未分類

ハムストリングの重要性

どーも、冨安です。

最近上山では水路掃除や草刈り、木工所建設のための砂利運びなど肉体労働が続いています。

32349578 1874399199296995 5826123368952233984 n

32559395 1878739058863009 8009885854082269184 n

そこでどうしても体をそれなりに酷使することが多いので、体を痛めないように作業することも大切です。

どうしても痛くなってくるのが腰。

そして例えば草刈りにしても、今日の生コンクリートの一輪車運びにしても、体全体を使いながら極力疲れないように作業するのも大事だと考えています。

1日作業するとなるとまあまあスタミナが必要になってきます。

ハムストリング(太腿)が重要なのではないか?

先日ひたすら泥あげをしていく水路掃除がありました。

32349578 1874399199296995 5826123368952233984 n

この日は雨だったため、水分を含んだ重い泥を上げていかなければなりません。

こうしたときつい腰をかがめて作業をしてしまうのですが、泥が重くて上半身だけ使ってると疲れて仕方がありません。

そこでこの日は上半身だけでなく、下半身を使うことを意識しながら泥を上げていました。

腰はかがめず、

膝を曲げ、

背筋をピッと伸ばし、

体の上下運動で泥をあげていきます。

スクワットをやってる感じです。

筋肉痛が太腿にきた!

すると水路掃除の後、大学の部活をやって以来レベルの筋肉痛が太腿に来ました。

腰はそこまで痛くありません。

きっとこれはいい傾向です。

そして今日は一輪車で生コンクリートを運搬していたのですが、僕が上半身の筋力がないからか。腕だけだと一輪車のバランスが崩れるので、下半身に体重をかけると一輪車がうまく動きました。

何しろ今も太腿に筋肉痛がきています。

きっとこれはいい傾向です。

腰が痛いとしんどくて仕方がないので、

腰はかがめず、

膝を曲げ、

背筋をピッと伸ばし、

ハムストリングを意識して、いい姿勢で体を動かしていきたいと思います。

以上、今日作業をしながら考えていたハムストリングの重要性についてでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

行き当たりばったりや想像つかないことが好きだ。

どーも、冨安です。

金を持たずにインドに行ったらどうなるか?無力感と日本の自由さ

この記事が滅多にやるような人がいないからか、多少読まれていました。

なぜ金を持たずにインドに行くような苦行をしているのか?

理解に苦しむ人が多い印象でした笑

お金に囚われすぎなのかも。

海外に行くときにお金がないとやっていけない。

普通はまずこう考えますよね。

旅の目的にもよるのですが、本当にお金がないとやっていけないんでしょうか?

お金は何かのサービスを受けるために必要な手段の1つでしかないはず。

必ずしもお金という手段に囚われなくても

寝る食べるどっかに行く。

これらを実現するためにできる手段は無数にあるはず。

まあ、インドに行って金ないとしんどいなと思いましたけども笑

お金はあくまでも手段の1つでしかないはずなので、そんなお金に囚われなくてもいいんじゃないでしょうか。

僕はこういうインド滞在をしたので海外に行くハードルは下がり、金なくても適当に飛行機とって行くようになると思います。

インドは危険かもしれないけど、安全にみえる日本でも地震や火山のリスクがあるわけで。

日本いても死ぬときは死ぬでしょうし、なるようにしかならないとインドで感じました。

全部予想がつく、型にはまった旅が出来ない。

旅に何を求めるか?

