドウ茶などを自分で作っていきたい。

IMG 5147

IMG 5156

野草料理に加え、上山で収穫した棚田米も並びます。

今思い返しても豪勢な食卓でした・・・!!

普段の料理に少し工夫を加えることで、身近にある雑草にしかみえないものが色んな野草料理に・・・!

植物の多様性も棚田や里山の恵み。

野草のプロと一緒に歩くことで、食べれる野草の恵みを知ることができました。

こうした恩恵があるのも、棚田が維持管理され日当たりのいい環境があるからこそ。

棚田再生やお米づくりは今年から僕も初めて携わっていますが、棚田は維持管理は大変な一方で収益化が難しい。でも棚田が広がる景観や自然と共存するための知恵、公益的な機能は残すべき価値があるものだと思います。

今回の摘み草ツアーの荒れ果てた耕作放棄地では成り立たず、棚田再生や里山の管理があってこその摘み草ツアーのはず。

IMG 5022

また上山で採れる野草が、地域の健康や医療にも繋がる可能性があります。

棚田再生は、一見すると繋がりがみえないような多くの価値を生むのだと思います。棚田再生が地域医療に繋がるとは松原さんの話を聞くまで考えたことがありませんでした。

そして棚田再生はこのような美味しい食卓も繋がります。何よりピースフルかもしれませんね(^^)

IMG 5147

いやー美味しかったです!また食べたい。

というわけで上山ツーリズム 摘み草ツアー!

また直近で5月6日に開催予定でございます。まだ空きもあるとのことですので、ご興味や関心がある方はお気軽にご参加くださいませー。

上山ツーリズム 摘み草ツアー vol.2

上山摘み草ツアー第2弾

自生している野草、薬草類も食べるには1番よい季節
今年から本格化するエコツーリズム第一弾として、薬草ツアーを開催します

棚田を見ながらの野草・薬草を探索
採った野草・薬草を使ってランチを作ってみんなで食べましょう
昼食はおにぎり、パスタ、スープ、サラダなどのメニューをご用意しようかと^^

解説は上山の薬草夫婦 テツロー、クミッキーがご案内いたします

ぜひ、上山の薬草散策&ランチにお越しください

【集合場所】
大芦高原温泉 みんなのモビリティプロジェクトオフィス
岡山県美作市上山1735
https://ueyama-shuraku.jp/about/#route

【スケジュール】
◎集合時間 9:00
◎終了時間 14:00
※現地集合・現地解散となります
ご自分の車で直接お越しください。
  なお、集合後、開催場所までこちらのワゴンで移動していた
だきます

【開催人数】
5人以上-20人まで ※5人以上のご参加で開催いたします

【参加費】
大人      ¥3,000
小学生・中学生 ¥1,000
幼稚園以下   無料

【備考】
・服装は長袖、長ズボン、帽子はあった方がよいです
・少雨決行となります。雨天が予想される場合は最低限の雨具をご用意ください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

棚田再生は地域医療にも繋がる。【上山ツーリズム 摘み草ツアー】

17884611_1320539531370495_3660720169489604129_n.jpg

どーも、冨安です。

僕がいる上山では棚田再生を中心に、農業だけではなく林業にも取り組んでいます。

雑草が生い茂った棚田が復活することには色んな意味がありますが、植物にも大きな影響があります。

上山みたいな里山には、そこら辺に生えている雑草のなかには食べることができるものも多々存在します。

しかし耕作放棄された棚田には、雑草が生い茂り多様な植物は育まれないそう。

でも日当たりも良く、管理された里山では食べることもできる野草が自生すると。

DJI 0159

4/30,5/6 上山で摘み草ツアー開催!

僕は野草について全くの素人ですが、上山では野草に触れる機会が増えそうです。

一緒に上山で活動をしている松原夫妻は、

旦那の徹朗さんは環境調査の仕事に携わるキャリアを持つ植物のスペシャリスト。

奥さんの久実さんは薬剤師。

お二人とも野草に詳しく、上山に自生する植物を野草茶として販売するなどの取り組みもされています。

春は野草が最もいいシーズン!

