未分類

ドローンでみたら神々しい!雲海シーズン到来した9/19 の上山雲海

c1c50a8c-8cea-4d57-b245-39d1fe865031.png

こんばんは、起案者の冨安です。

上山は少しずつ秋が深まり、

本格的な雲海のシーズンがスタートしました。

9月19日の雲海の様子をお伝えします!

私が住んでいる上山の後迫は標高が低いです。そのため5時半頃目覚めるととても霧がかっています!

でも天気予報は晴れ・・・!

これは雲海来たか!?と思い展望台へレッツゴー。

すると神々しき景色が広がっておりました。言葉で表現できない幻想的な景色。

今度は写真で見える雲海がある所あたりにいきドローンを飛ばしてみました。

このように霧ががったところからドローンを上げてみると・・・!

ドローンを飛ばしていて「うわーすごい!いやーすごい!」

と自分で感動しまくっておりました(笑)

このどこまでも続く雲海の感じはまさに雲海。

こんな景色をみれた朝は最高にさわやかです。

グッドモーニング!っていいたくなります(笑)

この映像をリアルに身近に感じてもらう機会を作り、ドローンを観光に活用していくのが今やっているクラウドファンディングです。引き続き応援よろしくお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

住む場所を変える1番のメリット、デメリット。

名称未設定_2

どーも、冨安です。

僕は大卒後、北海道平取町、北海道夕張、岡山県美作市上山

と3度移住をしています。

その時々の自分のやりたいこと、考えてることにより住む場所が変わっています。

大卒→平取地域おこし協力隊(地方で暮らしてみたい。何が分からないか分からないからとりあえず行こう!)

協力隊→公務員(自分で仕事をつくれない。世の中の仕組みを知る。定住が大事と思い公務員に)

公務員→夕張移住(自分で稼ぐことが重要だと思い公務員を辞める。クラウドソーシングとかAirbnb使い、自分で稼ぎ始める)

夕張→上山移住(1人で自分のことをやるだけならできる。チームじゃないと出来ないことやってみたく上山に)

3度の移住をしていて感じる、住む場所を変える1番のメリットとデメリットをお伝えします。

 メリット:常識や価値観が何度もリセットされる!

一番のメリットは常識や価値観が何度もリセットされることだと思います。パラダイムシフトといわれます。

パラダイムシフトとは

パラダイムシフトとは、その時代に「常識」や「当然」や「普通」だったもの『パラダイム』が
一つの出来事により「変化」「移行」「再認識」等、劇的に『シフト』することである。

参照:http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%83%91%E3%83%A9%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%82%B7%E3%83%95%E3%83%88

例えば大卒で都会でしか暮らしたことがなかった僕が、北海道の田舎の町にいったら暮らしや文化は全く違います。

仕事や生き方の考え方や価値観も都会育ちの人、地方育ちの人で異なります。

都会で当たり前だったことが、地方に行ったら全然当たり前じゃない。

さらに同じ地方でも北海道と岡山では、また暮らしがちょっと異なる。

また僕の場合は住む場所が変わると同時に、仕事も変わっています。

公務員からWEB上で仕事を受注するフリーランスなスタイル。お堅い公務員からWEBで全てが完結する世界への変化は大きかった。

仕事の世界観が全く異なる世界に足を踏み入れてみて、最初はどんな世界か分からなくてこわかったなあ。

夕張メロンをインターネットで売ってみる。

Airbnbで空いてる部屋に外国人を泊める。

ドローンで空撮の仕事をする。

気がつけば色んな仕事をしています。

例えば協力隊には協力隊のルール、公務員の世界には公務員のルール、クラウドソーシングにはクラウドソーシングのルール、AirbnbにはAirbnb、ドローンにはドローン。