によりどんな滞在をするか変わると思います。

ゆったりのんびり美味しいもの食べて〜みたいな過ごし方したいときは僕もそんな旅をします。

安定よりドキドキするような感じを求めていったのが今回のインドで、せっかく海外行くなら予想外を楽しみたいなーと思った次第でした。

お金も持って行ってないですが、計画も何もなく飛行機のチケットだけある感じで。

何も考えないで行く楽しさは、自分の想像のつかないことに出会えることだと思います。

事前にきっちり下調べをしていると、旅が全部調べたことの確認作業みたいになってしまって予想外があまりなくなってしまうというか。

僕は自分が想像つかないこと、行き当たりばったりが好きなので、お金を持たずにインド行くとか好奇心をかき立てられます。

お金がない状態でアウェーな海外にいるとか、最高にどうしようもないじゃないですかw

どうしようもなくて何もできずに終わる可能性も多々あるのですが、何がどうなるか分からない感じが好きなんだと思います。

書いていたらまたやりたくなってきた・・・!今度やるなら真の無一文で、スマホタブレットもなしだな。

次はどこの国でやろうかな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

インドは日本の5倍時間がスローだった。

どーも、冨安です。

金を持たずにインドに行ったらどうなるか?無力感と日本の自由さ

4月頭にインドに旅行というか修行というか、よく分からない滞在をしていました。

30127552 1823371677733081 2540816430845132800 n

お金を持っていかなかったらどうなるかやってみて、結果として飲食店で働きながら寝泊まりして過ごしていました。

時間の流れがスローだった。

飲食店で働きながら、インドはすごく時間がゆったりしてるなあーと感じました。

同じ時間の流れなのですが、日本と比べるとゆったりしている感覚なんですよね。

インドといっても地域や街によると思うのですが。

日本と比べるとまずやたら人が多いのですが、端から見ると何をやってるのかよく分からない人たちが本当に多いです。道ばたに座って話している人、スマホでゲームしてる人、個人商店で暇そうで寝てる人。もちろんすごい働いてそうな人も。

さらに野良犬や野良牛も自由にやっている。

IMG 1738 1

電車が12時間遅れるとかよくあるインド。分刻みで正確に電車が来る日本。

確かに日本の都会は便利で快適だけど、なんかしなきゃみたいな空気感が街全体にある気がするというか。

インドのゆったりした時間の流れは何だったんだろうと思います。

何かに追われてる感じがない。

ニューデリーの飲食店で働いてたのですが、お客さんがいないときはボーッと外を眺めるとかスマホいじってるとか。

ボーッと外の景色を眺めてるとか。

みんな基本的にマイペースなのかなと思いました。

日本にいて、ボーッと外の景色を眺めるような時間ってなかなかなくないですか?

僕はインドにいるとき、ボーッと何もせずに外の景色を眺めてるような時間がまあまあありました笑

日本でもボーッとしてることは多いですけども。

あれやんなきゃ、これやんなきゃ・・・となってしまいがちなのですが、何をしてるかよく分からないインドの人たちを見ていると日本の悩みは何なんだろうかと思ってしまいます。

日本はもっとボーッとしていいんじゃないでしょうか。

こんな感じの考え方になってくるので、インドに3ヶ月くらいいたら日本に社会復帰することは不可能な気がします笑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

金を持たずにインドに行ったらどうなるか?無力感と日本の自由さ

どーも、冨安です。

3月後半から4月頭にかけて2週間ほどインドのニューデリーに滞在してました。

29571427 1813464635390452 1578646478576544384 n

このインド滞在では

「お金を持っていかずにインドにいったらどうなるのか?」

をテーマにしていました。

関空のコインロッカーにiPhoneと財布やクレカをおいて、その日本帰りのコインロッカーを開けるために3000円とwifiタブレットだけ持ってインドに渡りました。

いま思い返すと日本では中々味わうことができない緊張感がすごくよかったです。

元々インド一回いってみたいなーと思ってチケットだけ取っていて、普通に旅しようかと思ってたのですが何をしにいったのかよく分からないインド滞在となりました。

もし皆さんであれば、

「お金を持たずにインドに行ったらどうするか?」

ぜひ考えながら読んでみてください笑

なぜお金を持っていかなかったの?と聞かれるけども・・・。

今回のインド滞在でなんでお金持っていかなかったの?

と聞かれてなんでだろうなと考えるのですが、そんな意識高い理由はないと思います。

1つあるとしたらカナダに無一文滞在してた友人がいたから、金なしインド滞在やってみよーと思い付いたのはあります。

ほとんど好奇心なんだと思います。

「お金を持っていかずにインドにいったらどうなるのか?」

ここをやってみたくなったから笑

まずインドも行ったことないし、お金持たずに海外行ったこともありません。

やったことがないことなので、その状況にならないと自分がどんな心境になって何を考えるのか分かりません。

事前にインドでお金を稼ぐ算段を仕込だり、一芸になる日本の何かを持っていく

など色々と考えることもできたのですが、必要最低限の服と薬くらいを持ちノープランでインドに渡りました。

結果として、そこまで体調悪くならなかったのですが本当に体調悪くなったときにどうするか?は金もクレカもなく結構ヤバかったと思います。

インディラガンディー空港到着。インド入国前は相当緊張した。

今思い返すと、関空に財布を入れるときは「腹を決めろ腹を決めろ」

と自分に言い聞かせながら財布を閉じ込めました笑

使う予定のない3000円だけもち、クレカもない状況で海外に渡る。

今回は直行ではなくクアラルンプール経由でインドに。まずクアラルンプールの空港で、金がなくて何もできなすぎて暇でした。

せっかくマレーシアいるのに何も飯くえねえ・・・!!!

みたいな。

このときはまだ心にゆとりがありました。

最悪空港は安全地帯だと思ってたので、

・インドに到着して入国するとき

・空港から外にでるとき

が結構緊張しました。

空港から街にどう出るか?