17884611 1320539531370495 3660720169489604129 n

といわけで

4月30日、5月6日の2回。

上山薬草ツアーが開催されます。詳細は下記リンクよりご覧下さい(^^)

上山ツーリズム 摘み草ツアー vol.1

上山ツーリズム 摘み草ツアー vol.2

上山には薬効が認められる植物も120種あるそうで、春の棚田を歩きながら野草を摘み歩き、薬草料理を楽しむ!

そんなツアー内容で僕もスタッフでお手伝いしながら参加する予定。

アトピー性皮膚炎を持っていることもあり、食と健康の領域はとても興味があります。

身近な野草を食べることが健康に繋がるとしたら素晴らしいことだと思います。

身近な植物は何が食べることができて、何が危険なのか?

一人では見分けることがなかなかできないものだと思います。

植物のスペシャリストと野草を摘める機会は、僕のような植物がよく分からない人には嬉しい(^^)

DJI 0083

上山でこうして自生した野草を摘むようなツアーができるのも、地道な棚田再生や維持管理があるからこそだと思います。

棚田と野草の繋がりを感じることができるのも面白いですよね。

薬草は地方の医療問題を解決する手段にもなりえる。

地域で身近な野草が健康にも効果があるとすれば、野草は地方の医療問題を解決する手段にも繋がる可能性があります。

僕がこれまで住んできた北海道の平取町や夕張、美作市上山。

いずれの町も大きな病院はなく、病院までの通院は大きな問題でした。また多くの薬を処方されている方も多い。

病院までの通院や医療費、薬にかかるコストは大きな負担になっていると思います。

現在地方で薬のために出ているコストを、地域に自生している野草が少しでも肩代わりすることができれば、

①医療で地域外に出て行くお金を減らし

②地域内で医療を循環させる仕組みをつくることができる

地域の野草を活かすことは、地域医療の問題解決にも繋がる可能性があると思います。

棚田の再生をすることが何に繋がるのか?

今のところよく分からずやっています。

ですが今回紹介したように植物の多様性を育む機会に繋がり、それが地域医療の問題を解決することにも繋がる可能性がある。

いやーこんなふうに棚田の再生が医療にも繋がるとは思ってなかったです。

棚田で体を動かして、地域で自生している野草を摘み、地域の循環の中で生きる。

里山の暮らし自体、健康的なものだったのかもしれないですね。

上山ツーリズム 摘み草ツアー vol.1

上山ツーリズム 摘み草ツアー vol.2

直近ですが4月30日、5月6日に薬草ツアーが開催予定!

僕も参加しますので、お会いできるのを楽しみにしております(^^)

詳細は以下の通りです。

棚田の里も春本番をむかえました

自生している野草、薬草類も食べるには1番よい季節
今年から本格化するエコツーリズム第一弾として、薬草ツアーを開催します

棚田を見ながらの野草・薬草を探索
採った野草・薬草を使ってランチを作ってみんなで食べましょう
昼食はおにぎり、ピザ、スープ、サラダなどのメニューをご用意しようかと^^

解説は上山の薬草夫婦 テツロー、クミッキーがご案内いたします

ぜひ、上山の薬草散策&ランチにお越しください

【集合場所】
大芦高原温泉 みんなのモビリティプロジェクトオフィス
岡山県美作市上山1735
https://ueyama-shuraku.jp/about/#route

【スケジュール】
◎集合時間 9:00
◎終了時間 14:00
※現地集合・現地解散となります
ご自分の車で直接お越しください。
  なお、集合後、開催場所までこちらのワゴンで移動していた
だきます

【開催人数】
5人以上-20人まで ※5人以上のご参加で開催いたします

【参加費】
大人      ¥3,000
小学生・中学生 ¥1,000
幼稚園以下   無料

【備考】
・服装は長袖、長ズボン、帽子はあった方がよいです
・少雨決行となります。雨天が予想される場合は最低限の雨具をご用意ください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