それぞれの世界にルールがあります。やはり何をやるにしても最初は分からないことばかり。住む場所や仕事、人間関係を一回手放してみて、0から歩み始める。

しんどいことも多いですが少しずつ自分の価値観ややりたいことが明確になり、未知のものにどんどんチャレンジできるようになってきたと思います。

最近であればクラウドファンディングが未知へのチャレンジですかね。

住む場所が変わり人付き合いや仕事も変わり続けることで、変化があまり怖くなくなってきたかもしれません。

デメリット:安定しない

住む場所を変えるデメリットは安定しないことです。

変化の反対です。安定しないものは大きく2つあります。

①収入

②人間関係

僕が夕張と上山に移住するときは就職しないで移住してるからかもしれませんが、収入が安定しないです。

生活基盤を全部壊して移住しているので、最初の移住したてはしんどいです。安定的な収入を生み出せていない僕の課題でもあります。人によっては住む場所が変わっても収入安定すると思うので。

ただ収入面以上に大変なのが、何回も人間関係を作り直さないといけない点です。

地方の町に人間関係0ベースで飛び込んで、信頼関係を作っていくのは本当に大変。

相性もあるので上手くやっていける確証はないですし。

長く住むから信頼関係は育まれて、その信頼関係がないと出来ないこともたくさんあります。

仕事も人間関係もなかなか安定しません(笑)

未知へのチャレンジめっちゃ楽しい。

住む場所や仕事が変わり、未知へのチャレンジが多かったと振り返って思います。

ただ未知だったものにチャレンジをして、遠い世界に感じていたことが「あれ、自分にでも出来るんだな!」

て思う瞬間が結構あります。この感覚はすごい楽しいです。

民泊やったことないのに外国人泊めれるのか?英語大丈夫なのか?

→おお、案外やれば出来るんだな!

みたいな経験で、最近だったらクラウドファンディング。

自分で40万も集まるのか?1円も集まらなかったらどうしよ?ビビりながらやる。

→やばい、達成できた!

こうして出来ないと思ってたことに対して、1つ1つ小さな成功体験を積み重ねていく。

その中で自然に自分にかけていたリミッターが解除されていく感覚。

最近未知へのチャレンジが楽しくてしょうがないです(笑)

ちゃんと結果を出さないと意味はないので、結果を出してやっていけるように頑張ります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

自立した人の群れとそうでない人の群れ。2つの異なる群れ

どーも、冨安です。

僕には毎週金曜日、とても楽しみにしておりメールマガジンがあります。

ハイパーメディアクリエイターとも言われている高城剛さんのメルマガです。何人か他のメルマガも購読していますが、ずば抜けて面白いというか好きな方。

メルマガは2012年から購読して、もれなく全部読んでいます。

高城剛の『高城未来研究所「Future Report」』 | The Book Project 夜間飛行

今の生き方をしているのも、この人のメルマガ読んでたからじゃないか?とも思います。

ドローンを飛ばし始めたのも考えてみたら、高城さんの影響ですね(笑)

群れに関するQ&Aが面白かったので紹介。

高城さんのメルマガの見所の1つがQ&Aコーナー。

タイムリーに自分に当てはまるQ&Aがあったりして、悩んだり迷っているときなど幾度となく背中を押されています。

例えば割と大きな決断で悩むときは、誰かに相談をするのではなく、ひたすら高城メルマガのQ&Aを読みあさったりすることもありました。

ちょっと前に群れに関する面白いQ&Aがありました。

Q

高城さんは人間的に独立されていて、権力に靡いたり、内輪のりの群れに同調しないと言うスタンスを貫いていらっしゃって、その姿勢に憧れています。
日本はワンピース、エグザイル、ルーキーズ文化な為か、とにかく群れて熱い仲間を作るのが是という風潮があり、そんな私自身もfacebookの友達数やいいね!の数を気にしてしまう時があったり、友達のfacebook投稿見て、たまに群れが楽しそうに見える時があります。
私は以前に比べ仲間内の飲み会に(意識的に)参加しなくなったせいか、以前連んでいたメンバーと若干の温度差があり、遊ぶ友達も大分減ってしまいました。
facebookは高城さんの言う通り止めようと思っています。
高城さんは今よりお若い時に群れた経験はございますか?
また50代になられて群れずに自律で生きる生き方を選んで正しかったと思いますか?
その頃群れた方々はどうされていますか?
アドバイス頂けたら幸いです。