空港につきまして、現地の土地勘もないのでとりあえず街の出方を探します。

最初到着したときは夜だったので、夜明けを待って空港で寝ました。

朝になりお金がないので

街は歩いて行けそうなのか?

もらった地図を見ながら調べます。でも見てもよく分からない。

それで空港で地図を眺めていたら、目の前に地球の歩き方を持っている人を発見する。

きた日本人!!!!

と思いすかさず声をかけてみる(笑)

彼(けんた君)は預けた荷物が到着せず待っていて、時間がかかりそうなので一緒に空港から歩いてみることに。

で、しばらくして空港から街に歩いて行くのは無理だと気づきます。

で岡山で共通の話題があったりで少し仲良り、けんた君と一緒に電車で移動して結果として2日ほど一緒に過ごしました。

その間、一緒に食事をしたり一緒にホテル泊めてもらったりけんた君におんぶにだっこ。

俺相当ポンコツだな・・・と思いながら、ホント救われました。

これもこの旅だったから出来た繋がり・・・日本で恩を返させてもらいたいと思ってます。

海外でお金もテクノロジーも持たない日本人は無力です。

「マジ何もできねえ・・・。」

ということを身にしみて感じました。

水と寝る場所をどう確保するか?

滞在していたのはニューデリーのメインバザール。

日本の1960年代くらいなイメージか。

バックパッカーとかも多く、旅行者と現地で暮らす人たちが入り交じり混沌としている。写真が全然ないのですが・・・。

29571427 1813464635390452 1578646478576544384 n

「お金を持っていかずにインドにいったらどうなるのか?」

結果としてまず考えたことは

水と寝る場所をどう確保するか?

ということでした。

インドは夏で40度はいかなかったけど、日中は30度後半くらいいきます。

水が飲めないのはかなりまずい。

寝る場所も最悪野宿かと思ったけど、ここも何とかしておきたいところ。

最悪の場合、空港で帰りのチケットが来る日まで過ごすか・・・とか考えてました。2週間なので最悪飯は食えなくてもいいと思ってました。

2週間飯を食わなくても死なないけど、水を飲めないのはまずいなと。

インドは水道水飲めないので。

なので僕のミッションは

水と寝る場所をどう確保するか?

日本ではまず考えることのないことに向き合っていました笑

住み込みで対価なしで働けるとこないか?

そこで思い付いたのは住み込みで賃金はいらないから、働けるようなとこを探してみよう!

でした。

メインバザールを当てもなくフラフラしてみて、暑くて疲れて雑踏に混ざって地べたで休んだり。最初僕がお金を持ってると思い声をかけてきたインド人の日本人観光客への声かけを手伝ったり。

どうやって情報収集をするか?

分からんなーと思ってフラフラしてたら、観光案内所があったので入ってみる。

そこで偶然受け付けにインド人とデリーに移住した日本人の方が。

今回の僕のインド滞在の経緯を伝えると「紹介できる場所あるかも」とのことで、早速その飲食店に行ってみることになりました。

そのお店はその方が以前働いていたお店で、ちょうど人も足りてないみたいで寝るとこと飯を条件に受け入れてもらうことに。

従業員のインド人と気まずい。

まず寝る場所がなんとかなってホント良かった。

でもボスはいいのですが、従業員のインド人からしたらいきなり日本人が働き始めて意味が分からない状況。

なかには英語ができず、ヒンドゥー語オンリーの人もいます。

最初かなり気まずい感じで僕もやらかします。このお店2日目に従業員がすごい来るな出て行けとくるので、根負けし一旦みせを出るという・・・。

ほんと自分ポンコツだなと思うのですが、でも他に行くところがありません。すげー気まずいですが働かせてくれと半ば強引に居座りました・・・。

やらかして居場所がない感じは最悪でした・・・!

皿を洗い、掃除をするしかない。

飲食店で働き始めたといっても、英語とヒンドゥー語そんな出来ないしなかなか役に立たないんですよね。

無力さを感じるばかりなインド滞在だったのですが・・・。

とりあえず皿を洗って掃除をするしかない。

それくらいしか出来ることがない。

ひたすら皿を洗う・・・。

生きるために・・・。

なんとか居場所が出来るまでが大変でした。

ひたすら皿を洗っていたらちょっとずつ、最初僕のことを嫌っていたインド人も態度が変わってきまして。

「スイーツ!」

とかいってお菓子くれたり。

「飯食ったか!?」

みたいに声をかけてくれるようになったりと受け入れてくれる感覚が持ててきました。働き終わった後、チアーズとか一緒に酒を飲んだり。

ヒンドゥー語わからんし、そんな話しもしないんですけどね。

最初に僕を嫌っていた言葉の通じないインド人と若干でも繋がれたような感覚は、今回のインド滞在で最も印象に残っていることです。

日本は最高に自由。

最初の問いに戻り

「お金を持っていかずにインドにいったらどうなるのか?」

気づいたことは皿洗いと掃除くらいしかできない・・・!!!