GIS講習など。こういうテクノロジーは現場経験がないと使い道がみえない【上山記⑤】

18118608_1382470118489908_7895200271681883456_n.jpg

どーも、冨安です。

4月19日の日。この日は朝は上山集楽にて新しくやる奥塩田の田んぼの草刈りなどを行いました。

18119550 1382469971823256 9029249692375369889 n

草刈り機はまだ使い慣れないのでケガのないようやってきたいですね。

5、6人で作業をしていましたが、こういう作業も一人でやっていたら相当しんどいだろうと思います。

奥塩田は上山ではないですが、棚田の景観はとてもきれい。

DJI 0196

今回新しくやる場所は、

DJI 0197

真ん中に見えるこの3枚。

本格的な田んぼは初めてなのでこれから楽しみです!

午後はGIS講習など。

午後はGIS講習を受ける機会がありました。

18118608 1382470118489908 7895200271681883456 n

GISは位置情報や空間データを管理したり加工できる技術。

地理情報システム(GIS:Geographic Information System)は、地理的位置を手がかりに、位置に関する情報を持ったデータ(空間データ)を総合的に管理・加工し、視覚的に表示し、高度な分析や迅速な判断を可能にする技術である。

地理空間情報とは、空間上の特定の地点又は区域の位置を示す情報(位置情報)とそれに関連付けられた様々な事象に関する情報、もしくは位置情報のみからなる情報をいう。地理空間情報には、地域における自然、災害、社会経済活動など特定のテーマについての状況を表現する土地利用図、地質図、ハザードマップ等の主題図、都市計画図、地形図、地名情報、台帳情報、統計情報、空中写真、衛星画像等の多様な情報がある。
 地理空間情報は、その位置情報をキーにして異なるデータを重ね合わせることで、分析等の活用がなされることから、様々な主体によって整備されるデータ間で位置情報の整合がとれている必要がある。このためには、地理空間情報を空間上の位置に対応づけるための基準となる基盤地図情報の整備・更新・提供が必要である。

GISとは・・・|国土地理院

GISの理解は何か聞いたことがあるくらいでほぼ初心者です。

ただドローンを飛ばしている関係で、ドローンとGISみたいなテクノロジーを掛け合わせたらどんなことができるか?

みたいな部分にはかなり興味がありました!

QGISプロジェクトへようこそ!

今回はQGISというフリーソフトを使って、GISの使い方を少し学びました。

18058062 1382470098489910 883033772108687722 n

地理空間情報を作成、編集できるので例えば田んぼをやるのであれば

今年やる田んぼは、

どこどこ〜どこどこまで。

これらの面積は何ヘクタールだから。

具体的な収量としては、〜〜を見込むことができる。

GISでできることは例えばこういうことかなと思います。

正確な地理情報が分かることで、全体の計画などを立てるときに有効そう。

複数の異なる情報を組み合わせることで、必要に応じたデータをピックアップできるのが面白かった。実際のQGISは使い込むことで、使い方や使い道は見えてくるんだろうなと思いました。

ドローンもGISも、現場を理解してないと有効活用ができない。

GISのような技術は上山であれば農業や林業など現場での経験があって、初めて上手く生かされるんだろうと感じます。

僕がやっていきたいドローンも同じく。例えば田んぼであれば具体的に色んな作業があるなかで

・こういうシーンだったら

・ドローンのこういう技術は有効活用できるな

みたいなことは現場を理解してこそ生きると思っています。

現場を理解していること。

GISやドローンなどのテクノロジーを深く理解していること。

例えばGISとドローンを組み合わせることで、田んぼの稲の育成状況が俯瞰的に見ることなどは既に出ているドローンのテクノロジーで出来ると思います。ただ僕の場合、田んぼなどの現場は初めてなので本当に現場で必要なことが何か分からない。

テクノロジーと現場、両方を理解することが重要で、特に僕の場合は今年は田んぼを頑張っていきたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0