A

群れには大きく二種ありまして、自立した人たちが集まる群れとそうでない人たちの群れのふたつです。
社会的および経済的に自立した人たちの群れは、結果的に強い個人の集団になりますので、時には社会を動かすほどの影響力を発揮します。
僕もこのような群れに関わることはいまでもあり、特徴は即座に解散可能で再集合も可能な点です。
一方、社会的および経済的に自立してない人たちの群れは、結果的に弱い個人の集団になりますので、集団外を敵視します。
僕はこのような群れに関わることはいまも昔もなく、特徴は変化に乏しく生産性が低い点です。
若い時につるんでいた友人たちも、年齢とともにこのふたつに別れていくものです。
また、正しいもなにも、自分の人生はすべて正しいんじゃないでしょうかね?
もし、正しいか正しくないかで判断するなら、社会的および経済的に自立できているかどうかだだけだと思いますよ。
この点では、僕は間違いなく正しいでしょう。
なぜなら、社会的および経済的に自立してない人たちの群れに加わってこなかったからです。

皆さまに当てはめてみるといかがでしょうか?

 

自立した人の群れとそうでない人の群れ

今まで自分が付き合ってきた人や組織を振り返っても、自立した個の群れとそうでない群れ。この2つはあるなと感じます。

社会的および経済的に自立した人たちの群れは、結果的に強い個人の集団になりますので、時には社会を動かすほどの影響力を発揮します。

自分なりに考え方を持っていて、頭だけでなく行動にうつした生き方をしている人たち。

それでいて社会的にも経済的にも自立している人。

僕の友人でも思い浮かぶ人が何人もいますが、こういう人たちといるのはすごく楽しい。

フリーランスで生きるようになって、自分の周りに個人の力で生きる友人が増えました。

そして個の力で生きてる人たちが繋がり、チームになって大きな成果を上げる。

こうしたシーンに出会うことや経験することも出てきて、この体験はめちゃくちゃ楽しい。

どこかで同じ世界観を持っている人たちが、あるとき業種などの枠組みを越えて集まり新しい何かが生まれるようなこと。本当に楽しいです。

こんな瞬間にたくさん出会っていけるよう、僕が何より自立しなければなりません・・・!

働き方の流動性が増している今の時代、自立した個が流動的にチームを作ることは増えてきそうです。

社会的に自立してなかった公務員時代。

僕は北海道にいるころ1年間、公務員をしていました。

経済的には今よりも遙かに安定していましたが、社会的には全く自立していませんでした。

公務員という環境の一歩外から出たとき一人で全く生きていけるイメージを持てず、公務員という世界でしか生きていけなくなる危機感ばかり感じていました。

結果として1年で公務員を辞めて、個の力が試される生き方をし始め安定はなくなりました。

ただ精神的、社会的には公務員をやっていた頃に比べて遙かに自立できているかと感じます。

とはいってもまだまだな部分だらけなので、自立した人たちの群れに乗っかれるようにがんばりたいですね。

あたなの周りには「自立した個の群れ」・「自立してない個の群れ」、どんな群れがありますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

クラウドファンディング、Facebookトラブルがあり明日アップいたします!

どーも、冨安です。

ドローン×地域。9月1日からクラウドファンディング、スタートします!

ドローン×観光。クラファンのアイデアについて

クラファンの企画文章で難しい点

今回クラウドファンディングは、FAAVO岡山さんと歩みます!

ということで9月1日、今日からクラウドファンディングをスタート!

準備もOKでサイトは公開状態になっております!

なんですがFacebookで思うように投稿できないという、思わぬところでつまづいておりまして・・・

今日のアップは諦めて明日になりそうです。予想外も楽しみたいと思います!