「まじ何もできねえ・・・」みたいな無力感を感じるばかりでした。

そんな中で言葉の通じないインド人と繋がれた感覚を持てたことは、大きな経験だと思います。。

お金なしでインド滞在をして日本に帰ってきて思うことは、日本ってめっちゃ自由に何でもチャレンジできる国なんだなってことです!

今の僕で言えばドローンあるし、パソコンあるし、いい古民家住んでるし、田んぼもやれるし。

やろうと思えばめっちゃ色んなことができる。

その気になれば何でもチャレンジできる環境があるじゃないですか日本は。

社会の常識や空気感みたいなものが渦巻いているような気もするかもしれないのですが、お金なしインド滞在を通して日本はすごい自由に色んなチャレンジができる国だと思いました。

インドだとカースト制度があり職業を選ぶ幅はなさそうだったことをみると、日本の働き方の自由さは最高だと思います。

自由がないように感じている方も多いかもしれないのですが、日本めっちゃ仕事選べるじゃないですか。

せっかく自由に色んなことができる環境にいるわけだから、どんどん色んなことをやってみよー!と思った次第でした。

最後に質問です。

もしあなたがお金を持たずにインドに行ったらどうしますか!?笑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

なぜ就活自殺は起こるか?どうすればなくなるか。

どーも、冨安です。

先日就活に関するこんな記事を読みました。

就活自殺 | KAZUMA IEIRI

就職失敗で自殺する大学生が1000人を超えたらしい。悲し過ぎる。80社に申し込んでダメだったら人格全否定されてる気にもなるだろ。雇用情勢がどうとかじゃなく、就活しない生き方をみんなに知って欲しい…死ぬほどのことじゃない。

就活という同調圧力の中で、追い詰められて、絶望し、死を選ぶ。もはや自殺では無く他殺。悲し過ぎる。就活に悩む子に、それでも頑張れ、なんて僕は言えない。就職なんてしなくても死にはしないよ。休学でもニートでも何でもいい、逃げて自ら余白を作らないと、追い詰められて人は簡単に死んでしまう。

何度も言うけど、追い詰められたら人は簡単に死ぬよ。その死は自殺では無く、もはや他殺。立ち向かうなんてもっての他、追い詰める側が引かない限りは、とにかく逃げて自分で余白を作るしかない。そして、逃げた先でまたその後のことは考えたらいい。就活以外でも同じです。

実際就活で自殺を選んでいる人がいるとしたら悲しい。

若くて20代前半とか可能性しかないはずなのに。僕も就活上手くいってなくて気持ちは分かるような気がする。僕は結果として就活からは逃げて別の選択肢とって生きてるのですが、他人事に思えない。

就活に限らず追い詰められて死ぬことを選んだ人の気持ちを僕は分からない。

他にもっと選択肢があり逃げることを選んで欲しかったと思うけど、追い詰められてるときには周囲が見えなくなってると思います。

「自分はダメなやつ」

「みんなが就職だから、自分もそうしなければならない。」

と思い込むことや周囲と比較して自分には価値がないと思い込むこと。

この思考がどん底までいくとやばくて、抜け出せる人と抜け出せない人の違いは家入さんも書いてますが。

一旦客観的に自分を見るような余白を強引にでも作れるか?

それを許す周囲の環境があるか?