アイキャッチ画像が出てきて欲しい画像が出てこなくて、これ自体はブログでもよくあり対処したことあったのですが、修正されないんですよね。

最初の発信はすごく大事でここは妥協したくないなーと思い、1日遅らせても意図したものを発信できればと考えています。

問題はfacebookのOGP画像のキャッシュって部分だと思われます。Twitterは問題なかったので。

公開後のURLはこちら!

もうクラウドファンディングのページ自体は公開しているので、ブログではURLを紹介いたします!

ドローンで「空のツーリズム」を作り、上山が誇る棚田の魅力を伝えたい! – FAAVO岡山

数分でデザインのプロになろう

この画像がFacebookの投稿に出てこなくて困っていますw

サイトは公開しており、ご支援は可能な状態となっております!ご興味ある方ぜひご覧下さい(^^)

Facebookの投稿は正常になったら改めて、情報のシェアなどお願いしていきたいと思っています。

まずは本ブログのURL限定でこっそりスタートしておきます。

SNSでの僕からの正式アナウンスは明日になるかな・・・というところです。

ご期待されていた方がいたら申し訳ありませんm(_ _)m

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

クラファン前夜、不安と期待入り交じる。

名称未設定_6

どーも、冨安です。

8月23日のブログで「9月1日からクラウドファンディング、スタートします!」

といってから約一週間・・・。

無理矢理締め切りをつくりブログで宣言して自分に圧をかける作戦は成功して、なんとか明日からスタートする最低限の準備はできました。(本当か?)

8/23 ドローン×地域。9月1日からクラウドファンディング、スタートします!

8/24 ドローン×観光。クラファンのアイデアについて

8/25  クラファンの企画文章で難しい点

8/29 今回クラウドファンディングは、FAAVO岡山さんと歩みます!

やってみるとクラウドファンディングは本当に準備が大変。

クラウドファンディングをやるのは僕自身初めてです。

クラウドファンディングとは、「こんなモノやサービスを作りたい」「世の中の問題を、こんなふうに解決したい」といったアイデアやプロジェクトを持つ起案者が、専用のインターネットサイトを通じて、世の中に呼びかけ共感した人から広く資金を集める方法です。

https://a-port.asahi.com/guide/より

実際にやっていると

「あ、こんなこともやらないといけないんだ。考えないといけないんだ。」

ということが細かい部分で多々発生して、準備がかなり大変だなと実感しています。

明日からスタートですが、出来てないことたくさんありすぎな状態ですw

企画ページ、リターンはギリギリなんとかなりそうです。(まだ終わってない)

やばいのは広報ですね。

クラウドファンディングは成功するために「1/3の法則」と呼ばれるものがあります。まず1/3は知り合いから、1/3は知り合いの知り合いから、1/3は関係ない方から支援を募るというものです。

プロジェクト開始前に目標金額の1/3は、知り合いから目処を立てておく必要があると言われています。

一週間前から本気で準備をスタートしましたが、ここがまだ全然できていないw

やばい・・・!スタートダッシュでコケるパターンかこれ。。

もうスタートしちゃいますが、広報はこれから頑張る感じになります。

クラファン前夜は不安と期待入り交じる。

クラウドファンディングは初めての経験です。

明日からスタート、ということでクラファン前夜。

「支援が一件も入らなかったらどうしよう・・・!」

「まだ全然広報できてないし・・・!」

不安と期待が入り交じり、なんともドキドキします。

この緊張感はなんとも久しぶりなかんじです(笑)

僕のこれまでの行動や信頼がどれだけあるか?ないか?

これが結果に出るわけですから・・・。

たぶんクラウドファンディングをやっている方は、みんなこの不安感の壁を乗り越えてきてるんだろうと想像します。

なんかクラファンに個人でチャレンジしてきてる方をみんなリスペクトします・・・!

でもこの緊張感はなんかやみつきになりそうですね。

というわけで

明日夕方からクラウドファンディング、スタートします!

情報アップをお楽しみに!(^^)

あーこわw

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

今回クラウドファンディングは、FAAVO岡山さんと歩みます!

DIT6_F6UwAAxGso.jpg

どーも、冨安です。

最近クラファンに関するポストが続いております。

ドローン×地域。9月1日からクラウドファンディング、スタートします!

ドローン×観光。クラファンのアイデアについて

クラファンの企画文章で難しい点

9月1日からスタートすると公に宣言をして、9月1日まであと4日でございます。

やばいw

クラウドファンディングってなに?

クラウドファンディングってそもそも何のことでしょうか??

クラウドファンディングとは、「こんなモノやサービスを作りたい」「世の中の問題を、こんなふうに解決したい」といったアイデアやプロジェクトを持つ起案者が、専用のインターネットサイトを通じて、世の中に呼びかけ共感した人から広く資金を集める方法です。
アイデアがあればそのアイデアを実現するために、インターネットを通じて資金調達できる仕組みのことです。

クラウドファンディングをサービスとして提供している会社はたくさんあります。

クラウドファンディング – Readyfor(レディーフォー)

クラウドファンディング – CAMPFIRE(キャンプファイヤー)

クラウドファンディング|A-port 朝日新聞社

クラウドファンディング - Makuake(マクアケ):サイバーエージェントグループ

地域 × クラウドファンディング | FAAVO(ファーボ)

それぞれ得意とするテーマや手数料が違ったりします。

正直そこまで違いを知らないのですがw

今回はFAAVO岡山さんと歩みを進めます。

今回僕がやる予定の「ドローン×地域」のクラウドファンディングをやるにあたり、クラウドファンディング会社選びも1つの悩みどころでした。

多くの人が使っていて、手数料の低いCAMPFIREかなとか考えていました。

が偶然にも知人のいる津山市のレプタイル株式会社がFAAVO岡山を運営していることを知り、今回はFAAVO岡山さんと歩みを進めることにしました。

Reptile レプタイル株式会社 | 中小企業のマーケティングパートナー

FAAVOは日本全国の都道府県に各支部がある地域、地方に特化したクラウドファンディング会社です。

例えば岡山県であればFAAVO岡山を運営するのが津山市のレプタイル株式会社さん。

アートインク津山というシェアオフィスがあり、そこに僕も打ち合わせで何回か足を運んでいます。

昨日も足を運んできました。オープンな雰囲気で足を運びやすいです!

DIT6 F6UwAAxGso

FAAVO岡山を選んだのは、地域に根ざしてやっていく意思表示

今回FAAVO岡山を選んだのは、繋がりある会社がやっているから。

というのも1つです。

それ以上に大きいのが、

FAAVO岡山を選ぶことが、より岡山ローカルに根ざしてやっていくことの意思表示になるかなと思ったからです。

ドローンを観光にもっと活用していければ、というのが狙いのクラウドファンディング。ど

企画を通じて住んでいる上山であり、岡山に何か新しいワクワク感あるものが生まれればと思っています。

手数料は20%なので手数料だけでいったら、CAMPFIREの方が安い。また集客もどのプラットフォーム使うにしても、自分で努力しないといけない部分が大きい。

ある意味ではどのプラットフォームでもいいのかもしれないけど、よりローカルに根ざしてやっていきたい意思表示になると思いFAAVO岡山さんと歩みを進めることにしました!

どれも初めての経験で楽しいですよ!

21078381 1537535519650033 2639348934629430462 n

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

クラファンのアイキャッチ画像作成をご相談できる方・・・!!

どーも、冨安です。

最近クラファンに関するポストが続いております。

ドローン×地域。9月1日からクラウドファンディング、スタートします!

ドローン×観光。クラファンのアイデアについて

クラファンの企画文章で難しい点

9月1日からのスタートに向け準備を進めています。

文章作成や動画作成など色々とやっておきたいところです。

リターン画像のアイキャッチ作成をご相談できる方いませんか??