なんてとこによるのかなと思います。

選択肢は色々あるはずなのに、なぜ1つの生き方しかできないと思うか。

就活でも過労死でも追い詰められて自殺を選ぶことは、社会が人を殺していることとイコールと思います。

どんな人であれ生きていいはずですから、社会が人を殺すような日本の文化は消えてなくなって欲しいです。

生き方の選択肢は1つではないのに選択肢がないと思い込んでしまう背景は、みんな同じであることを求め続ける教育の問題があると思います。

これも家入さん書いてますが

同調圧力であり、空気を読む、和を尊重する。他人に迷惑をかけてはならない。

といった日本ならではの文化が背景にあるのかと思います。

先日インドに行ったときにインドの教育の考え方について聞きました。

お前は人に迷惑かけて生きているのだから、人のことも許してあげなさい」

迷惑の定義によるのですし、インド人により考え方も違うと思うのですが。

僕がいたインドニューデリーのメインバザールにいたインド人たちは、空気を読むも和を尊重するもくそもない感じでして笑

29571427 1813464635390452 1578646478576544384 n

個々がそれぞれ本能のまま日々を生きてるような、日本にはないインド人のギラギラ感はなんだろうかとずっと思ってました。

インドはカースト制度があり職業の選択の自由もない人はなさそうでした。それでも町を歩いてる人は皆ギラついている。

インドにいたのは2週間くらいだけど、インドのストレスと日本のストレスは全く違うタイプな気がしました。

インドでは感情がストレートになる気がして、イライラしても明日には忘れるような感じ。日本の自殺や過労死みたいなことはインドではないんじゃないだろうか。

日本のストレスは厄介で、じわじわと心を締め付けられて全てを押し殺したくなるような陰惨なストレスなイメージ。

カースト制度で職業の選択がない人がいるようなインド。一方で人生色んな選択肢をとれるはずなのに自殺を選んでしまうような社会の日本。

暮らしの便利さや快適さで日本はインドのはるか上をいってるけど、だからといってそれが人の幸せとはイコールでない。

日本は豊かな国で五体満足で生きれるだけで本当に恵まれているはずなのに、なんで希望を持てず死ぬことを選んでしまう若い人がいるのか。

押しつけられた価値観のなかで生きるのでなく、みんなが好きなように生きてる世の中の方が僕は生きやすいのでそんな世の中になるように頑張りたい。

色んな生き方があることを子どもの頃から知ること。

じゃー就活でもなんでも社会が人を殺さないためには?

子どもの頃から色んな生き方や暮らしがあることを学び知れるような教育が、大事なのかなと思います。

例えば会社に勤める、田舎で暮らす、海外の文化に触れる。

色んな世界があることを知っていることは、きっと人生の助けになるんじゃないでしょうか。

僕もこのあいだインドに行ってみて、日本がダメだったらインドにいこう。みたいな考え方できるようになりましたし(笑)

子どもでも大人に対しても、常に色んな生き方や働き方に触れる環境や社会であることが就活とかで自殺する人を減らすことに繋がるのかなと思います。

今の生き方に絶望してたら上山きてください。

就活に絶望して若い人が死ぬとか悲しすぎます。

そういう人が一人でも減ればと思うのでやれることやっていきます。

会社に就職でなくても、存在する色んな生き方の1つが

「農のある暮らし」

で上山で田んぼをやったり実際にやっていることです。

農業とはまた違うのですが、生活のなかに農がある暮らしはすごく豊かです。

自然と繋がりながら日々を過ごせるような暮らし。

最近これめっちゃいいなと思っていまして。

自然のなかで体を動かすのって気持ちいいんですよね。

草刈りでも耕すでも燃やすでも何でも。

都会で家にひここもってPCの前に居続けたら気持ちはマイナスに傾き続ける気がするので、自然の中で体を動かすことは結構大事でいいことだと感じてます。

だいたい余計なことを忘れますから(笑)

ホント就活したくないとか死んでしまいたいとか思ってる人は、上山きてくださいな。

僕電話番号これ→080-3569-4907 メールこれ→aolarena16@gmail.com

なんで連絡ください。

一緒に耕作放棄地でひたすら草刈りしたり開墾したり、何か野菜つくったり田んぼしましょうよ。

僕が伝えられることは特にないですが、自然が色んなことを伝えてくれます。

19642457 1473727396030846 8721633334563825419 n

こういう受け入れを出来るようになりたいのと、届ける人に発信を届くようにやっていこーと思います。

そして共感していただける方は一緒になにかやりましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

インドでは人と野良犬が上手いこと共存していた。

どーも、冨安です。

インド滞在シリーズです。

日本にはなくインドでは日常的な光景の1つに、そこら辺に野良犬がたくさんいることがあげられます。

インドでは野良牛や野良犬、野生のサルもみかけました。

なかでも犬と牛は割とそこら辺を歩いていて、これは日本ではみない風景です。インドでは牛は神聖な動物で食べることはありません。宗教の関係で牛と豚はあまり食べれるところなかったです。

30414944 1823371547733094 500393737575202816 n

人と犬が上手いこと共存していた。

デリーのメインバザールというとこにいましたが、野良犬が危険と感じることはあまりありませんでした。

深夜は気性の荒そうな犬がケンカしたりしてましたが。

基本的にデリーの犬は、夏バテで疲れてるのかやつれてやる気がない感じの犬が多いです。

日陰で寝ている犬がほとんどですね。

面白いのが野良犬が人間社会に馴染みすぎているところ(笑)インド人は基本的に野良犬は放置です。

日本だったら排除しそうなところを、そのまま放っておいている。

野良犬は攻撃的かといえばそういうわけでもなく、インドの人間社会のなかでどう生きるかちゃんと考えている。

人に迷惑をかけないように賢く生きているように見えました。

人間にも縄張りがあるように、野良犬には野良犬の縄張りがあるようでして、だいたいいつも同じ犬が決まった場所にいます(笑)