他のクラウドファンディングも見てみて、リターンのアイキャッチ画像が重要なんじゃないかと感じています。

パッとみでどんなリターンか分かりやすい画像を作っていると、支援に繋がりやすい気がします。

僕はこういうアイキャッチを作成するのは苦手です。

そこでもし今回のドローン×クラファン企画をやるにあたり、アイキャッチ画像作成を一緒にやってもいいよ!

という優しい方がいたらぜひご連絡いただけたら嬉しいです。

もし誰からも連絡がなければ、思い浮かぶ顔に連絡をしてみます笑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

クラファンの企画文章で難しい点

どーも、冨安です。

ここ数日ブログでも書いてるように、9月から「ドローン×地域」でクラウドファンディングをスタートする予定です。

ドローン×地域。9月1日からクラウドファンディング、スタートします!

ドローン×観光。クラファンのアイデアについて

そこでクラウドファンディングのサイト内で、実際に企画文書やリターン文書を作成したりしています。

クラウドファンディングをやるのは初めての体験です。

企画文章で難しい点

リターンはドローン中心で考えていて、ここも詳細詰める必要があります。

今はリターン以上に企画文章の作成が難しいなと感じています。

企画内容を分かりやすく伝えつつ、なんで今回のプロジェクトをやろうと思ったか?

僕個人の背景や情熱まで伝えないといけない。

①文章全体が長くなりすぎてもいけない

②けどプロジェクト内容から背景まで伝えたいことは多い

③伝える順番はどうするか?

ここが悩みです。

色んなクラウドファンディングの企画文章を見て、最後まで文章を読んでしまう企画とそうでない企画とあります。

たぶん最後まで読んでもらうことはすごく難しい。

最後まで読めるのは、

端的でストレスなく読める

けど情熱はしっかり伝わる

文章かなと感じています。

クラファンでは端的に伝える、これが難しいと思います。

伝えたいことも多いはずですから。

ダラダラ長い文章になってしまう可能性が高くなりそうですが、これだと途中離脱されてしまうでしょう。

文章構成もどうすればいいか悩みどころです。

自己紹介→企画背景→やりたいこと→やった後にどうなるか→リターン詳細

などがベターなんですかね。

他のクラウドファンディングを見ながら進めたいと思います。

動画作成もしたりしときたいし、9月1日まで時間がないので数日クラウドファンディングに集中します^^;

Facebookでいいねをくれた方などには、もれなく公開前URLを送って感想とフィードバックを頂くキャンペーンをしたいと思いますw

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ドローン×観光。クラファンのアイデアについて

rp_51Tmy4XD-mL.jpg

どーも、冨安です。

ドローン×地域。9月1日からクラウドファンディング、スタートします!

昨日ブログでアナウンスしたように9月1日からクラウドファンディングをスタートします。

急いで色々と準備を進めています。

具体的に今回のクラウドファンディングで何をしたいのか?お伝えします。

ドローンを使った棚田を巡る空のツーリズムをつくりたい!

クラファンで考えているタイトルはこれです。

ドローンを観光で使えないかな?

と思っていて、そのアイデアを実現させてみたいと思っています。

ドローンは人からの視点では見ることができない、鳥の視点を楽しむことができます。

特に地方であればどの地域に行ったとしても、その土地ならではの景観を楽しむことができます。

ドローンはどこで飛ばしても楽しいので、観光で来た人に楽しんでもらうツールになるよなーとずっと考えていました。

ただ操作をする所から始めるとハードルが高い。

今回のクラファンのドローン活用のイメージは、

操作を楽しむ!

ではなく

景観を楽しむ!

ドローンを活かしてここをより楽しめるコンテンツ作りたいと思っています。

主な予算の使い道は、DJIGoggles2台導入とドローン一機導入。

ドローンで景観を楽しむために導入したいのがDJIGogglesというアイテムです。

ドローンのカメラに写っている映像が目の前に広がります。

DJI DJI GOGGLES KIGシリーズ [ドローン用VRゴーグル]

 

一回僕も試したことがあります。使い方に工夫が必要な印象はありますが、景観を楽しみ伝えるための1つの新しい手段にはなると感じました。

ドローンの講習会や体験会を自分でやってみて、

操作をしてもらう

ある程度基本的な操作を覚えてもらう

ここのハードルの高さは少し感じています。

操作を楽しみたい人にはいいのですが、景観を伝えるにはお客さんは操作なしの方がいい。

DJIGogglesを使えば、僕が操作をしてフライト体験を共有することが可能になります。

ドローンで見所を見に行ったり、棚田を解説をしたりとアテンドできる。

例えば1時間くらいの観光案内のコンテンツの1部に、DJIGogglesを使うようなイメージ。

僕の現在持っているPhantom4だと有線で1台のGogglesにしか対応できません。

そこでmavicproというドローンであれば、無線で2台のGoggleに対応してフライト体験を2人まで共有できます。

ドローンを使った空のツーリズム!

まだあまり聞いたことがありません!

果たして需要はあるのか?面白いと思って貰えるのか?

クラウドファンディングで全ては明らかになりますね!

形にできるよう頑張ります。

DJI DJI GOGGLES KIGシリーズ [ドローン用VRゴーグル]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

たかが、300円の支援が生む繋がりの価値

どーも、冨安です。

最近クラウドファンディングの敷居を下げた、フレンドファンディングアプリpolcaで自分でも企画をスタートしてみました。

そこで感じるのが支援すること、されることの楽しさです。

例えば300円の支援であれ支援をすると、そこにコミュニケーションが生まれ、人の繋がりが生まれます。

何か夢に向かっている人、頑張っている人を支援すると、その人のことが気になりだし企画が自分事に変わっていきます。

支援してもらったお金で、やりたいことをやる楽しさ。

polcaを立ち上げた家入さんが、お金について面白いツイートをしていました。

確かに自分一人で稼いだお金で自分でやりたいことをやる、これもいいです。 でも3万を100人に支援してもらう企画ができるなら、その進め方も楽しいですよね!

 

これは僕も自分で企画をスタートしてみて実感しています。 【ドローン×未来の農業】の可能性を知るため、東京開催のリモートセンシング勉強会に参加したい! – polca(ポルカ)

20914479 1524172967652955 1421683558379078167 n

一人でやろうと思っていたことが一人でやるものではなくなり、応援してくれる人がいるんだなと思いながら活動できることは心強い限りです。

支援をした人が何かしらの形で成功すれば、その成功や喜びも共有することができます。

以前ブログでも記事にしました。 →自分で稼いだお金、周囲から支援してもらったお金の違い。

3万の予算でやることを一人でやるなら、300円を100人に支援してもらってやる。

こんな流れがたくさん生まれる世の中はステキだなと思うし、それは人の繋がりや小さなコミュニティーがたくさんできるということ。

新しいお金の循環や人の繋がり方を選択することが可能になり、一人一人の生きやすい世の中に繋がるのかなと思います。

単純作業などをロボットやAIが代替していくとすれば、個々人がやりたいことを仕事にできる時代になっていきそうですね。

個人でも資金調達できるプラットフォームはこれからもっと出てくると思いますし。

自分が面白そうだと感じることは、全部支援をしてもらってやっていこうかなw

最後に。

そして僕のpolca企画、ドローンが持つ未来の可能性に共感頂ける方はご支援頂けると嬉しいです!

ありがたいことに少しずつ支援が集まり、現在6600円でございます(^^)しっかり吸収してきます。

【ドローン×未来の農業】の可能性を知るため、東京開催のリモートセンシング勉強会に参加したい! – polca(ポルカ)

20914479 1524172967652955 1421683558379078167 n

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0