それも例えば屋台の下の日陰とかホテルの入り口の脇とか、商売の邪魔にならないような自分の居場所を確保しています。

30414944 1823371547733094 500393737575202816 n

ペットとして飼っているわけではなさそうなのですが、暗黙の了解なのか人間社会のなかに居場所を確立している野良犬が多かったです。

インドの排除はしない感じが好きだ。

野良犬が馴染みすぎているインド社会。

好きなのは別に犬にかまいもしないけど、排除もしない感じ。

放って置いているんですよね。

デリーにいたインド人の印象は、基本的にみんな本能のまま生きていて俺俺俺俺!みたいな感じで自分の目的以外のことには目が向いていないイメージ。

日本でいう和を尊重するとか空気を読む、みたいなのは一切ないですね。

良くも悪くも。

例えばゴミとか自分の目の前だけは掃除するのですが微妙にゴミの位置が変わるだけで、町全体としては何も解決しないとか。

そんなインド人ですが、何でもそのままにしておく感じはいいなあと思います。

例えば日本だったら、和を乱す人やグループで異質な人は排除するじゃないですか。

インドはカースト制度でものすごい差別はあるかもしれないですが、そのままにしている。

大陸で色んな人や文化が入り交じっているインド、島国で異質な文化や人が交わることの少ないかもしれない日本。

たぶんインドのストレスと日本のストレスは全く別物で、インドだと常に感情がストレートになるんじゃないかなと思います。鬱病とか過労死とかない。

日本は感情とかを殺して殺して、まわりに伺いを立てて・・・みたいな部分があると思います。

日本社会が嫌になった人はインドに行ってみたらいいと思います。たぶん気楽になります。

インドの人間社会に馴染みすぎていた野良犬からこんなことを考えてました(笑)

よく分からない不思議な国だ。

インド。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

空港のセキュリティーが厳しいインドと緩い日本

どーも、冨安です。

コンビニがないインドと異様に多い日本

インドシリーズその2です。なんでインドかどんな滞在していたかとかおいおい書いてきたいと思います。

今回はインドの空港事情についてお伝えします。

今回僕はインドの中でも首都デリーのインディラ・ガンディー空港を利用しました。

国際線の場合はターミナル3を使いますが、ここは2010年に出来た割りと新しい場所でインドにしてはきれいです。

IMG 1747

空港への出入りがかなり厳しい。

日本の空港にいると感じないのですが、空港への出入りはかなり厳重でした。

空港に到着してから一回、ターミナルの外に出るともう中に入れません。

出入り口には強面の警備員が必ずいて、中に入るには飛行機のチケットを見せる必要があります。

また飛行機出発の6時間前にならないと入ることができません。

飛行機出発の6時間前になり、飛行機のチケットをみせて、ようやく空港内に入ることができるという。

ちなみに入国のときはパスポートとVISAがいります。

VISAはオンラインで取得できるツーリスト向けのVISAがあるので、オンラインでいけました。1ヶ月以内の短期滞在ならオンラインVISAが便利です。

インドビザを取得しよう 2016「電子ツーリストビザ eTV」編 – インド号

IMG 1746

IMG 1745

なんで空港の出入りが異様に厳しいのか?

日本だと空港の出入りは基本的に自由じゃないですか。

なぜインディラ・ガンディー空港は厳しいのか。空港の出入り口は、謎にインド人がめっちゃたくさんいるんですよね。

この人達は誰かを待っているのか?

それともこれからどこかへ行くのか?

分からないのですが、空港出入り口あたりはめっちゃインド人がたくさんいるという。

ターミナルを出ると詐欺師っぽい人もたくさんいるんですが、詐欺師の人も一定のラインまでは追って来れないんですよね。

空港内は冷房もきいていて快適なので、出入りを制限しないと空港内がごった返しそうだなとは思いました。

インド人めっちゃ空港に住み始めそう。

このインディラ・ガンディー空港のターミナル3は、インドではそれくらい屈指の快適さだと思います。

そしてセキュリティーが厳しいインドの空港から関空に戻るじゃないですか。

めっちゃ快適なのにセキュリティーとかないようなもので、空港への出入りも自由。

安全な証拠ですね。いいことだと思いました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

コンビニがないインドと異様に多い日本

どーも、冨安です。

2週間ほどインドに行っていました。

お金を3000円だけ持っていった滞在でして、色々とあるのですが気づいたことを忘れないうちに書いてこーと思います。

滞在中はお金もない状態なので、働いて寝る場所と水を確保してチップをもらい生きてました。

滞在していたのは首都のデリー。

そのなかでもニューデリーのメインバザールという、バックパッカーとかも集まる混沌としたエリアでした。

1960年代とか高度経済成長期くらいの日本なイメージか。

29571427 1813464635390452 1578646478576544384 n

インドにはコンビニがない。

感じたことの1つがインドにはコンビニがないなーということ。

インドといっても広いので探せばあるんだと思いますが、僕が滞在しているときはコンビニは見かけませんでした。

かわりに家族経営と思われる個人商店が多かったですね。

メインバザールは商店が細分化されていて、日本みたいな何でも揃ってるコンビニとかショッピングモールはありませんでした。

IMG 1738  1

インドは夏で40度いかない位の暑さですが、冷房がきいている場所もほとんどない感じ。

便利さ快適さでいえば、フィリピンの首都マニラの方がかなり進んでるのかなと感じました。

コンビニやショッピングモールがない。

ということは逆に個人商店が何でもあるということで、服屋、生地屋、薬屋、旅行代理店、食料販売店。さらにはジュースや食べ物など屋台がひしめき合っていました。

またカースト制度で様々な立場の人がいるだろうし、旅行者もそれなりにいる。

野良犬や野良牛もいる。

車やリキシャーもひしめき合い、クラクションは鳴り止まない。

全てがごちゃ混ぜ。

カースト制度で差別はあるかもしれないけど、何でも受け入れ排除はしない感じ。

この感じはメインバザールにいて好きなところでした。逆に日本には異質なものは排除するところがあるかもしれません。

もし日本のようにコンビニやショッピングモールが乱立するようになったら、こんな混沌はないのかもしれません。

インドかこのエリアは外資の参入を制限しているんですかね?

それともインドに参入するのが難しいのか?

東南アジアだとセブンは見ること多いので、インドもあるものだと思ってました。

日本はコンビニが多く、クオリティーの高さ半端ない。

インドから帰ると、コンビニのクオリティーの高さが半端ないと改めて思います。

あんなに美味しい弁当やおにぎりを、いつでも毎日必ずいけば置いてあること。

毎日毎日安定的に供給し続けていること。

それを支える生産体制や物流の仕組みが整っていること。

インフラが当たり前にあること。

日本ではごくごく当たり前なんですが、本当にすごいと思います。

例えばインドでは夏場は停電が多いとか、約束を守らないとか多いらしく、日本みたいなレベルのコンビニができることはなかなか想像できない。

一方で日本みたいなクオリティー高いコンビニがたくさんあると、悪い側面もありますよね。

コンビニって人を駄目にすると思うんですよねw

24時間いつでも簡単に、美味しい食べ物が手に入ってしまうわけじゃないですか。

余計なものを食べる機会が増えてしまうし、肥満や病気の原因になりません?

コンビニって。

インドから戻って日本のコンビニやスーパーにいくと、食品や飲み物のバリエーションの豊かさや美味しさ、日常的すぎて気づかない利便性の高さを改めて感じた次第でした!

これはきっとそこで働く方々の決められたことを決められた時間までにやる。色んな人の小さな仕事のおかげだと思います。

日本の24時間コンビニが当たり前にある暮らしの便利さ快適さは圧倒的ですが、その快適さ便利さを当たり前と思わずに支えている人やモノに感謝しながらやっていきたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

世の中便利になる必要があるのか?

どーも、冨安です。

最近世の中が便利になること=人が幸せになれる

わけではないなと思っておりまして、

なんで今の社会は

今よりももっと便利に

今よりももっと経済成長を

そんなことを追い求めることが普通なんだろうなと考えてます。

iPhoneもインターネットもなきゃないでいい。

例えば僕たちの暮らしを便利にしたiPhoneやインターネット。

iPhoneがあればどこでも仕事できるし、インターネットの発達やSNSの恩恵で誰かと繋がってることも簡単になりました。

確かに暮らしは便利になりました。

ただ一方で、別になきゃないでいいじゃないですか。

世の中がインターネットで繋がれば繋がるほど、もしかしたらリアルの繋がりは希薄になったかもしれません。

SNSで他人のキラキラした部分ばかりが目につくから、他人と比較する機会が増えてしまい自分を見失ってる人も多いかもしれません。

iPhoneがあれば便利だけど、別にない時代はない時代でどうにでもなっていました。

iPhoneが登場して暮らしは便利になったとしても、だからといって幸せになるわけではない。

人工知能、仮想通貨、ドローンなどなど。

様々なテクノロジーが進化することで世の中は便利になっているのかもしれませんが、人の暮らしが豊かになっているようには思えません。

便利になる→仕事を奪われる人が出る。

AppleはiPhoneをヒットさせましたが、常にイノベーションを起こし続けなければ生き残れません。

世の中を効率化しなければならない、経済成長しなければならない、常に勝ち続けなければならない。

終わりないですよね。

便利な世の中になればなるほど、心の豊かさみたいなものは消えていっているように思います。

なんでないものを追い求め続けるのか?

日本とかもう十分便利だし、生活的には豊かじゃないですか。

僕は最近「もっとこうしなきゃいけない」「誰かみたいになりたい」

とか思ってたのがあまりなくなりました。

ないものは求めだしたらキリがないし、誰かになろうとして比較しだしてもキリがないし自分は自分です。

目の前に、もう既にモノも人の繋がりも恵まれすぎているほどにあるじゃんと思って。

ないものを求め続けて、もっと便利に、もっと快適に。

とか本当に必要なことなんですかね?

もう十分あるじゃないですか。

たぶん、生きることはもっとシンプル。

難しいことを頭でごちゃごちゃ考え出すとキリがないのですが、最近生きることはもっとシンプルなんだろうなと考えるようになりました。

最近しばらく自然のなかで体を動かして草刈りし続けていました。

自然の中で体を動かしてると、考え方がシンプルになってくるんだと思います。

生命力ある草木。太陽。川。

自然と人は別じゃなくて同じ。

どんな生命にも人にも役割あるんだろうなーとか考えながら、草刈りしてます。

能力が低いやつはダメだ。

能力が高いやつが認められる。

仕事ができない人間は切り捨てられる。

こういう世の中は嫌いです。何しろ僕もだいぶ不完全な人間なので笑

効率化や経済成長。こういうモノサシで図るとダメな人でも、違うとこでいいところはたくさんあるはずじゃないですか。

僕は棚田で田んぼを1年やっただけなんですが、棚田再生の価値ってこういう所なんだろうなと。

DJI 0369

棚田は生産性も低いし非効率的なわけで、資本主義的にいったら価値はありません。

でもすごい小さな一枚の田んぼにも、一枚一枚の田んぼに個性があり何かの生命が循環しています。

小さくても色んな役割を果たしているじゃないですか。

便利さや効率化を追い求める世の中なので、棚田にある一枚一枚の田んぼが伝えてくれるメッセージは色々とあると思っています。

今年は世間ではじかれモノになりそうな田んぼも再生していきたいなーと思っている次第です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

最近地元のじーちゃんと友達になれるようになってきた。

どーも、冨安です。

ここ1ヶ月くらい草刈りばかりしていたら、色々と気づきや見方の変わることがあります。

IMG 4597 1

特に僕が住んでいる部落の草刈りをかなりしていました。

一人でひたすら土地と向き合い草刈りしてると、自然とその土地に愛着がわいてくるし何とか守っていきたいなと思うようになります。

変化の1つとして、この地域に住むじーちゃんたちと前より仲良くなれるようになれました。

上山の人たちは田んぼをやっている、やっていた方が多く、土地への思い入れなどは強いです。70、80になるのに、ものすごい執念で毎日何か作業をしているじーちゃんもいます。

なぜそこまでやるのか?

不思議でならなかったのですが、感覚が近くなってきたのかもしれません。

ひたすら草刈りしていると向こうも以前より

「おー今日もやっとるなー。」

みたいに以前より楽しそうに話しかけてくれるし、僕も話していてめっちゃ楽しく感じるようになってきました。

たぶん理由は同じ事をしているから。

ひたすら土地と向き合う、守っていく。

僕は上山に来て1年目のぺーぺーですが、少なからず目線が近づいてきたのかもしれません。

特に草刈りしている辺りがどんな場所で、どんな風に使われてたのか?

どんな歴史を持っているのか?

ずっとそこにいたら気になってくるので、聞きたいことも増えてくるんですよね。

こうして土地を守り続けてきたじーちゃんたちと、一緒の価値を共有できるのは貴重だなあと思います。

資本主義的な経済性とか効率だけでいったら棚田ってなくなるものなんですが、条件不利でもそこで知恵を出して暮らし続ける。

そこから自然に生まれる暮らしや文化には、人の魂や尊さみたいなものがあっていいですよね。

同世代の友達は減る一方ですが、上山のじーちゃんと少しずつ友達になれるようになってきました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0